トップ > 図書目録 > 思想 【哲学・社会学・思想史】 > 書籍詳細 : 【増補改訂版】マルクスの物象化論

図書目録

思想 【哲学・社会学・思想史】

【増補改訂版】マルクスの物象化論

【増補改訂版】マルクスの物象化論

資本主義批判としての素材の思想

佐々木隆治

価格: 4500円+税
発行日: 2019年1月8日
版型: A5判上製
ページ数: 456頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-1860-9
Cコード: C0030

詳細内容

哲学批判と「実践的・批判的」構えとしてのカール・マルクスの「新しい唯物論」を解明し、「素材の思想家」としてのマルクス像を照らす。全面リニューアル・補論追加収録

【目次】

第Ⅰ部 「実践的・批判的」構えとしての「新しい唯物論」
第1章 マルクスの「唯物論」にかんする諸説
第2章 マルクスにおける「新しい唯物論」
第3章 哲学批判と「実践的・批判的」構えとしての「新しい唯物論」

第Ⅱ部 物象化論の「実践的・批判的」意義
第4章 物象化論の理論構成
第5章 物象化と疎外
第6章 物象化と所有
第7章 価値の主体化としての資本と素材的世界
結 論 素材の思想家としてのマルクス

著者略歴

佐々木隆治
立教大学経済学部准教授。
著書『マルクス 資本論』(角川選書)、
『カール・マルクス』(ちくま新書)など。

▲ページTOPへ