トップ > 著者一覧 > 著者一覧詳細

著者一覧



武藤一羊

(むとう・いちよう) ※著者略歴は出版時のものです。

1931年東京生まれ。東京大学文学部中退。初期の原水禁運動の専従、ジャパン・プレス社勤務などを経て、60年代ベ平連運動に参加。1969年、英文雑誌『AMPO』創刊、1973年、アジア太平洋資料センター(PARC)設立にかかわる。1996年まで代表、共同代表を務め、国際プログラム「ピープルズ・プラン21」を推進。1998年、花崎皋平とともにピープルズ・プラン研究所を設立、共同代表を経て現在運営委員。1983年~2000年、ニューヨーク州立大学(ビンガムトン)社会学部教員。
 著書に『主体と戦線』(合同出版・67年)、『支配的構造の批判』(筑摩書房・70年)、『根拠地と文化』(田畑書店・75年)、『日本国家の仮面をはがす』(社会評論社・84年)、『政治的想像力の復権』(御茶の水書房・88年)、『ヴィジョンと現実』(インパクト出版会・98年)、『〈戦後日本国家〉という問題』(れんが書房新社・99年)、『帝国の支配/民衆の連合』(社会評論社・03年)『アメリカ帝国と戦後日本国家の解体』(同・06年)ほか。訳書にE・クリーバー『氷の上の魂』(合同出版・68年)、G・ハンコック『援助貴族は貧困に巣くう』(朝日新聞社・92年)、ジャイ・センほか編『帝国への挑戦』(武藤一羊ほか監訳、作品社・05年)

▲ページTOPへ

武藤啓司

(むとう・けいじ) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

宗像充

(むなかた・みつる) ※著者略歴は出版時のものです。

一九七五年大分県生まれ。ジャーナリスト。一橋大学卒業。大学時代は山岳部に所属。登山、環境、平和、家族問題などをテーマに執筆をおこなう。子どもと引き離された自らの体験から、共同親権運動ネットワークを結成し、子どもと会えない父親・母親たちの話を聞き続ける。著書『街から反戦の声が消えるとき―立川反戦ビラ入れ弾圧事件』(樹心社)、『ニホンオオカミは消えたか?』(旬報社)ほか。

▲ページTOPへ

村岡到

(むらおか・いたる) ※著者略歴は出版時のものです。

『季刊フラタニティ』編集長 著書に『不破哲三との対話─日本共産党はどこへ行く?』『社会主義はなぜ大切か―マルクスを超える展望』『生存権所得─憲法一六九条を生かす』など多数ある。

▲ページTOPへ

村山和夫

(むらかみかずお) ※著者略歴は出版時のものです。

1929年、新潟県上越市(旧高田市)生れ。新潟大学高田分校終了、法政大学文学部史学科卒業。1951年~1990年、県内国公立小中学校、市・県教育委員会に勤務。1990年~2003年、上越市文化財審議委員会(副委員長)、上越一帯市町村史編纂従事。2008年~、NPO法人頸城野郷土資料室顧問、同NPOくびき野カレッジ天地びと講師。頸城野博学士。

▲ページTOPへ

村上寛治

(むらかみ・かんじ) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

村上桂子

(むらかみ・けいこ) ※著者略歴は出版時のものです。

1968年国際基督教大学人文科学科卒業、英語翻訳、イタリア語翻訳に従事。
主な共訳書に『グラムシ獄中ノート・シリーズ ノート22《アメリカニズムとフォーディズム》』(いりす)、『ロナウジーニョ』(ごまブックス)ほか。

関連書籍

▲ページTOPへ

村上俊介

(むらかみ・しゅんすけ) ※著者略歴は出版時のものです。

1950年、愛媛県生まれ。
専修大学経済学部教授。社会思想史専攻。
著書『市民社会と協会運動』(御茶の水書房、2003年)、共著『一八四八年革命の射程』(御茶の水書房、1998年)、『都市と思想家』(法政大学 出版局、1996年)

