トップ > 図書目録 > 思想 【哲学・社会学・思想史】 > 書籍詳細 : ジェームズ・ステュアートの貨幣論草稿

図書目録

思想 【哲学・社会学・思想史】

ジェームズ・ステュアートの貨幣論草稿

ジェームズ・ステュアートの貨幣論草稿

奥山忠信(編)

価格: 8500円+税
発行日: 2005年1月6日
版型: A4判
ページ数:
ISBNコード: ISBN978-4-7845-0868-6
Cコード:

詳細内容

ジェームズ・スチュアートの貨幣論は電子マネーなどの現代的な最先端の貨幣の試みと問題関心を共有する。エジンバラ大学(英国)所蔵のスチュアートの未刊行の手書き草稿を、解読し編集する(草稿は英文)。(2005・1)

【目次】

はしがき
1 introduction
On the 'Letter to my Lord Barrington(1763) by James Steuart

2 Letter to my Lord Barrington(1763) by James Steuart
(ジェームズ・ステュアート『バリントン卿への手紙(1763)』)
Title
Contents
Body Text
Errata

3『バリントン卿への手紙(1763)』における貨幣理論序言
1.『バリントン卿への手紙』(1763)について
2.為政者の貨幣論
3.『手紙』における価値と貨幣
結語

著者略歴

奥山忠信
1950年宮城県生まれ。東北大学経済学部卒。東北大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得。経済学博士。埼玉大学経済学部教授。著書=『貨幣理論の形成と展開』(社会評論社、1990)、『富としての貨幣』(名著出版、1999)、『金の魅力 金の魔力』(共著、社会評論社、2002)

▲ページTOPへ