トップ > 著者一覧 > 著者一覧詳細

著者一覧



斎藤幸平

(さいとう・こうへい) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

斉藤孝

(さいとう・たかし) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

斎藤偕子

(さいとう・ともこ) ※著者略歴は出版時のものです。

慶應義塾大学名誉教授、演劇評論活動。専門はアメリカ演劇、演劇理論。『黎明期の脱主流演劇サイト ─ニューヨーク 1950―60』(鼎書房)、『19世紀アメリカのポピュラー・シアター』(論創社・日本演劇学会河竹賞受賞)、『演劇論の変貌』(共著・論創社)、『岸田國士の世界』(共著・翰林書房)、『井上ひさしの演劇』
(共著・翰林書房)、『アバンギャルド・シアター 1892―1992』(監訳)、Theatre in Japan(Richerchen 64, Degres : Signes Rituels(A. S. B. L., 147―148)他多数。

関連書籍

▲ページTOPへ

斉藤日出治

(さいとう・ひではる) ※著者略歴は出版時のものです。

1945 年生まれ
大阪産業大学経済学部教員
『都市の美学』(共著) 平凡社、1996年
『ノマドの時代』(増補版) 大村書店、1999年
『国家を越える市民社会』現代企画室、1998年
『空間批判と対抗社会』現代企画室、2003年

▲ページTOPへ

斉藤光正

(さいとう・みつまさ) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

酒井武史

(さかい・たけし) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍
  • 『情報(マス・メディア)支配』

▲ページTOPへ

嵯峨隆

(さが・たかし) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

坂元ひろ子

(さかもと・ひろこ) ※著者略歴は出版時のものです。

坂元ひろ子(さかもと ひろこ)

一九五〇年生まれ 一橋大学大学院社会学研究科教授 中国近現代思想文化史専攻
主要著作『中国民族主義の神話─人種・身体・ジェンダー』(岩波書店、二〇〇四年)、『アジア新世紀』全8巻、共編著(同、二〇〇二~二〇〇三年)

関連書籍

▲ページTOPへ

坂本由美子

(さかもと・ゆみこ) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

崎山政毅

(さきやま・まさき) ※著者略歴は出版時のものです。

一九六一年生。京都大学理学部卒、同大学院農学研究科後期博士課程退学。立命館大学教員。

関連書籍

▲ページTOPへ

佐久間孝正

(さくま・こうせい) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

佐久本 智

(さくもと・さとし) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

桜井錠治郎

(さくらい・じょうじろう) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍
  • 『[最新版]EU通貨統合』

▲ページTOPへ

桜井善作

(さくらい・ぜんさく) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

桜井大子

(さくらい・だいこ) ※著者略歴は出版時のものです。

1957年生まれ。女性と天皇制研究会、反天皇制運動連絡会などに参加。共著『「女帝」で天皇制はどうなる!?』(社会評論社)。

関連書籍

▲ページTOPへ

櫻井毅

(さくらい・つよし) ※著者略歴は出版時のものです。

1831年7月13日東京市(現東京都)に生まれる
1950年3月武蔵高等学校卒業、同年4月武蔵大学経済学部に進学
1955年3月武蔵大学経済学部卒業、同年4月東京大学大学院に進学
1961年3月東京大学大学院社会科学研究科博士課程単位取得退学
1961年4月より武蔵大学経済学部勤務、助手、講師、助教授を歴任
1967年3月経済学博士(東京大学)
1968年4月教授
1984年1月経済学部長(1985年12月まで)
1992年4月武蔵大学学長
2000年3月学長退任、武蔵大学退職
現在、武蔵大学名誉教授

▲ページTOPへ

佐々木健悦

(ささき・けんえつ) ※著者略歴は出版時のものです。

東京外国語大学モンゴル語学科卒業。モンゴル近現代史研究。著書に『徳王の見果てぬ夢―南北モンゴル独立統一運動』『脱南者が語るモンゴルの戦中戦後1930~1950』などがある。

▲ページTOPへ

佐々木由惠

(ささき・よしえ) ※著者略歴は出版時のものです。

日本社会事業大学社会福祉学部援助学科准教授。看護師、助産師、社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員。
日本女子大学大学院人間生活学研究科博士課程修了(学術博士)。
臨床看護師・助産師を経て、看護教育や介護職の養成にかかわる。介護保険施行後は、自ら、訪問介護、グループホーム、デイサービス等を立ち上げその実践を行う。介護労働、認知症ケア、介護職における医行為等が研究テーマである。
日本社会福祉学会、日本介護福祉学会、日本認知症学会、日本社会政策学会、日本地域福祉学会所属。

