トップ > 図書目録 > カルチャー 【サブカルチャー】 > 書籍詳細 : ファーストフードマニア

図書目録

カルチャー 【サブカルチャー】

ファーストフードマニア

ファーストフードマニア

Vol1中国・台湾・香港編 

黒川真吾 / 武田信晃 / 田村まどか

価格: 1800円+税
発行日: 2008年1月7日
版型: A5判
ページ数:
ISBNコード: ISBN978-4-7845-0991-1
Cコード: C0030
購入する
詳細内容

マクドナルド+ケンタッキー=マクタッキー! 吉田屋の牛丼、Mo_ Burger、不気味な物体が流れる回転寿司屋などなど、中華圏のマジで逝っちゃってる外食チェーン店を徹底調査!(2008・1)

【目次】

●2 目次

●5 中国

●6 マクドナルド+ケンタッキー=マクタッキー!(本当はマッコンキー)
  麦肯基 MCCONKEY マイケンジー
●16 中国最西部、新疆ファーストフードの星
  百富漢堡 Best Food Burger バイフーハンバオ
●20 偽者具合は横綱、実力具合は幕下二段目
  漢堡小子 HANBAOKIDS ハンバオシャオズ
●24 注意!鶏含有率高し
  徳克士 DICOS ディコス ドォコォシー
●30 中国ファーストフード界の皇帝
  肯徳基 Kentucky Fried Chicken ケンドォジー
●32 中国ファーストフード界の巨頭
  麦当労 McDonald's マイダンラオ
●38 米大手バーガーショップ、中国にもあるがなにか?
  漢堡王 Burger King ハンバオワン
●42 暇な謎に迫る!その時川●探検隊は見た!
  楽而美漢堡 ラーアルメイハンバオ
●46 コロッケが演じる淡谷のり子級か、それほど似てるぞこのお店
  モスモドキ 莫師漢堡 モウスーハンバオ
●50 変わらないこと、それはたまにはいいこと
  泡芙工房 Beard Papa's パオフーゴンファン
●52 押し切れば何でもできるぞ中国ファーストフード、ここまで真似ちゃう?
  麦香城 マイシャンチョン
●54 正義超人の心は中国人に伝わるか
  吉野家 ジーイエジィアー
●58 気持ちのいいアットホームな、びっくりするほど不味い店
  吉田屋 ジーテイェンウー
●62 世界に逆行、愉快な「好倫哥」
  好倫哥 ORIGUS ハオルンゴー
●66 「すごいよ!ジョーンズ」―米ピザ屋が中国進出
  棒!約翰 PAPA JONES バン!ユゥエハン
●68 日本の地方都市の縮図か、ウラビレ感は抜群
  堡羅馬 Deli Roma Pizza バオルオマァ
●72 いろんな意味で神秘のベールに包まれるコーヒー屋
  藍鳥珈琲 Bluebird Coffee ランニャオカーフェイ
●76 とにかく品がいいぞ、それが「両岸珈琲」
  両岸珈琲 C.straits Cafe リャンアンカーフェイ
●78 すいません、このステーキは何肉ですか?
  思得客 Steak-King スードォークォ
●80 別にステーキじゃなくてもいいじゃん
  豪享来 ハオシャンライ
●84 深入りは避けたい謎多き寿司屋
  禾禄寿司 ホールーショウスー
●88 丼もの好きには救世主の中華チェーン
  永和大王 Yonghe King ヨンホーダーワン
●90 美味しいから文句ありません!
  小肥羊 Little Sheep シャオフェイヤン
●92 小肥羊パクリ
●94 あれ?これってブルース……
  真功夫 Kungfu ジェンゴンフ
●98 おばちゃん見本市ここにあり!
  大娘水餃 ダーニャンシュイジャオ
●100 本当はやっぱり見栄えより中身を大事にしたいわよねーのME KAKY
  麦莎基 ME KAKY マイシャージー
●101 ボッタクリ編~
  肯徳利 ケンドォーリ
●103 こぼれ話

