トップ > 図書目録 > 思想 【哲学・社会学・思想史】 > 書籍詳細 : 社会学者の見たマルクス(Ferdinand Tonnies 1921 : Marx , Leben und Lehre , Jena : Lichternstein)

図書目録

思想 【哲学・社会学・思想史】

社会学者の見たマルクス(Ferdinand Tonnies 1921 : Marx , Leben und Lehre , Jena : Lichternstein)

社会学者の見たマルクス(Ferdinand Tonnies 1921 : Marx , Leben und Lehre , Jena : Lichternstein)

その生涯と学説

片桐幸雄(訳)

価格: 2300円+税
発行日: 2019年3月11日
版型: 四六判並製
ページ数: 276頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-1862-3
Cコード: C0030

詳細内容

1887年に『ゲマインシャフトとゲゼルシャフト』を上梓し、新たな歴史発展理論を提唱したドイツ社会学会の重鎮が1921年に刊行したカール・マルクス論。

フェルディナント・テンニース
(1855~1936年)
 一八七二年にシュトラスブルク大学入学、さらにイエナ大学、ベルリン大学等で学び、テュービンゲン大学で古典言語学の学位を取得。その後、政治哲学、社会問題に関心が向かい、労働組合や共同組合運動に積極的に参加し、フィンランドやアイルランドの独立運動を支援した。
 一九一三年キール大学の哲学・社会学の正教授に就任。また、ドイツ社会学会の会長を一九〇九~三三年にわたって務めた。一九三二~三三年には、ナチズムと反ユダヤ主義を公然と批判したため、キール大学名誉教授の地位を剥奪された。
★著書は多数あるが、邦訳は『ゲマインシャフトとゲゼルシャフト』(岩波文庫、杉之原寿一訳)のみである。

【目次】

[主要目次]
第Ⅰ部 生涯
1.共産主義者たらんとの決意と、フリードリッヒ・エンゲルスとの出会いまで
(1819~1843年)
2.疾風怒濤―ロンドン移住まで
(1843~1850年)
3.『経済学批判』、『資本論』第1巻完成まで (1850~1867年)
4.その死まで (1867~1883年)
第Ⅱ部 学説
Ⅰ.経済学批判、価値理論
Ⅱ.平均利潤の謎
Ⅲ.資本主義生産様式とその発展
Ⅳ.唯物史観
Ⅴ.批判

著者略歴

片桐幸雄
著書に『スラッファの謎を楽しむ―「商品による商品の生産」を読むために』(2007)『なぜ税金で銀行を救うのか―庶民のための金融・財政入門』(2012)『左遷を楽しむ―日本道路公団四国支社の一年』(2015)などがある。

▲ページTOPへ