トップ > 著者一覧 > 著者一覧詳細

著者一覧



屋嘉比収

(やかび・おさむ) ※著者略歴は出版時のものです。

1957年生まれ 沖縄大学法経学部准教授 近代日本思想史専攻
主要著作「沖縄戦における兵士と住民─防衛隊員、少年護郷隊、住民虐殺」岩波講座アジア・太平洋戦争5『戦場の諸相』所収(岩波書店、2006年)、『沖縄の占領と日本の復興』共編著(青弓社、2006年)

関連書籍

▲ページTOPへ

谷島陽子

(やじま・ようこ) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

安井清子

(やすい・きよこ) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

やすいゆたか

(やすい・ゆたか) ※著者略歴は出版時のものです。

1945年生まれ。立命館大学文学部史学科日本史学専攻卒業。同大学院文学研究科哲学専攻修士課程修了。予備校講師、立命館大・大阪経済大学などの非常勤講師を歴任。毎日文化センター講師、あすと市民大学学長、『ウェブマガジンプロメテウス』編集長。著作『評伝 梅原猛─哀しみのパトス』(ミネルヴァ書房)『千四百年の封印 聖徳太子の謎に迫る』(社会評論社)ほか多数。

▲ページTOPへ

安田均

(やすだ ひとし) ※著者略歴は出版時のものです。

山形大学人文学部教授)。

▲ページTOPへ

柳沢哲哉

(やなぎさわてつや) ※著者略歴は出版時のものです。

埼玉大学人文社会科学研究科(経済系)教授。共編著に『マルサス人口論事典』(昭和堂) 『経済学の座標軸』(社会評論社)などがある。

関連書籍

▲ページTOPへ

矢野久義

(やの・ひさよし) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

矢作征三

(やはぎ・せいぞう) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

やぶれっ!住民基本台帳ネットワーク市民行動

(やぶれっじゅうみんきほんだいちょうねっとわーくしみんこうどう) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

山泉進編

(やまいずみ・すすむ) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

山内敏弘

(やまうち・としひろ) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

山家歩

(やまか・あゆむ) ※著者略歴は出版時のものです。

1969年生,法政大学非常勤講師
「ミシェル・フーコーの統治性論」社会理論学会『社会理論研究』,2010年。「統治のユートピアとその障害」,長原豊編『政治経済学の政治哲学的復権』法政大学出版局,2011年。「破局的リスクと天皇制的統治」『流砂』4号,2011年。

▲ページTOPへ

山形・置賜百姓交流会

(やまがた・おいたまひゃくしょうこうりゅうかい) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

山川暁夫

(やまかわ・あきお) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

矢牧一宏・遺稿集刊行会

(やまきかずひろ・いこうしゅうかんこうかい) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍
  • 『脱毛の秋』

▲ページTOPへ

山際永三

(やまぎわ・えいぞう) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

山口研一郎

(やまぐち・けんいちろう) ※著者略歴は出版時のものです。

医師。現代医療を考える会代表。著書に『思想としての「医学概論」─いま「いのち」とどう向き合うか』(共著、岩波書店)など多数ある。

▲ページTOPへ

山口重克

(やまぐち・しげかつ) ※著者略歴は出版時のものです。

東京大学名誉教授。『競争と商業資本』(岩波書店、19873年)『経済原論講義』(東京大学出版会、1985年)『類型論の諸問題』(お茶の水書房、2006年)

▲ページTOPへ

山口隆

(やまぐち・たかし) ※著者略歴は出版時のものです。

著書に『4月29日の尹奉吉』(社会評論社)ほか。

▲ページTOPへ

山口広文

(やまぐち・ひろふみ) ※著者略歴は出版時のものです。

1952年長崎市生まれ。埼玉大学教養学部卒業、筑波大学大学院修士課程地域研究研究科修了。
現在、国立国会図書館調査及び立法考査局主幹。
著書に、『首都機能再配置の海外事例』(東京都議会)、共著に、『地方から考える首都移転』(中日新聞本社)。

関連書籍

▲ページTOPへ

山口光國

(やまぐち・みつくに) ※著者略歴は出版時のものです。

高校卒業後、日本サッカーリーグの日立製作所にFWとして入団。故障から21歳で引退し、理学療法士免許取得。大学病院勤務後、横浜ベイスターズフィジカルコーチを経て、独立。(有)セラ・ラボ代表 http://www.thera-labo.com 理学療法士 健康心理学修士 群馬パース大学客員教授

▲ページTOPへ

山崎清

(やまざき・きよし) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍

▲ページTOPへ

山崎信一

(やまざき・しんいち) ※著者略歴は出版時のものです。

1971年長野県松本市生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得。少年時代に出会った坂口尚『石の花』に感化されユーゴスラヴィア研究を志し、1995年~1997年、紛争の時代のベオグラードに留学。現在、東京大学教養学部非常勤講師。ユーゴスラヴィアを中心とするバルカン地域の現代史を研究する傍ら、ユーゴスラヴィアとその継承諸国における大衆文化(特に大衆音楽)をまとめる作業も行っている。共著書に『映画『アンダーグラウンド』を観ましたか?―ユーゴスラヴィアの崩壊を考える』(彩流社、2004年)。

▲ページTOPへ

山下道輔

(やました・みちすけ) ※著者略歴は出版時のものです。

1929年生まれ。12歳のとき国立療養所多磨全生園入所。
ハンセン病図書館元主任。

関連書籍

▲ページTOPへ

山科三郎

(やましな・さぶろう) ※著者略歴は出版時のものです。

1933年生まれ。東京唯研会員。
著書:『現代教育思想と人間形成』(労働旬報社、1982年)、『人間発達の哲学─いまある自分をのりこえるために』(青木書店、1986年)、『自由時間の哲学─生の尊厳と人間的共同』(青木書店、1993年)

