トップ > 図書目録 > 思想 【哲学・社会学・思想史】 > 書籍詳細 : 経済学と経済学者

図書目録

思想 【哲学・社会学・思想史】

経済学と経済学者

経済学と経済学者

櫻井毅

価格: 2600円+税
発行日: 2014年4月22日
版型: 四六判上製
ページ数: 288頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-1827-2
Cコード: C0030

詳細内容

宇野弘蔵、鈴木鴻一郎、鈴木武雄、森嶋通夫など経済学者たちとの邂逅とその人物像、学問研究などをめぐる回想記

【目次】

経済学と経済学者 ――学ぶ喜びと知る楽しさ――*目次


第1章 経済とは何か、経済学はどんな学問か 8
――高校生のために――
第2章 イギリスの凋落は最先進国であった故か 51
――ジャーヴィスの論考(一九四七年)にみる――
第3章 農業資本主義とは何か 74
――拙著『資本主義の農業的起源と経済学』でいいたかったこと――
第4章 『共産党宣言』刊行百五十周年に思うこと 88
第5章 マーティーノゥ『経済学例解』は経済学なのか文学なのか 99
――知られざる十九世紀のイギリスの女性作家ハリエット・マーティーノゥをめぐって――


第6章 大学院入試の面接の記憶 130
――宇野弘蔵先生との出会い――
第7章 大学院の指導教授だった宇野弘蔵先生 140
――宇野弘蔵先生の思い出――
第8章 宇野理論の魅力と批判精神 162
――書評・三篇――
第9章 宇野弘蔵夫人マリアさんに伺ったこと 171
――宇野弘蔵先生の思い出――
第10章 鈴木鴻一郎先生のこと 188
第11章 鈴木武雄先生の思い出 198
第12章 シエナの森嶋通夫先生 204


第13章 アダム・スミスとドクター・ジョンソンとの交流 220
第14章 フレデリック・デムートのこと 233
――「カール・マルクスは私の父親だ」――
附 章 樋口一葉の日記 263
あとがき 276

著者略歴

櫻井毅
1831年7月13日東京市(現東京都)に生まれる
1950年3月武蔵高等学校卒業、同年4月武蔵大学経済学部に進学
1955年3月武蔵大学経済学部卒業、同年4月東京大学大学院に進学
1961年3月東京大学大学院社会科学研究科博士課程単位取得退学
1961年4月より武蔵大学経済学部勤務、助手、講師、助教授を歴任
1967年3月経済学博士(東京大学)
1968年4月教授
1984年1月経済学部長(1985年12月まで)
1992年4月武蔵大学学長
2000年3月学長退任、武蔵大学退職
現在、武蔵大学名誉教授

▲ページTOPへ