トップ > 図書目録 > 思想 【ポスト・マルクス主義】 > 書籍詳細 : アソシエーションの政治・経済学

図書目録

思想 【ポスト・マルクス主義】

アソシエーションの政治・経済学

SQ選書10

アソシエーションの政治・経済学

堀利和

価格: 1800円+税
発行日: 2016年7月27日
版型: 四六判並製
ページ数: 192頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-1729-9
Cコード: C0030

詳細内容

■アソシエーションの核心的課題としての障害者問題

 安藤昌益、ウィリアム・モリス、宮沢賢治、アントニオ・グラムシ、カール・ポラニー、ウォーラーステイン、デヴィッド・ハーヴェイ、柄谷行人等の論考の検証をとおして、資本主義を超える社会システムとしてのアソシエーション・共同社会の可能性を探る。

 人間学としての障害者問題の考察を核心に、労働力商品化の廃絶をとおして、資本主義における「非人間的不等価交換」から高次の「人間的不等価交換」システムへと、科学的ユートピアとしての未来形に世界史の希望を託す。

※アソシエーション(ASSOSIATION)共通の関心や目的で集まった機能集団。本書においては、資本主義を超える新たな社会システムの意味で使われている。 

【目次】

[主要目次]
第Ⅰ部 人間的不等価交換論の可能性

序 章『障害者が労働力商品を止揚したいわけ』の核心的概要
第1章 不等価交換システムとしての資本主義

第2章 贈与の哲学と経済学
第3章 労働の意味論
第4章 「共民社会」制度としてのアソシエーション・共同組合

第Ⅱ部 キーワード「障害者」で社会を変革する

第1章 社会が「人」を傷害化する
第2章 若者たちがいかに反応したか  
第3章 障害者の主体性論

著者略歴

堀利和
1950年生まれ。小学校就学直前に薬害による難病で失明。東京教育大学付属盲学校高等部、明治学院大学、日本社会事業学校卒業。1989~95年参議院議員(日本社会党)1998~2004年参議院議員(民主党)。現在、立教大学コミュニティ福祉学部兼任講師。特定非営利活動法人共同連代表。『季刊福祉労働』(現代書館)編集長。著書に『はじめての障害者問題──社会が変われば「障害」も変わる』(現代書館)『障害者が労働力商品を止揚したいわけ──きらない わけない ともにはたらく』(社会評論社)などがある。

▲ページTOPへ