トップ > 著者一覧 > 著者一覧詳細

著者一覧



貝原浩

(かいはら・ひろし) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

海法潤二

(かいほう・じゅんじ) ※著者略歴は出版時のものです。

1948年 川崎市に生まれる
1978年 関東短期大学2部初等科卒業
同年 東京都の小学校教諭となる
2001年 12月31日退職
著書に『教師家業-子どもはメチャおもしろい』(社会評論社)

▲ページTOPへ

貝山道博

(かいやま・みちひろ) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

化学物質による大気汚染を考える会

(かがくぶしつによるたいきおせんをかんがえるかい) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

賈蕙萱

(かけいけん) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

河西勝

(かさい・まさる) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

カサリン・バスフォード

(かさりん・ばすふぉーど) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

梶川伸一

(かじかわ・しんいち) ※著者略歴は出版時のものです。

1949年金沢市生まれ。文学博士。
京都大学大学院博士後期課程(現代史)満期終了、現在、金沢大学・教授
おもな仕事 著書 『飢餓の革命:ロシア十月革命と農民』、名古屋大学出版会、1997年
 『ボリシェヴィキ権力とロシア農民:戦時共産主義下の農村』、ミネルヴァ書房、1998年
 『幻想の革命:十月革命からネップへ』、京都大学学術出版会、2004年
 論文 「共産主義「幻想」と1921年危機」(奥田央編『20世紀ロシア農民史』、社会評論社、2006年、所収)
ほか

▲ページTOPへ

柏木博

(かしわぎ・ひろし) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

春日武彦

(かすが・たけひこ) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

春日嘉一

(かすが・よしかず) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

上総英郎

(かずさ・ひでお) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

かず はじめ

(かず・はじめ) ※著者略歴は出版時のものです。

公教育と教育産業に携わる、おサルさん。子どもを育てるということ、子どもを伸ばすということを日夜研究。すべては“基礎教育”、をスローガンに掲げ、いかにその子どもに応じた基礎教育を授けるかを伝導する毎日。サルの社会で一時は、たくさんのイジメをうけ、自殺も考えるがすべて克服。無駄なことを無駄にしないで、マイナスをプラスに変える不思議な忍術を体得している。ヒトが大好きで、よく人前に現れては、笑わしてご機嫌をとるのが得意。「笑うかどにはサル来たる…」--サルもヒトも同じ生き物だなあ…と最近は思っている。漫画家のかずはじめさんとは別人。

▲ページTOPへ

粕谷信次

(かすや・しんじ) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

加瀬完

(かせ・かん) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

片桐薫

(かたぎり・かおる) ※著者略歴は出版時のものです。

1926年、愛知県生まれ。法政大学中退。政治学博士。「東京グラムシ会」、「アソシエ21」会員。著書に『イタリア民主主義の構造』(筑摩書房)、『ヨーロッパ社会主義の構造』(岩波書店)、『グラムシ』(リブロポート)、『図書館の第三の時代』(同)、『グラムシの世界』(勁草書房)、『グラムシと20世紀の思想家たち』(御茶の水書房)、『ポスト・アメリカニズムとグラムシ』(リベルタ出版)、『西洋世界の没落』(社会評論社)、共編著『生きているグラムシ』(社会評論社)、『トロツキーとグラムシ』(同)、編訳『グラムシ・セレクション』(平凡社)ほか。

▲ページTOPへ

片桐幸雄

(かたぎり・さちお) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

片山宏行

(かたやま・ひろゆき) ※著者略歴は出版時のものです。

1955年、北海道生まれ。青山学院大学文学部教授。
『菊池寛の航跡』(1997年、和泉書院)、『菊池寛のうしろ影』(2000年、未知谷)、『真珠夫人〈注解・考説〉』(編著、2003年、翰林書房)、『円タク・地下鉄〈コレクション・モダン都市07〉』(編著、2005年、ゆまに書房)。

関連書籍

▲ページTOPへ

片山善博

(かたやま・よしひろ) ※著者略歴は出版時のものです。

1963年生まれ。日本福祉大学准教授。
著書:『自己の水脈 ヘーゲル「精神現象学」の方法と経験』(創風社、2002年)、『差異と承認 共生理念の構築を目指して』(創風社、2007年)、「共生に関する一つの考察 承認論を軸に」(『共生と共同、連帯の未来』所収、青木書店、2009年)

