トップ > 図書目録 > 思想 【人と歴史】 > 書籍詳細 : フェティシズム

図書目録

思想 【人と歴史】

フェティシズム

石塚正英著作選

フェティシズム

通奏低音

石塚正英

価格: 2600円+税
発行日: 2014年10月7日
版型: 四六判上製
ページ数: 254頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-1524-0
Cコード: C0030

詳細内容

「フェティシズム」「歴史知」「多様化史観」「身体知」を連結のキーワードとして切り拓かれる社会思想史の新地平。近代文明を紐解くための新たな人類史の読み方。

【目次】

第1章 歴史知学の着想 9
──インターディシプリナリーな歴史理論の構築へ向けて──
一 「歴史知」の説明─はじめに 9
二 新たなレベルでの「知」の連合──経験知・科学知・歴史知の相関 14
三 歴史知体系の三要素──フェティシズム・歴史知・個別事例 16
四 五感のおごりを克服したい──むすび 21
第2章 歴史におけるファナティシズムの役割 27
──歴史知の視座のから──
はじめに──問題提起 27
一 ファナティシズムが歴史を動かした事例の概観 30
二 史実の評価と解釈の可変性 37
三 歴史におけるファナティシズムの役割 45
むすび 47
第3章 ヒューマン・インターフェイスの歴史知的討究 52
一 前近代のヒューマン・インターフェイス──はじめに 52
二 現代のヒューマン・インターフェイス──人間的機械と機械的人間 60
三 近未来のヒューマン・インターフェイス──ロボット・フェティシズム 65
四 相手を想定しないインターフェイス──むすび 73
第4章 ファシズム思想に関する歴史知的討究 81
一 歴史知的視座の解説──はじめに 81
二 ファシズムの大衆心理 83
三 ファシズムの成立基盤としての民主主義 89
四 民主主義の成立基盤としての自然法思想 96
五 ファシズムと民主主義に関する歴史知的規定 102
六 河合栄治郎における神話としての自由主義 106
七 関係論としての歴史知パラダイム──むすび 110
第5章 秩父オオカミ信仰の民俗 128
──民間伝承の歴史知的考察──
はじめに 128
一 風土的背景──岩盤・懸崖の信仰 129
二 秩父のオオカミ信仰 133
三 オオカミ信仰の比較民俗学的分析 147
むすび 153
第6章 歴史知と多様化史観 159
──循環史観と進歩史観を超えて──
はじめに 159
一 文化史と世界史 161
二 歴史意識と歴史知 171
三 多様化史観 180
むすび 185
第7章 人類史の歴史知的再構築 190
──老マルクスの古代史・人類学研究抜粋ノート──
はじめに 190
一 古代史・人類学研究抜粋ノートの検討 192
二 読書家マルクス 197
三 氏族社会概念の認識 200
四 フェティシズム概念の再認識 203
むすび 205

第2巻「歴史知と多様化史観──関係論的」の解説と敷衍 210
一 第2巻の要点あるいは補足 210
二 歴史知研究会 216
三 歴史知BBSから 219
四 近代的自我の横超と歴史知研究 228

付録 社会思想史アネクドータ(1) 231
人名索引 260
事項索引 256

著者略歴

石塚正英
生年・生地:1949年、新潟県高田市(現上越市)
最終学歴:1981年3月、立正大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程単位取得退学
最終学位:2001年2月、フェティシズム研究で博士(文学)取得(立正大学大学院文学研究科哲学専攻)
専門分野:歴史知学、社会思想史、比較文明論
現職:東京電機大学理工学部教授、NPO法人頸城野郷土資料室理事長
これまでに非常勤講師として、立正大学、関東学院大学、専修大学、明治大学、中央大学などで社会思想史、西洋思想史ほかを講義。
主要単著
★ヴァイトリング・ヘーゲル左派関係
『叛徒と革命─ブランキ・ヴァイトリンク・ノート』イザラ書房、1975。『三月前期の急進主義─青年ヘーゲル派と義人同盟に関する社会思想史的研究』長崎出版、1983。『ヴァイトリングのファナティズム』長崎出版、1985。『社会思想の脱・構築──ヴァイトリング研究』世界書院、1991。『アソシオンのヴァイトリング』世界書院、1998。
★フェティシズム・歴史知関係
『フェティシズムの思想圏──ド・ブロス・フォイエルバッハ・マルクス』世界書院、1991。『文化による抵抗──アミルカル・カブラルの思想』柘植書房、1992。『フェティシズムの信仰圏──神仏虐待のフォークローア』世界書院、1993。『「白雪姫」とフェティシュ信仰』理想社、1995。『信仰・儀礼・神仏虐待──ものがみ信仰のフィールドワーク』世界書院、1995。『ソキエタスの方へ──政党の廃絶とアソシアシオンの展望』社会評論社、1999。『歴史知とフェティシズム』理想社、2000。『ピエ・フェティシズム──フロイトを蹴飛ばす脚・靴・下駄理論』廣済堂出版、2002。『複合科学的身体論──21世紀の新たなヒューマン・インターフェイスを求めて』北樹出版、2004。『儀礼と神観念の起源』論創社、2005。『歴史知と学問論』社会評論社、2007。

▲ページTOPへ