トップ > 図書目録 > カルチャー 【サブカルチャー】 > 書籍詳細 : ニセドイツ2

図書目録

カルチャー 【サブカルチャー】

ニセドイツ2

共産趣味インターナショナル(Cominterest)

ニセドイツ2

≒東ドイツ製生活用品

伸井太一

価格: 1900円+税
発行日: 2009年10月22日
版型: 四六判並製
ページ数: 160頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-1113-6
Cコード: C0030
購入する
詳細内容

乙女心も刺激する数々の共産主義デザイン! オスタルギーに胸キュン! ドイツ民主共和コックの料理本、ロック、宝くじ、ファミコン、エロ本、ビビル、カフェ等々「東」と付くだけで一気に怪しさプンプンプン!!

【目次】

002■はじめに
003■目次
004■国営スーパー「ハーオー」:世紀末覇王伝説
008■パンとケーキ:パン共産主義運動
012■チョコレート:共産主義は甘くない
016■料理:ドイツ民主共和コックのクルト・ドルマー
018■ファーストフード:スーパー・差異ズ・ミー
022■コーラ:共産党員 料
024■ビール:あまりの不味さにビビール
029■コーヒー:東ドイツ珈琲の可否
031■ワイン:赤ずきんに乾杯!
032■カクテル:社工場ではなく社交場へ
034■洗剤・石鹸:共産主義の洗剤能力
041■歯みがき粉:思想・農・労を防止
046■トイレットペーパー:拷問道具
048■ファッション:資本主義ファッショニズムに対抗
058■旅行:社会(主義)見学!
070■スポーツ :官吏スポーツ
075■音楽:調律された共和音
078■宝くじ:「共産体制」でも一攫千金?!
082■タバコ:労働の後はタバコで一服、休まっち
083■東独ジョーク:心に届くジョーク?
085■共産主義エロス:『ザ・雑誌』
089■子供同志のアカるい遊び
093■おもちゃ:東独とーいえば、玩具
096■ボードゲーム:東独が舞台の暴・・動ゲーム
098■テレビゲームは国家の誇り?
101■ザンドマン:砂男は眠らない
106■メッキーマウスはハリネズミ
112■児童文学:社会に供さんと志す若者を育成
115■家具、食器:共産党員テリア
120■信号機アンペルマン:アカ信号は止まらない!
126■オスタルギー:オスト、たぎる!
132■博物館:東ドイツの歴史ここにあり
136■魅惑の東ベルリン・ツアー(一泊二日コース)
147■東独カフェ:マルクス経済におけるカフェー価値論?
150■東ドイツ土産:共産主義の余剰価値
152■ddr雑貨(大阪):「西」にある東ドイツ雑貨店
154■マルクト(東京):サッカーから雑貨ぁへ
156■注
158■おわりに:東ドイツ製品のモノ語り
159■ドイツ民主共和国関連の略年表と地図

著者略歴

伸井太一
京都府生まれ。北海道大学文学部卒。東京大学大学院修士課程修了。修士(学術)。専門は、ドイツ現代史。2006~2009 年までベルリン在住。現在、研究者兼フリーライター(ドイツ文化・歴史、サブカルチャーなど)。著書に『ニセドイツ1』がある。

書評

[ダ・ヴィンチ2010年1月号 2010/1/1]

タイトルは「ニシドイツ」のもじりで、1949年に建国されベルリンの壁崩壊とともに消滅した東ドイツの、国営企業カタログを勝手に作ってみたという趣向。共産主義者ならぬ共産主義車トラバント、共産主義の協賛(プロパガンダ)など、最後まで洒落が徹底している。

[ハチマルヒーローVol.13 2010年5月号 2010/5/1]

本書ではそんな東ドイツの国営企業が作っていた商品が、いかにニセモノくさいかという切り口で、カタログ風に紹介している。東ドイツ製品の背後事情を解説して、東独の社会体制の矛盾などを面白おかしく紹介してくれる。

[毎日新聞 2009/11/22]

世には、「共産趣味」なる言葉があるらしい。旧共産圏のバッジなどを収集したり、プロパガンダ映画などのキッチュさを楽しむ趣味である。監視国家の重圧を知らない人が、そのただ中にあった生活を消費するのだから、不謹慎な話だ。それでも本書の写真からは、乗用車にあこがれたり、より美しく着飾りたがるような、ごく当たり前の人間の営みがかいま見え、何かほっとする。その営みが、これらの品々の「祖国」を崩壊させたと改めて記憶するためにも、本書の意義はある。

FujiSankei Business i 2009/10/31]

本書は、その「オスタルギー」を思い起こさせる商品にスポットをあてた。東ドイツ国営企業が製造した工業製品はいかにニセモノ臭いか、という切り口で製品を紹介するとともに、その背後にあった東ドイツの共産主義体制の矛盾などをあぶり出す。
紙でできた自動車や注文して17年後に納品される自動車なども含め、こうした製品をカタログチックにみることができる珍しい一冊。写真はみな、どことなくなつかしい。

▲ページTOPへ