▲ページTOPへ

勝又洋子

(かつまた・ようこ) ※著者略歴は出版時のものです。

東京電機大学教授 博士(学術)専門は演劇論。著書に『仮面─そのパワーとメッセージ』など。

▲ページTOPへ

勝村務

(かつむら・つとむ) ※著者略歴は出版時のものです。

北星学園大学経済学部準教授
1968年8月、東京都に生まれる。1992年3月、東京大学経済学部卒業
2000年3月、東京大学大学院経済学研究科博士課程修了
2006年4月、北星学園大学経済学部専任講師に就任。2004年4月より現職
主要論文:「労働力商品論の課題」、『北星論集』第46巻第2号、北星学園大学経済学部、2007年3月。「ミッション志向企業としてのNPO」、SGCIME編『模索する社会の諸相』所収、御茶の水書房、2005年11月。「地代論研究の問題群」、『経済学研究』第40号、東京大学経済学部、1998年2月。

関連書籍

▲ページTOPへ

加藤アングラ

(かとうあんぐら) ※著者略歴は出版時のものです。

加藤アングラ【フリーライター】。アトランタ・オタリンピック金メダリスト。好きな妖怪:ヤッシー。サブカル誌やゴシップ系月刊誌など多方面でアジアのオタクカルチャーや玩具についてのコラムを執筆する。現在は『オタナビ』(コアマガジン社)で連載中。

▲ページTOPへ

加藤一夫

(かとう・かずお) ※著者略歴は出版時のものです。

1941年生まれ。国立国会図書館勤務を経て、静岡県焼津市へ。静岡精華短期大学教授、静岡福祉情報短期大学副学長、静岡福祉大学学長を歴任。この間、戦争をさせない1000人委員会・静岡、ビキニ市民ネット焼津、さようなら浜岡原発焼津市民の会、焼津9条青空の会などに参加し、地域の生活圏に根ざした反核平和運動に取り組む。著書に『民族問題のアポリア』『東欧 革命の社会学』『やいづ平和学入門』など多数ある。

▲ページTOPへ

加藤恭子

(かとう・きょうこ) ※著者略歴は出版時のものです。

1929年生まれ。早稲田大学文学部仏文科を卒業と同時に渡米・留学。ワシントン大学修士号。65年早稲田大学大学院博士課程修了。65年から 72年マサチューセッツ大学で研究生活を送る。73~95年上智大学講師。現在は、(財)地域社会研究所理事。専攻はフランス中世文学。主な著書に『アーサー王伝説紀行』(中公新書)、『「星の王子さま」をフランス語で読む』(ちくま学芸文庫)、『昭和天皇「謝罪詔勅草稿」の発見』(文藝春秋)、『昭和天皇と田島道治と吉田茂』(人文書館)など多数。また編著に『私は日本のここが好き!』(出窓社)などがある。第43回日本エッセイスト・クラブ賞、第11 回ヨゼフ・ロゲンドルフ賞、第65回文藝春秋読者賞受賞。

▲ページTOPへ

加藤聖文

(かとう・きよふみ) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

加藤幸治

(かとうこうじ) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

加藤哲郎

(かとう・てつろう) ※著者略歴は出版時のものです。

一橋大学名誉教授・早稲田大学客員教授(政治学)著書:『ワイマール期ベルリンの日本人社会』(岩波書店、2008年)『情報戦の時代』(花伝社、2007年)『象徴天皇制の起源』(平凡社、2005年)など。

関連書籍

▲ページTOPへ

加藤修弘

(かとうのぶひろ) ※著者略歴は出版時のものです。

1943年生まれ。元都立高校教員。著書『あの日、火の雨の下にいた─私の横浜空襲』。(社会評論社)。共編著『ある日本兵の二つの戦場─近藤一の終わらない戦争』(同)。

▲ページTOPへ

加藤尚武

(かとう・ひさたけ) ※著者略歴は出版時のものです。

東京大学大学院人文科学研究科哲学専攻・博士課程退学。京都大学大学院文学研究科教授などを経て、現在、鳥取環境大学客員教授。
著書に、『ヘーゲルの法哲学』(青土社)など多数の哲学研究書とともに、本書のテーマとの関連では『価値観と科学/技術』(岩波書店)、『資源クライシス』(丸善)などがある。