▲ページTOPへ

佐々木隆治

(ささき・りゅうじ) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

サー・セシル・バウチャー

(さー・せしる・ばうちゃー) ※著者略歴は出版時のものです。

1895年英国に生まれる。第一次世界大戦中は英国陸軍砲兵隊員としてパレスティナに従軍。のちに空軍に入り、1918年には空軍士官となり、エジプトで空軍教官となる。1922年から25年にはファーンボローで、テストパイロット。1930年、空軍士官学校を卒業。1932年から1935年、インド空軍を創設。1940年のバトル・オブ・ブリテンでは、ロンドンのホーンチャーチ地区の指揮をとる。1945年のノルマンディ作戦ではスピットファイア戦闘機で空から上陸を支援。同年ビルマの司令官となる。1945~1948年、日本占領の英連邦空軍司令官として岩国に滞在。朝鮮戦争中は英国陸海空軍参謀総長直属の個人代表としてマッカーサー司令部に参加。1968年にドロシー・ブリトンと結婚し葉山に住む。1979年に死去。

▲ページTOPへ

佐藤泉

(さとう・いずみ) ※著者略歴は出版時のものです。

1963年生まれ。青山学院大学文学部教授。著書:『漱石 片付かない〈近代〉』NHK出版、2002年。『戦後批評のメタヒストリー ─近代を記憶する場』岩波書店、2005年。『国語教科書の戦後史』勁草書房、2006年。共著:新城郁夫編『沖縄・問いを立てる3 攪乱する島─ジェンダー的視点』社会評論社、2008年、青山学院大学文学部日本文学科編『異郷の日本語』同、2009年など。

▲ページTOPへ

佐藤公俊

(さとう・きみとし) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

佐藤進

(さとう・すすむ) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

佐藤達也

(さとう・たつや) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

佐藤維

(さとう・つなぐ) ※著者略歴は出版時のものです。

1970年、東京に生まれる。1992年、國學院大學文学部卒業。1995~98年、フェローアカデミーにて文学翻訳を学ぶ。その後、文芸書の翻訳に携わる。同人誌『みみくろ』を主宰。「クロー戦記」「クロー戦記・終焉」などを同誌に発表。現在、NPO「時間湯を守る会」理事長

関連書籍

▲ページTOPへ

佐藤文彦

(さとうふみひこ) ※著者略歴は出版時のものです。

1973年生まれ
金沢大学人間社会学域人文学類准教授
インスブルック大学博士課程修了(ドイツ文献学、2005年)。インスブルック大学博士(Dr.phil.)
2007~2012年、金沢大学外国語教育研究センター准教授
2012年より、現職
著書『ドナウ河─流域の文学と文化』(晃洋書房、2011年、共著)、『オーストリア 形象と夢 帝国の崩壊と新生』(松本工房、2007年、共著)
論文「ヘッセ「少年の日の思い出」(1931)試論─「クジャクヤママユ」(1911)との異同をめぐって」、金沢大学歴史言語文化学系『金沢大学歴史言語文化学系論集 言語・文学篇』6号、2104年、「搾取者としての「漁師とその妻」と「桃太郎」─日独プロレタリア革命童話における文学伝統の再利用について」金沢大学外国語教育研究センター『言語文化論叢』13巻、2009年

関連書籍

▲ページTOPへ

佐藤文明

(さとう・ぶんめい) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

佐藤麻岐

(さとう・まき) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

佐藤芳夫

(さとう・よしお) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

佐野通夫

(さの・みちお) ※著者略歴は出版時のものです。

1954年生まれ。
私大教員。 著書に、『近代日本の教育と朝鮮』(社会評論社、1993年)、『アフリカの街角 から』(同、1998年)、編著に、『〈知〉の植民地支配』(同、1998年)、『人権の新しい地平』(学術図書、2003年)、共著に、会沢勲編著『アジアの交差点-在日外国人と地域社会』(増補改訂版、社会評論社、1996年)、芹野陽一編著『〈家族〉からの離脱』(社会評論社、1997年)『日本植民地教育の展開と朝鮮民衆の対応』などがある。

▲ページTOPへ

三條雅人

(さんじょう・まさと) ※著者略歴は出版時のものです。

ネット誤植ハンター。東北地方の片隅から、うろ覚えな言葉を発信中。情報源はおもにネットとテレビ。ネットはRSSを大量登録して一気読み。テレビは録って見ています。その昔、初めて作った“ホームページ”は車の運転がテーマで、自動車学校では教わらない本音の安全運転の仕方などを紹介して当時こそこそ、じゃなくそこそこ評判となり、今もYahoo!カテゴリに登録されています。

▲ページTOPへ

山谷労働者福祉会館運営委員会

(さんやろうどうしゃふくしかいかんうんえいいいんかい) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