トップ > 図書目録 > カルチャー 【文芸批評】 > 書籍詳細 : 回想の中野重治

図書目録

カルチャー 【文芸批評】

回想の中野重治

回想の中野重治

『甲乙丙丁』の周辺

津田道夫

価格: 2500円+税
発行日: 2013年9月24日
版型: 四六判上製
ページ数: 250頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-1908-8
Cコード: C0030

詳細内容

日本共産党を除名された中野重治は、1964年12月から69年9月までに57回にわたり、『群像』に「甲乙丙丁」を連載した。本書はこの2000枚をこえる長編『甲乙丙丁』を読み解く。歴史的岐路に立つ今日、1960年代の政治の季節に上梓された、この全体小説の歴史的な普遍的意義を問う。

【目次】

回想の中野重治||『甲乙丙丁』の周辺*目次

第一部 回想の中野重治

 Ⅰ「米配給所は残るか」など 8

   1 放送「食い物の問題」を聞く 8
   2「米配給所は残るか」の周辺 12
   3『レーニン素人の読み方』の周辺 20
   4 神山茂夫の死 27


 Ⅱ 神山茂夫の死と神山茂夫研究会 33

   1 神山茂夫の告別式・追悼集会および納骨 33
   2 神山茂夫研究会と中野さん 39
   3 抽象的「非転向」と現実的「転向」と 45
   4 原理的かつ現実的に 52

第二部『甲乙丙丁』の世界

 Ⅰ 一つの楽しい小説主題と素材と方法と 58

   1 変貌とその主体=実体 63
   2「観念的な二重化作用」の形象化 79


 Ⅱ「あの頃は動物園の猛獣の声が聞えたな」作品をなりたたせる歴史背景 87

   1 街区の変貌||日本社会総体を象徴するもの 87
   2 中ソ論争と日本共産党 100


 Ⅲ「田村さんにとって不利じゃないかって……」   日本共産党における個的=人間性の剥落 122

   1 党員と組織の人間的画一化 122
   2 吉野義一らにおける変貌 132


 Ⅳ「馬鹿な、てんでわかっていない……」前衛党と党外大衆団体との関係批判 159

   1 津雲との対決、作品中最大の山場 159
   2 党フラクション、党グループについて 173


 Ⅴ 豊田貢(菊池寛)への手紙 204

   1 手紙をどう評価するか 204
   2 作品の結構における手紙の扱い 224


 Ⅵ「やりすごし」をめぐって 党第八回大会と党員文学者のグループ 232

 後書き 247

著者略歴

津田道夫
1929年、埼玉県に生まれる
東京教育大学史学科卒業
著書:『国家と革命の理論』青木書店、1961年(増補版、論創社、1979年)
   『国家論の復権』盛田書店、1967年(増補版、福村書店、1972年)
   『日本ナショナリズム論』盛田書店、1968年(増補版、福村書店、1972年)
   『ヘーゲルとマルクス』季節社、1970年
   『認識と教育』三一書房、1979年
   『実践的認識論への道』論創社、1984年
   『イメージと意志』社会評論社、1989年
   『弁証法の復権』社会評論社、2000年
   『国家と意志 意志論から読む『法の哲学』と『資本論』』績文堂、2006年
   『君は日本国憲法を知っているか』績文堂、2009年
   他に思想史論、障害者教育論など著書多数

▲ページTOPへ