▲ページTOPへ

村上陽子

(むらかみ・ようこ) ※著者略歴は出版時のものです。

村上陽子(むらかみ ようこ)

一九八一年生まれ 東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士課程 沖縄文学専攻
主要著作「喪失、空白、記憶─目取真俊「風音」をめぐって」、『琉球アジア社会文化研究』第一〇号(二〇〇七年)

関連書籍

▲ページTOPへ

村上呂里

(むらかみ・ろり) ※著者略歴は出版時のものです。

1960年生まれ 琉球大学教育学部教授 教育学博士 国語教育専攻
主要著作『日本・ベトナム比較言語教育史─沖縄から多言語社会をのぞむ』(明石書店、2008年)

関連書籍

▲ページTOPへ

村田栄一

(むらた・えいいち) ※著者略歴は出版時のものです。

1 9 3 5年 横浜生まれ
1 9 5 8年 横浜国立大学学芸学部卒業
1 9 5 8 - 8 0 川崎市立小学校勤務
1 9 9 6 - 0 4 年 國學院大学講師( 教職課程/ 教育原理)
現在 教育工房主宰 現代学校運動J A P A N
『学級通信・ガリバー』『戦後教育論』『学級通信・このゆびとまれ』
『無援の前線』『じゃんけん党教育論』
『大学の授業記録・教育原理1』『大学の授業記録・教育原理2 』( 社会評論社)
『闇への越境』( 田畑書店)
『教室のドンキホーテ』『ことばがこともの未来をひらく』( 筑摩書房)
『シエスタの夢/ 私のスペイン』( 理論社)
『教育戯術』( 明治図書)
『ことばあそびをしよう』( さ・え・ら書房)
『生きているこども共和国』( 風媒社)
『授業からの解放』( 雲母書房)
『いま語る戦後教育』( 三一書房)

▲ページTOPへ

村田和博

(むらた・かずひろ) ※著者略歴は出版時のものです。

広島大学大学院社会科学研究科博士後期課程単位取得満期退学。九州産業大学大学院経済学研究科博士後期課程修了、博士(経済学)
現  職 埼玉学園大学経営学部教授
専攻分野 経営学史、経営管理論、経済学史
主要著書・論文
『経営学―学説、理論、制度、そして歴史―』(五絃舎、2005年)
『基礎から学ぶ経営学』(五絃舎、2009年)
『19世紀イギリス経営思想史研究―C. バベッジ、J. モントゴメリー、A. ユア、およびJ.S.ミルの経営学説とその歴史的背景―』(五絃舎、2010年)

▲ページTOPへ

ムーリー・バートウほか

(ムーリー・バートウほか) ※著者略歴は出版時のものです。

ムーリー・バートウを『USA バスケットボール コーチング クリニック Vol.1』の著者代表とした。アメリカでは、そのシーズンの大学リーグ(NCAA、NIT、NAIAなど)で好成績を収めたコーチがトーナメント終了後、チームの創り方、戦術、フィロソフィなどを公開するクリニックが開催される。本書はそのクリニックをつぶさに取材してまとめたもの。Vol.1では、ムーリー・バートウ、デイブ・ブリス、ジム・クルーズほか19人の名将が、勝つための秘策、チーム創りの奥義をあますところなく公開。

▲ページTOPへ

室田元美

(むろた・もとみ) ※著者略歴は出版時のものです。

神戸市生まれ。関西学院大学社会学部卒業後、広告会社のコピーライターを経て、フリーランスに。現在は主に女性誌のライター、FMラジオ番組の旅をテーマとした構成作家として活動するかたわら、各地を旅して戦争に関する取材を行っている。共著に「戦争のつくりかた」(マガジンハウス)他。

関連書籍

▲ページTOPへ

文京洙

(むん・ぎょんす) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