関連書籍

▲ページTOPへ

加藤美蘭

(かとう・みらん) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

金井淑子

(かない・よしこ) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

金森修

(かなもり・おさむ) ※著者略歴は出版時のものです。

東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学、現在、東京大学大学院教育学研究科教授、博士(哲学・パリ第一大学)
専門:科学思想史・フランス科学認識論
著書:『バシュラール』(講談社)、『サイエンス・ウォーズ』(東京大学出版会)、『科学的思考の考古学』(人文書院)、『遺伝子改造』(勁草書房)他

関連書籍

▲ページTOPへ

金子毅

(かねこたけし) ※著者略歴は出版時のものです。

1962年埼玉県生まれ。国学院大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期修了退学。
博士(人間環境学)九州大学。大韓民国・世明大学教授。
専攻は文化人類学、経営史、安全文化論。
著書に『八幡製鉄所 職工たちの社会誌』(草風館)、『会社のなかの宗教』(共著、東方書店)、『現代民俗誌の地平 第一巻(越境)』(共著、朝倉書店)、「『安全第一』理念をめぐる日本文化論的研究─『safety-first』と『安全第一』のあいだ」(乙種博士学位論文、九州大学大学院人間環境学府)「日本の近代化過程における『安全神話』のポリティクス」(『文化人類学』第69巻第4号)などがある。

関連書籍

▲ページTOPへ

金丸知好

(かねこ・ふみお) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

金塚貞文

(かねづか・さだふみ) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍
  • 『情報(マス・メディア)支配』

▲ページTOPへ

加納一朗

(かのう・いちろう) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

加納実紀代

(かのう・みきよ) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

我部聖

(がべ・さとし) ※著者略歴は出版時のものです。

一九七六年生まれ 東京大学大学院総合文化研究科博士課程/日本学術振興会特別研究員/沖縄大学非常勤講師 近現代沖縄文学専攻
主要著作「他者とのつながりを紡ぎなおす言葉─新川明と金時鐘をめぐって」、DeMusik Inter.編『音の力 沖縄アジア臨界編』所収(インパクト出版会、二〇〇五年)、「継続する戦争への抵抗─池沢聰「ガード」論」、『日本近代文学』第七八集所収(日本近代文学会、二〇〇八年)

関連書籍

▲ページTOPへ

▲ページTOPへ

鎌田一義

(かまた・かずよし) ※著者略歴は出版時のものです。

1942 年生まれ。東京教育大学大学院博士課程単位取得退学。現在,流通経済大学経済学部教授。主著に,『現代世界経済』(共著,東京大学出版会)『現代世界経済の研究』(共編著,学文社)など。

▲ページTOPへ

かまぼこ屋根の会

(かまぼこやねのかい) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

上島武

(かみじま・たけし) ※著者略歴は出版時のものです。

1935 年生まれ
元大阪経済大学教授
『ソビエト経済史序説』青木書店、1977年
『模索する現代社会主義』世界思想社、1981年
『トロツキーからゴルバチョフへ』窓社、1989年
『ロシア革命・ソ連史論』窓社、2003年

▲ページTOPへ

上条三郎

(かみじょう・さぶろう) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

上條晴史

(かみじょう・はるふみ) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

亀田真澄

(かめだ・ますみ) ※著者略歴は出版時のものです。

1981年奈良県生まれ。東京大学文学部卒。同大学で修士課程(欧米系文化研究専攻)修了後、ザグレブ大学博士課程に2年間留学したのち、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。現在、東京大学文学部助教。専門はロシア東欧におけるプロパガンダ表象。著書に、『国家建設のイコノグラフィー―ソ連とユーゴの五カ年計画プロパガンダ』(成文社、2014年)。

▲ページTOPへ

唐澤太輔

(からさわ・たいすけ) ※著者略歴は出版時のものです。

1978年、兵庫県に生まれる。
早稲田大学大学院社会科学研究科博士後期課程在学
著書:『くびき野文化事典』(NPO法人頸城野郷土資料室編)社会評論社、2010年。

