トップ > 図書目録 > カルチャー 【そのほか】 > 書籍詳細 : 酒運び

図書目録

カルチャー 【そのほか】

酒運び

ほろよいブックス3

酒運び

情報と文化をむすぶ交流の酒

ほろよいブックス編集部(編)

価格: 1900円+税
発行日: 2013/9/17
版型: A5変型
ページ数: 280頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-1718-3
Cコード: C0030

詳細内容

専門の枠をこえ飲酒文化が持つ魅力を掘り下げる教養シリーズ第3作。

【目次】

斎藤弘美 ? 酒が結ぶ縁、広げる世間 岩内・高田そして水上勉
篠原 徹 ? 酒食同源の不思議な世界 エチオピア南部コンソ社会での調査より
井上逸兵 ? 酒の力と「飲み会力」
加藤幸治 ? 酒がつなぐ「望郷」の共同体
上野明子 ? 大阪からお酒の情報を発信 『ほろよい手帖 月刊たる』
宮沢 聡 ? 新宿の酒場と文人 酒場「樽平」を贔屓にした文人たち
迫内祐司 ? 小杉放菴にとっての酒と友 人似花酒如泉
巻島 隆 ? 千住酒合戦の舞台「中六」とは? 広がる飛脚ネットワーク
相馬高道 ? 酒はうまいか、ねえちゃんはきれいか 酔っぱらい天国・秋田の虚実
野添憲治 ? 猫の沢事件 密造酒取締の虚像と現実
真板昭夫 ? エコツーリズムの宝探しとおいしいお酒の効用
川端正吾 ? 酒粕料理のほろよい 玩具の旅・取材ノートより

コラム
酒運びロマンティクス … 瀬間 剛
白河の酒 … 内野豊大

著者略歴

ほろよいブックス編集部

書評

[ほろよい手帖たる No373 2013/11/1]

飲むために運ばれてきた、酒が運ぶ縁や絆、物語、情報、コミュニケーションに祭事まで、多彩な執筆者によって個性豊かに綴られる。

▲ページTOPへ