▲ページTOPへ

やまじ もとひろ

(やまじ・もとひろ) ※著者略歴は出版時のものです。

教育関連書籍および雑誌を発刊する出版社代表。中学受験、高校受験のための情報に詳しい。

▲ページTOPへ

山田英造

(やまだ・ひでなり) ※著者略歴は出版時のものです。
関連書籍
  • 『マニュアル 障害児の学校選択[2005年版]』

▲ページTOPへ

山田宏明

(やまだ・ひろあき) ※著者略歴は出版時のものです。

1948年新潟県生まれ
1971年慶応大学文学部卒。同年、毎日新聞社入社。新聞記者として34年間、活動。現在は著述業(作家、評論家)
おもな著作に『美少女伝説』(世界書院)、『熊取からの提言』(同)、評論に「小松左京 果てしなき流れの果てに論」(小松左京マガジン41号掲載)など。2011年から書評紙『図書新聞』に書評を掲載中。

関連書籍

▲ページTOPへ

山田昌弘

(やまだ・まさひろ) ※著者略歴は出版時のものです。

大阪府出身。京都大学法学部卒。ライトな歴史好き。軍事史とか英雄とか、派手派手しいテーマで、歴史ネタを軽くいじくり回すのが好き。軍事史話とヒーロー話なら、日本史や西洋史のみならず、インド史やアフリカ史でもわりと美味しくいただけます。軍師とか副将とかいった話題も、好みなので、そんな思いがこの本に結実しました。著書に『ダメ人間の世界史』と『ダメ人間の日本史』『世界各国女傑列伝』がある。

▲ページTOPへ

山本祥一朗

(やまもと・しょういちろう) ※著者略歴は出版時のものです。

1935年岡山県生まれ。東京農工大学中退、早稲田大学第一文学部西洋哲学科卒業。1968年の処女作『みちのく酒の旅』(秋田書店)以来、本名・洋一を現在の名に改名。『美酒の条件』『美酒との対話』『海外酒事情』(いずれも時事通信社)、『焼酎の研究』『日本酒を愉しむ』(ともに監修、中央公論社)、『キプロスに酔う』(竹書房)、『酒飲み仕事好きが読む本』(三笠書房)、『金賞酒』(たる出版)、『日本酒で乾杯!』(技報堂出版)ほか共著・監修を含め酒の本を多数執筆。『お酒の「いま」がわかる本』(実業之日本社)は韓国で現地語で出版された。日本酒を世界にアピールするために1970年から酒の海外視察を行う。Webで「山本祥一朗の酒情報」を2005年より発信。日本文藝家協会会員。

関連書籍

▲ページTOPへ

山本浄邦

(やまもと・じょうほう) ※著者略歴は出版時のものです。

1973年生まれ。龍谷大学文学部真宗学科卒業、佛教大学大学院文学研究科東洋史学専攻修士課程修了。佛教大学前研究員。
国立追悼施設に反対する宗教者ネットワーク及び、憲法20条が危ない! 緊急連絡会で事務局長を務める。
専門は、朝鮮近代史、国家と宗教、植民地主義と宗教。
著書に『大谷光瑞とアジア』(共著、勉誠出版、2010年)、主な論文に「1920年代植民地朝鮮における監獄教誨」(『近代仏教』16、2009年)など。

関連書籍

▲ページTOPへ

山本利夫

(やまもと・としお) ※著者略歴は出版時のものです。

1960 年東京都生まれ。幼い頃から即席麺に親しみ、学生時代より袋やフタの収集を始める。以来日常生活は勿論、旅行や出張の際でもコンビニやスーパー巡りを欠かさない。Webサイトでの情報公開の他、YouTube を利用して即席ラーメンの調理動画を投稿し、日々即席麺の楽しさや奥深さを発信している。

▲ページTOPへ

山本将夫

(やまもと・まさお) ※著者略歴は出版時のものです。

1957 年大阪に生まれ。1978 年大阪府立高専卒業、建設コンサルタン
トに入社。主として研究開発業務に従事。在社中に双極性気分障害発
病。躁状態のとき、退職。2005 年病状が重くなり入院。

関連書籍

▲ページTOPへ

梁官洙

(やん・ぐあんす) ※著者略歴は出版時のものです。

▲ページTOPへ

楊国光

(やん・ぐぅおぐぅあん) ※著者略歴は出版時のものです。

1932年、上海生まれ。小・中・高校を東京で学び、50年帰国。54年旧ソ連へ留学し、60年モスクワ国際関係大学卒。帰国後、商務印書館(60─63年)、外文出版社(64─83年)に勤務。84年、中国新聞社駐日特派員として再来日、86─94年、同社東京支局長。1994年定年退職。中国国際友人研究会理事。
主な著書『ある台湾人の軌跡─楊春松とその時代』(日本語版 東京・露満堂 中国語版 台北・人間出版社)、『諜海の巨星ゾルゲ』(上海・学林出版社)、『リヒアルト・ゾルゲ─ある秘密情報員の功績と悲劇』(上海・世紀出版集団 漢語大辞典出版社)、訳書 宇佐美省吾著『人生の鬼─松永安左ヱ門伝』(共訳 北京・中国国際広播出版社)等。

関連書籍

▲ページTOPへ