▲ページTOPへ

川上忠雄

(かわかみ・ただお) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

川上美那子

(かわかみ・みなこ) ※著者略歴は出版時のものです。

東京都立大学名誉教授、専門は日本近代文学。『有島武郎と同時代文学』(審美社)、『有島武郎研究叢書第三集 有島武郎の作品(下)』(共編著・右文書院)、『有島武郎事典』
(共編著・勉誠出版)、『ジェンダーで読む「或る女」』(共著・翰林書房)、『20世紀のベストセラーを読み解く』(共著、学藝書林)他。

関連書籍

▲ページTOPへ

川口顕

(かわぐち あきら) ※著者略歴は出版時のものです。

1943年東京品川区に生まれる。都立小山台高校をへて横浜市立大学文理学部入学。1965年~1975年革共同全国委員会常任。その間約5年間は獄中。1979年組織を離脱。以後、20年間広告ディレクターを務める。

関連書籍

▲ページTOPへ

川島真

(かわしま・しん) ※著者略歴は出版時のものです。

東京大学大学院総合文化研究科准教授

▲ページTOPへ

河田いこひ

(かわた・いこい) ※著者略歴は出版時のものです。

1941年生まれ。本書関係論文「オゾ文庫 満鉄に買い取られたロシア軍所属図書館」(『近現代東北アジア地域史研究会News Letter』第7号、1995年)、「植民地図書館の三つのエピソード」(『ず・ぼん』第3号、1996年)、「一九一○年の焚書」(『季刊三千里』第47号、1986年)。

関連書籍

▲ページTOPへ

河内宏之

(かわち・ひろし) ※著者略歴は出版時のものです。

アカデミーグループ代表。
明治大学卒業後、銀行勤務を経て、学習塾を創業。30年に渡り、大学受験予備校・進学塾・幼稚園教育を通して0歳から18歳までの一貫教育を行ない、現在生徒数約8500名(2007年9月時点)を預かる。教職員数は約250名。独自のノウハウで地元トップ校はもとより、首都圏有名校への合格者も含め、卒業生3万人以上を送り出し、数多くの生徒父母の支持・信頼を獲得している。
ブランド名である「進学塾QUALIER」は「QUALITYとFRONTIER」の合成語で「未来を切り開く上質な人づくり」を標榜している。有名小学・中学・高校・大学の合格者の多数輩出のみならず、「21世紀に世界で活躍する人物づくり」へと新たな挑戦を続けている。

▲ページTOPへ

川津晧司

(かわづ・こうじ) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

川端香男里

(かわばた・かおり) ※著者略歴は出版時のものです。

1933 年生まれ
東京大学名誉教授
『薔薇と十字架 ロシア文学の世界』青土社、1981年
『ロシア文学史』岩波全書、1986年
『ユートピアの幻想』講談社学術文庫、1993年
『ロシア その民族と心』講談社学術文庫、1998年

▲ページTOPへ

川原裕子

(かわはら・ゆうこ) ※著者略歴は出版時のものです。

1949年 大分県に生まれる
1972年 玉川大学文学部芸術学科卒業
渋谷区千駄ヶ谷 日生建築設計事務所勤務
現在 千葉県松戸市在住

関連書籍

▲ページTOPへ

川満信一

(かわみつ・しんいち) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

韓国VIEWS編集委員会

(かんこくびゅーずへんしゅういいんかい) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

菅孝行

(かん・たかゆき) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

菅英輝

(かん・ひでき) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

姜英之

(かん・よんじ) ※著者略歴は出版時のものです。

1947年、大阪生まれ。大阪市立大学経済学部卒業後、新聞・雑誌編集のかたわら、韓国経済を中心にアジア経済について研究・評論活動をおこなう。1991年、東アジア総合研究所設立、所長に就任、現在に至る。1992年、「青丘文化賞」受賞。現在、北陸大学未来創造学部教授。著書『東アジアの再編と韓国経済』(社会評論社)、『韓国経済 挫折と再挑戦』(同)、『アジアの新聞は何をどう伝えているか』(共著・ダイヤモンド社)、『「在日」から「在地球」へ』(共著・UGビジネスクラブ)、『アジア経済読本』(共著・東洋経済新報社)など。

▲ページTOPへ