●105 台湾

●106 本家を凌ぐGoogleトップ表示
  台湾小肥羊
●107 旧世界の孤児仲間の南アにも進出
  KLG & DFC
●108 得体の知れない物体か、でも安心度はトリプルA
  摩斯漢堡 MOS BURGER モウスーハンバオ
●110 目撃情報頼む!
  儂特利 LOTTERIA ノンテーリー
●112 味にギャップ、世界のマックの名声はどこへ
  麥當勞 Mcdonald's マイダンラオ
●114 ド田舎でもオーケー、フライドチキンが食べたくなったら突進せよ
  肯德基 Kentucky Fried Chicken ケンドゥオジー
●116 食べたらやみつき、ガイジンさんも一心不乱
  漢堡王 BURGER KING ハンバオワン
●118 ファミレスでかき込む高級牛丼、お味はいかに
  吉野家 ジーイエジアー
●124 ビッグカンパニーとのお見合い、スタバ物語の始まり
  星巴克 STARBUCKS COFFEE シンバークー
●128 スタバもどき、セカンドブランドまで展開
  壹珈琲 e COFFEE イーカーフェイ
●132 うなぎ屋さんが経営するコーヒー店
  羅多倫研磨珈琲 DOUTOR ルオドゥオルン
●136 薄利多売ビジネスが成功、スタバを猛追
  85度C バーシーウードゥーシー
●140 低価格が台湾を制す、1杯35元
  丹堤珈琲 DANTE COFFEE SHOP ダンティーカーフェイ
●144 思わず奇声も、赤く光るバイブレーター
  怡客珈琲 IKARI COFFEE SHOP イークーカーフェイ
●148 OK?QK?休息グループが運営
  QK珈琲 キュウケイカーフェイ
●152 地元の人の目さえ欺く、ナゾの店名
  西雅圖極品珈琲 BARISTA COFFEE シヤートーカーフェイ
●156 ベジタリアン天国で、ヘルシー女性の心射止める
  Subway
●158 「我々は決して模倣はしていない」
  Subber
●160 格別な想い入れ、台湾で本気を見せる
  味千拉麺 AJISEN RAMEN 味千ラーメン ウェイチェンラーミエン
●162 ラーメン通必見、日本のラーメンが登台
  赤坂拉麺 赤坂ラーメン チーバンラーミェン
●164 B級グルメの代表格、地方都市で威力を発揮
  三商巧福 サンシャンチァオフー
●166 争鮮寿司とは対照的に高級路線まっしぐら
  元気寿司 GENKI SUSHI ユェンチーショウスー
●168 「萌え~」連発、宅男を取り込め
  争鮮回転寿司 SUSHI EXPRESS ジョンシエンショウスー
●170 マヨラーもちょいマヨラーも喜ぶ焼きたこ焼き、登陸
  築地銀だこ GINDACO
●172 餃子が食卓のメインデッシュ、貴方の本気が試されます
  八方雲集 バーファンユンジー
●174 ハニカミ王子も黙る、ステキ過ぎるオヤジ
  髭鬚張 FORMOSA CHANG フーシュージャン
●176 変り種好きには失禁ものの台湾式フライドチキン
  頂呱呱 T.K.K Fried Chicken ディングアグア
●178 空前の大ブレイク、甜甜圈ブーム到来
  Mister Donut
●180 ミスドの牙城崩しへ、再起かける
  DUNKIN' DONUTS
●182 恋人たちのメッカ、台湾の中心で愛を叫ぶ
  Haagen-Dazs
●184 ビールに氷、お茶に砂糖、台風休みに深夜の公園で踊るおばちゃん―
  台日のカルチャーショック

