トップ > 図書目録 > カルチャー 【演劇】 > 書籍詳細 : 対訳 湯浅版 近松世話物戯曲集

図書目録

カルチャー 【演劇】

対訳 湯浅版 近松世話物戯曲集

対訳 湯浅版 近松世話物戯曲集

A Bilingual Edition of Three Sewa-mono Plays by Chikamatsu Monzaemon

湯浅雅子

価格: 4500円+税
発行日: 2014年6月10日
版型: A5判上製
ページ数: 416頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-1131-0
Cコード: C0030

詳細内容

 国際演劇プロジェクト(近松プロジェクト)で舞台化した『女殺油地獄』『堀川波鼓』『今宮の心中』三作品の翻案戯曲の英語・日本語対訳。上映時の公演ポスター、舞台写真、舞台図を収録。序:鳥越文蔵(早稲田大学名誉教授)
 日本の演劇史上最も優れた戯作者と称賛されている近松門左衛門(1653-1724)。近松の芝居をシェークスピアやチェーホフの芝居のように、上演されることを目的に国際演劇プロジェクト(近松プロジェクト)が結成され、イギリスのリーズ大学とハル大学で「女殺油地獄」「堀川波鼓」「今宮の心中」が上演された。同プロジェクトの「堀川波鼓」と「今宮の心中」は大阪市立大学、大阪市、早稲田大学演劇博物館等の支援を得て来日公演して演劇の国際交流を試みた。
 近松の浄瑠璃は江戸時代の人々の日常の描写であるが、今もなお人間の生の真実を伝え、時を越え、国境を越えて私たちの心に訴える力を持っている。
 本書は、前記三作品の翻案戯曲を英語・日本語対訳の形で収録する。出版にあたり新たに註を付けた。日本の演劇、文化、社会、言語に関心のある人々に広く読まれることを望んでいる。

【目次】

序 島越文蔵

はじめに

第1部
イントロダクション
江戸時代のもののはかり方
近松プロジェクトの舞台

第2部
「女殺油地獄」
公演ポスター
舞台写真
舞台図
戯曲


「堀川波鼓」
公演ポスター
舞台写真
舞台図
戯曲


「今宮の心中」
公演ポスター
舞台写真
舞台図
戯曲


参考文献

おわりに



  Chikamatsu Monzaemon (1653-1724) is one of the most acclaimed playwrights in Japanese Theatre. The Chikamatsu Project aims to introduce his works to the wider audience by staging them in the English language, and ultimately to place his works in the repertoire of the international stage. The Project staged Woman-Killer in Oil Hell, Drumbeats over the Horikawa and Lovers’ Suicides at Imamiya in the Workshop Theatre of the University of Leeds and the Department of Drama of the University of Hull of the UK. The second and the third plays toured to Japan and were performed in Osaka and Tokyo, supported by Osaka City University & Osaka city, and the TSUBOUCHI Memorial Theatre Museum of Waseda University.
  Chikamatsu’s joruri is an honest depiction of people’s everyday lives in the Edo period, and yet the stories have a timeless and universal appeal. This book, presented bilingually, collects the adaptations of the staging texts of the project with additional notes on social and historical backgrounds. The works introduce a great playwright to an audience of performers and readers with an interest in Japan. Chikamatsu stands alongside Shakespeare and Chekhov as innovative dramatist of his time and deserves to be celebrated with them.
  We hope that the book will be read by the people who are interested in theatre, culture and society, and language of Japan.

著者略歴

湯浅雅子
英国リーズ大学大学院博士終了。演劇学専攻。現在、英国ハル大学名誉研究員。これまでにリーズ大学ワークショップ・シアターで、清水邦夫、別役実、岩松了、岸田國士の作品を英訳・演出上演した。

▲ページTOPへ