図書目録 一覧へ

トップ > 著者一覧 > 著者一覧詳細

著者一覧



「敗戦50年企画」実行委員会

(はいせんごじゅうねんきかくじっこういいんかい) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

朴貞東

(ぱく・ちょんどん) ※著者略歴は出版時のものです。

1960年、韓国慶尚北道安東生まれ。延世大学経済学部卒業、東京大学大学院経済学研究科博士課程修了(博士号取得)。北京大学経済学院経済管理科研究学者、ハーバード大学東アジア研究所交換教授などをつとめる。1995年からKDI(韓国開発研究院)研究委員、現在、仁川大学貿易学部教授。著書に『現代中国経済論』(法文社・韓国)、『北朝鮮の経済特区――中国との比較』(韓国開発研究院)、"China's Special Economic Zones, and Their Impact on the Economic Development of Modern China" (Pralgen Publishers、北京)、『北朝鮮の経済開発戦略に関する一考察』(韓国開発研究院)、『韓中交流の昨日、今日、明日』(FKIメディア、韓国)など多数。

▲ページTOPへ

朴明林

(パク・ミュンリム) ※著者略歴は出版時のものです。

延世大学校地域学合同課程主任教授、政治学専攻
主要経歴:前高麗大学校アジア問題研究所北韓(北朝鮮)研究室長/前ハーバード大学ハーバード-エンチン研究所合同研究学者/現延世大学校国家管理研究院資料センター長/現延世大学校東西問題研究院東北アジア協力センター所長
主要著書:『韓国戦争の勃発と起源』I・II、ナナム出版、1997年/『韓国1950:戦争と平和』ナナム出版、2002年

▲ページTOPへ

橋本みゆき

(はしもと・みゆき) ※著者略歴は出版時のものです。

1970年 福島県生まれ
2006年 立教大学大学院社会学研究科社会学専攻博士後期課程修了
2008年 東京外国語大学多言語・多文化教育研究センター センターフェロー
2009年~大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター 客員研究員
現在、立教大学、横浜市立大学、東京栄養食糧専門学校で非常勤講師。川崎在日コリアン生活文化資料館(http://www.halmoni-haraboji.net/)メルマガ管理人。
専門:社会学(エスニシティ論、在日韓国・朝鮮人研究)

▲ページTOPへ

蓮見岳夫

(はすみ・たけお) ※著者略歴は出版時のものです。

NTTにて無線通信研究開発、インターネットサービス開発を経て独立。現在は株式会社エレメンツリンク社長。ITコンサルタントおよび心理カウンセラー。経営戦略、人材育成からメンタルヘルスなど心理学を幅広く応用。サインケイリビングのWebサイトにてOL職場の悩み相談なども連載。

▲ページTOPへ

長谷川怜

(はせがわ れい) ※著者略歴は出版時のものです。

1986年愛知県生まれ。学習院大学大学院博士後期課程在籍。現在、愛知大学東亜同文書院大学記念センター客員研究員・東京都公文書館専門員。専門は日本近現代史。主要著書に尚友倶楽部・長谷川怜編『貴族院・研究会写真集』(芙蓉書房出版、2013)、主要論文に「日露戦後の満洲経営と奉天商品展覧会」(『中国研究月報』68号、2014)、「満洲を旅した学生たち―旧制学習院の満洲修学旅行を事例として」(伊藤真実子ほか編『世界の蒐集―アジアをめぐる博物館・博覧会・海外旅行』山川出版社、2014)など。

▲ページTOPへ

長谷部孝司

(はせべ・たかし) ※著者略歴は出版時のものです。

1957年  長野県生まれ
1982年  早稲田大学政治経済学部卒業
1989年  筑波大学大学院博士課程満期退学
現 在  東京成徳大学人文学部教授
主な著書  『日本経済の現状 1993~2001年版』(共著)、学文社、1993~2001年
     『グローバリゼーションを読む』(共著)、情況出版、1999年
     『国民国家システムの再編』(共著)、御茶の水書房、2003年
     『金融システムの変容と危機』(共著)、御茶の水書房、2004年
     『21世紀 社会主義化の時代』(共著)、社会評論社、2006年

▲ページTOPへ

秦澄美枝

(はた・すみえ) ※著者略歴は出版時のものです。

文藝評論家 日本ペンクラブ会員
  日本文藝家協会会員
  聖心女子大学大学院・早稲田大学大学院で日本文学を研究。専門は中古・中世の和歌・連歌。
  1989年より城西大学などで講師をつとめ,1993年より6年間清泉女子大学で日本文学を教える。1992年11月,ライフ・クリエイティング・ス クール「澄美枝・アカデミー」を創立,現在,代表を務めている。
  主著『和歌戀華抄』(わかれんげしょう)で2003年に第21回日本文芸大賞・古典文学功労賞を受賞。また『二つの「高山右近」』は近代日本の文学者 150人の作品として,2001年11月26日から日本ペンクラブ電子文藝館に展観中。
  論文・評論などであわせて50本。共著に『集英社版大歳時記』『角川歌枕歌ことば辞典』
  清泉女子大学事件を扱ったノンフィクションに『魂の殺人――清泉女子大学セクハラ事件――』(WAVE出版)
  最新刊・文藝評論『宮廷の女性たち――恋とキャリアの平安レィディー――』(新人物往来社)
  文藝評論『王朝みやび 歌枕のロマン』(朝日新聞社)