●187 香港

●188 香港にあるフィリピンの飛び地
  祖楽比 Jollibee ジョリビー ジョウロッベイ
●192 女性が堂々と1人でお食事可能
  吉野家 ガッイェガァ
●196 餃子の本場に逆進出する度胸
  大阪王将 ダイバンウォンジェン
●198 ダイエットとして人気だけど、ダイエットできない
  海皇粥店 ホイウォンジョックディンム
●200 小中学生の給食も作っているファーストフード店
  大家楽 カフェ・ド・コラル ダイガァロッ
●204 大家楽と大快活、創業者は兄弟……華麗なる一族
  大快活 フェアウッド ダイファイウッ
●206 味千の千にちなんで1000店を目指す
  味千ラーメン メイチンライミン
●208 味千ラーメンの対抗馬に名乗り
  八八八拉麺 ラーメンさんぱち バババライミン
●210 「元禄」?「元緑」?……コピー丸出しの名前
  元緑寿司 G・Sushi ユンロックサウシー
●212 元緑寿司の最大のライバル
  元気寿司 ユンヘイサウシー
●214 こんなところで日本のカレーが食べられます
  オリエンタルカレー
●215 いたってオーソドックス
  築地銀だこ ツキジギンダコ
●216 香港人に飲み物の選択肢を増やした
  星巴克 Starbucks センバーハク
●218 赤色スターバックス
  太平洋珈琲 Pacific Coffee タイピンユゥンガフェイ
●222 洗練されているからこそ、浮いた存在
  UCC Vienna Cafe 上島コーヒー
●224 香港でUCCに露骨に追従 
  Pokka Cafe
●226 タピオカティー版“大家楽VS大快活”
  仙跡岩 Saint's Alp Tea House シンジェッアーム
●227 香港は諦め中国市場を開拓
  仙踪林 rbt シンジョンラム
●228 Excelsior(ホテルだけど)でillyが飲める
  EXpresso
●229 室内店舗のオープンテラスは圧迫感
  Cafe Jr. イタリアン・トマト・カフェジュニア
●230 日本ぽく演出したがが、かえってインチキ臭い
  鈴木珈琲館 Suzuki cafe レンモクガァフェイグン
●231 日本に興味がある香港人女性をデートに誘うならここ
  麻布茶房 マーボウチャーフォン
●232 大英帝国のコーヒーチェーンが旧植民地に進出
  百特文治 Pret A Manger バッダッマンジ
●233 湿度80%熱帯地でシベリア気分
  Haagen-Dazs ハーゲンダッツ
●234 1975年開業で、香港ネオンの一翼を担う
  麥當勞 McDonald's マクドンロウ
●236 香港なのに日本風チキンカツカレーも販売
  肯徳基 Kentucky Fried Chicken ハンダックゲイ
●238 日本風コンセプトで大行列
  摩斯漢堡 Mos Burger モーシーホンボウ
●239 お得意様は外国人、香港人が行かない所に出店しまくる
  Burger King バーガーキング
●240 高級イタリア料理路線猪突猛進
  必勝客 Pizza Hut ビッセンハック
●241 名刺にマネジャーの携帯番号まで記載
  Subway
●242 カナダに移民した香港人に好評
  Triple O's トリプルオーズ
●243 モール内のバスケットコートの横に出店
  Freshness Burger フレッシュネスバーガー
●244 製造現場は見られないが、行列もなし
  Krispy Kreme クリスピークリーム
●245 コーナー側の好ロケーションを実力占拠
  BEN&JERRY'S ベンズアンドジェリーズ
●246 飽きられないよう多種多彩なフレーバーを用意
  Beard Papa's ビアードパパ
●247 台湾のたこ焼きチェーン
  日船章魚小丸子 ヤッスゥンジョンユゥシウユンジー
●248 日本の紙パックのコーヒー牛乳が香港で
  Delifrance デリフランス
●250 矢継ぎ早に次ぎから次へとマンゴー
  許留山 ホイラウサン
●252 地元に根付くとはこういうことをいう
  出前一丁 チョッチンヤッテン
●254 あとがき

著者略歴

黒川真吾
1977年神奈川県生まれ。中国の新疆大学に留学後、株式会社サーチナに入社。メディア事業、ファナンス事業部アナリストチームを経て、現在はフリーのライターに。上海を拠点に、株式市場など金融を中心とした中国の情報を扱う。趣味はいまのところビール。そのうちカヌーを引っさげ、中国秘境の川下りをしたいと目下計画中。

武田信晃
『北海道建設新聞』、『週刊香港』を経て現在はフリーランスのライター。中国・香港の政治・経済を中心に執筆している。また、サッカー、モータースポーツ、ラグビー、バレーボールなどスポーツの取材にも力を入れている。足を使った現場での取材をが得意なため、小さい香港は取材にはぴったり。今回の執筆ももちろん全店に足を運んだ。

田村まどか
大学時代に北京に留学したことを機に中国の面白さにはまり、卒業後株式会社サーチナに入社。メディア事業部にて中国の政治、経済、エンターテインメントなどの記事を担当。その後株式会社NNAに入社し、台湾の経済、IT分野を中心に執筆している。執筆がはかどらない時は台湾のアーティスト、周杰倫(ジェイ・チョウ)の音楽をバックミュージックにしてパソコンに向かった。

メディア登場歴

「寺島尚正 ラジオパンチ」2008年3月14日(金)12:15~30
ファーストフードマニアの中国担当、黒川真吾さんが、中国のファーストフードについて語りました。

書評

[週刊大衆 2011/10/24]

パクリ屋・中国のファーストフード店。マクドナルドとケンタッキーで「マッコンキー」、Sを取って「モバーガ」、野を田に変えて「吉田家の牛丼」 etc。世界的にも有名なあのチェーン店が思わぬ形でパクられていた! 思わず「ヒドい!」とツッコミを入れたくなる。“パチものファーストフー ド店”を一挙大公開!

[たのやく 2008/6/8]

躍進目覚ましい中国、そしてもうすぐ北京オリンピック!そして何だかいつの間にか毒餃子はうやむやになってしまった……。そして実は中国は食べ物・食品だけでなく、食べ物を売っている店自体がそのまま毒々しく、また偽装っぽく、そしてマヌケだったのだ!マクドナルド+ケンタッキー=マクタッキーはもちろん、吉田屋の牛丼、中国流スマイルの客に対する怒鳴りつけ、全くワケが分からないものが乗っかってる回転寿司など中華圏のヘンな外食チェーンを一大暴露!

[読売ウィークリー 2008/3/16]

15年以上前、台湾の高雄で麥當勞(マクドナルド)に入った。店内に滑り台やジャングルジムが置かれていた。今日では日本の郊外店でも珍しくないが、当時、私は初めて見た光景に圧倒された。味は日本に比べて大差なかったが、「国が違えば店舗スタイルも違うんだな」と教えられた、と覚えている。
世界各国のファーストフード店を紹介するという壮大な企画で、Vol7まで刊行予定だ。第1巻は中国、台湾、香港が舞台。各国の状況に詳しい3人のライターが、それぞれ担当。飲み、食い、そして、店舗の内外装、店員、メニュー、店内の雰囲気などの写真を紹介する。「よくここまで撮影できたな」と思いたくなるが、そこは一苦労あったようだ。もっとも、取材許可を本社に申請しても、実現するわけもない。なにせ本書の意図は、冷やかし半分のノリ。日本の店、ライバル店との味やサービスの比較など粗探しも容赦ない。
日本で馴染みの店もあれば、「こんな店もあるのか」と楽しめる。旅行やビジネスで訪れる際、実に役立つ。甘くないソフトドリンクはまず存在しない、という各国共通のスタイルを知るだけでも大きい。

ノンフィクション作家・小林照幸

[日経デザイン 2008/3/8]

世界のファーストフードチェーンを紹介するシリーズの第一弾として、中国・台湾・香港を取り上げている。
メニューの不思議さや類似や模倣の大胆さなどに話の中心が置かれ、デザインに重きをおいたものではないものの、中国(語圏)市場におけるチェーンが、どう広がり、どんなものが人気を得るのか、背景を知るには格好の資料となるだろう。
台湾や香港は日本に近い感覚があるが、マクドナルド(麦当労)とケンタッキー(麦肯基)を生みだしてしまう中国本とを理解するには、まだまだ時間がかかりそうだ。