▲ページTOPへ

羽田令子

(はた・れいこ) ※著者略歴は出版時のものです。

作家,ジャーナリスト。
静岡県に生まれる。静岡大学教育学部卒業。
1964~68年,ブラジル国に滞在。
1972年以来 タイ国に在住。
現在,国際ペン大会,アジア・アフリカ作家会議・欧米への講演などのグローバルな活動と共に,日本やタイ国での障害者への奉仕活動をしている。
主な著書に,『タイ・燦爛たる仏教の都』,『アユタヤの十字架のもとに』(第16回日本文芸大賞女流文学賞),『黄金の四角地帯─山岳民族の村を訪ねて』(第19回日本文芸大賞ルポライター賞) 以上いずれも社会評論社刊。『アジア・年金老人買春ツアー』(講談社),『虹児・パリ抒情』,『女スパイ,戦時下のタイへ』『李香蘭,そして私の満州体験』(社会評論社)がある。
日本ペンクラブ会員。日本文芸振興会会員。日本文芸家協会会員。タマサート大学非常勤講師。ロータリークラブ会員(3350)。タイ国サイアム・ソサエテイ永久会員。タイ国外国人記者クラブ会員。王室傘下・タイ国知的障害者福祉財団顧問。1994年,王室より功労賞を受ける。オレンジ・アソシエーツ会長。
タイ蔵前会(東京工業大学同窓会)顧問。

▲ページTOPへ

パトリック・ミニョン

(ぱとりっく・みにょん) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

花崎皋平

(はなさき・こうへい) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

馬場宏二

(ばば・こうじ) ※著者略歴は出版時のものです。

東京大学名誉教授。『アメリカ農業問題の発生』(東京大学出版会、1969年)『新資本主義論』(名古屋大学出版会、1997年)『経済学古典探索』(お茶の水書房、2008年)

関連書籍

▲ページTOPへ

派兵チェック編集委員会

(はへいちぇっくへんしゅういいんかい) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

濱口典子

(はまぐち・のりこ) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

浜松基地自衛官人権裁判を支える会

(はままつきちじえいかんじんけんさいばんをささえるかい) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

ハミルトン・C

(はみるとん・しー) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍
  • 『北米インディアン生活誌』

▲ページTOPへ

早川洋行

(はやかわ・ひろゆき) ※著者略歴は出版時のものです。

1960年静岡県生まれ。滋賀大学教育学部教授。
横浜市立大学文理学部卒業。中央大学大学院文学研究科博士課程満期退学。名古屋大学より博士(社会学)取得。
著書に『流言の社会学──形式社会学からの接近』(青弓社、2002年)、『ジンメルの社会学理論──現代的解読の試み』(世界思想社、2003年)、 『第三版 応用社会学のすすめ』(共編、学文社、2003年)、『現代社会学のすすめ』(共編、同、2006年)ほか。

▲ページTOPへ

林郁

(はやし・いく) ※著者略歴は出版時のものです。

作家(小説・ノンフィクション・エッセイ)1936年長野県生まれ。早大政経学部卒。「植民地文化研究」編集委員。女性,心身一如,環境,植民地をテーマにした著作を中心に活動,旅を続ける。
『未来を紡ぐ女たち』未来社,『満州・その幻の国ゆえに』『家庭内離婚』『糸の別れ』『あなたは誰ですか─中国帰国者の日本』以上(文庫版も)筑摩書房,『大河流れゆく』朝日新聞社,『女と男,生きかた問題集』晶文社,『やさしさごっこの時代』PHP研究所,『文学作品に見る太平洋戦争と信州』(共著)一草舎,『〈満洲国〉とは何だったのか』(日中共同研究共著)小学館など著書共著多数。

関連書籍

▲ページTOPへ

林直輝

(はやし・なおてる) ※著者略歴は出版時のものです。

吉徳資料室

▲ページTOPへ

原暉之

(はら・てるゆき) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

原隆

(はら・りゅう) ※著者略歴は出版時のものです。

1952年北海道生まれ。釧路湖陵高校卒。74年大阪芸術大学入学。大学中退後、山谷、沖縄、パレスチナ等の連帯活動やNO-VOX(声なき者のネットワーク)の社会運動に参加。社会運動や政治思想に関して著述。琉球空手歴25年の武道家でもある。

▲ページTOPへ

坂西友秀

(ばんざい・ともひで) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

韓(ハン)さんの指紋押捺拒否を支える会

(はんさんのしんおうなつきょひをささえるかい) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍
  • 『指紋拒否者が裁いたニッポン』

▲ページTOPへ

反戦・平和運動研究会

(はんせん・へんわうんどうけんきゅうかい) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

半田文穂

(はんだ・ふみお) ※著者略歴は出版時のものです。

1942年生まれ。東京大学農学部卒、群馬大学医学部卒。
1977年~78年、ドイツ・ハノーファー医科大学客員研究員。
1980年~94年、群馬・西毛病院副院長。
現在、医療法人唯愛会桐の木クリニック院長。群馬県精神神経科診療所協会会長。
訳書『精神医学の変革』(E・ヴルフ、紀伊國屋書店)、イタリアの精神科医療改革、不登校のテーマを主に、論文多数。

▲ページTOPへ

半田正樹

(はんだ・まさき) ※著者略歴は出版時のものです。

東北学院大学経済学部教授。1947 年生まれ。東北大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。著書に『情報資本主義の現在』(批評社)『転換する資本主義:現状と構想』(共編著、御茶ノ水書房)などがある。

関連書籍

▲ページTOPへ

反天皇制運動連絡会

(はんてんのうせいうんどうれんらくかい) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

坂内仁

(ばんない・ひとし) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