[東京カレンダーモバイル 2008/3/1]

大好きなファーストフード店が、アジアのお店はこうなっているという、カタログのような一冊です。
最初のページから笑わせてくれます。マクドナルド+ケンタッキーが合体してマクタッキー!?なんて、著者も凄いこと書いています。マスコットキャラクターもチキンで、どこから引っ張ってきたの?と思わせる人形が、お店の前に立ってます。牛丼の「吉田屋」」MOS BURGERの「S」が白抜きのモスバーガーもどきなどなど。面白くて笑っちゃうお店が、わんさか載っております。
アジア旅行する方は、ガイド本のひとつとして持っていってもいいかも……。

オリオン書房ノルテ店販売担当:渋谷正一

[週間アスキー 2008/2/26]

マクドナルドとケンタッキーを足して2で割ったようなパチもの店、本社が撤退しているのに店舗だけ営業を続けているモスバーガー。ファーストフードからアジア各国のお国柄が見える。

[チャモーレ 2008/3/8]

中華圏に店舗を構えるファーストフード店や外食チェーンを徹底調査。著者自らがその店に行き、食べ、調べているだけにその詳細な描写は読み応え満点だ。

[イザ! 2008/2/18]

外国に進出した場合は、現地の消費者に合わせた工夫も求められる。特に中国や台湾など、外食が大きく発展し、かつ、長い伝統に裏打ちされた食文化があるような地域では、現地に合わせた修正が欠かせない。
本書は、そんなファストフードチェーンが、中国や台湾でいかに現地化しているのかを知る第一級の資料といえる。
と同時に、似て非なる中国発祥のチェーンなども満載。ビジネスやオリンピック観戦で中国のファストフードを利用する可能性がある人には、ガイドとしても役立ちそうだ。

サーチナ・中国情報局 2008/1/21]

世界でもっとも権威あるグルメガイドの『MICHELIN GUIDE』の東京版とほぼ同時期に発売されたのがこの本。収録されているのは中国・台湾・香港に店舗を構えるファーストフード店の食べ歩きガイドで、取材対象は中国に進出したマクドナルドやケンタッキーなどを筆頭に、日本陣営では牛丼の吉野家をはじめ大手の回転寿司チェーンやドーナツ店が紹介され、間違ってもミシュランの調査員が訪れることのないジャンクフード店がならぶ。
特筆すべきは、これらの本家を模倣した現地企業が多数紹介されていることだ。巻頭のグラビアページではマクドナルド+ケンタッキーでマクタッキーなる店舗を紹介。店名から想像できるように、ここのメニューはあちこちのファーストフードチェーンの寄せ集め。お味の方はどうかと言えば、やはり……。続く紹介には、元禄寿司⇒元緑寿司、吉野家⇒吉田屋、Subway⇒Subberと、スゴイ店舗がならぶ。

日刊サイゾー 2008/1/17]

昨年、偽ディズニーランドとして世界中にそのニュースが配信された中国の「北京石景山游来園」。作りの稚拙なミッキーやドナルドなどのキャラクターたちは世界中から失笑と反感を買った。これに限らず、アジア全土には偽物やパクリが横行しているのは、もはや周知の事実。
このたび、そんな本物、偽物を含む中国、台湾、香港のファーストフード店を、紹介した『ファーストフードマニア』(社会評論社/1890円・税込)なる本が発売された。
本の中には、マクドナルドとケンタッキーフライドチキンを掛け合わせた「マッコンキー」や、牛丼の吉野家そっくりな「吉田屋」、スターバックス風のロゴの「e COFFEE」などなど、本物と間違えて入ってしまいそうなお店がいくつも紹介されている。

▲ページTOPへ