トップ > 図書目録 > カルチャー 【サブカルチャー】 > 書籍詳細 : 世界ナンバー2列伝

図書目録

カルチャー 【サブカルチャー】

世界ナンバー2列伝

世界ナンバー2列伝

史上最強補佐役・宰相・顧問・右腕・番頭・黒幕・参謀

山田昌弘

価格: 1900円+税
発行日: 2013年11月8日
版型: 四六判並製
ページ数: 304頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-1117-4
Cコード: C0022

詳細内容

君主以上に大活躍!! サブリーダー武勇伝! 序列2位ヒーロー大全!国の主を祭り上げ、実権を握って、進むべき国の針路を切り開いた、歴史のもう一人の主人公達。国家元首じゃないのに国を導いた、歴史の名脇役達76 人。副社長、副頭取、副主任などトップ直下の役職、感情移入しまくり!

【目次】

2 前書き

11 第1章 西欧

12 オルデンバルネフェルト=名将マウリッツを補佐してオランダ独立戦争を戦った政治家
15 リシュリュー&マザラン=ルイ一三世とルイ一四世を支えてフランスブルボン朝の最盛期を築いた名宰相
21 ウォルポール=ジョージ一世を支えてバブルの後始末などに活躍したイギリス最初の首相
26 小ピット=愛国王ジョージ三世を支えてイギリス政界刷新に成功した若き首相
29 ディズレーリ=ビクトリア女王に愛された外交上手な大英帝国首相
34 ビスマルク=ヴィルヘルム一世を支えてドイツ統一に剛腕を振るった鉄血宰相
40 【コラム①】名補佐役に学ぶ上司の扱い方


41 第2章 北欧・東欧

42 アブサロン=中世デンマークの英主バルデマー大王を聖俗両界に渡る活躍で支えた親友
45 ビテーズ=ハンガリーの英雄「正義の王」マーチャーシュを支えた元個人教師
48 ザモイスキ=ステファン・バートリらを支えポーランドを内憂外患による衰退から守った名補佐役
53 オクセンシェーナ=スウェーデンの天才国王グスタフ・アドルフを補佐した氷の宰相
56 メンシコフ&ポチョムキン=
ロシアのピョートル大帝、エカチェリーナ大帝を支えた胡散臭くも有能な補佐役達
62 ブラティアヌ&スタンボロフ=ルーマニア王カロル一世とブルガリア王フェルディナンドを支えて
近代化改革に励みビスマルクに喩えられた名補佐役
66 モロトフ=ソ連の独裁者スターリンから最重要課題を任され続けた忠実無比な名補佐役
69 【コラム②】上司は有能すぎる補佐役にいかに対抗すべきか


71 第3章 南欧

72 パルメニオン=古代マケドニアの大征服者アレクサンドロス大王の連戦連勝を支えた老練の副将
76 ルクルス=古代ローマの軍閥首領スラを支えた有能だが人望の無い補佐役中の補佐役
79 ラビエヌス=古代ローマの英雄カエサルを最期に裏切りルビコンを越えなかった親友
85 アグリッパ=古代ローマ帝国創始者オクタウィアヌスの戦下手を補い政治にも才能を発揮した名補佐役
88 マクシミアヌス=古代ローマ帝国の再建者ディオクレティアヌス帝を支えた精力溢れる次席皇帝
91 アルマンスール=王母スブフの寵愛を受け少年王ヒシャームの下で
政治を掌握したイスラム国家後ウマイヤ朝の不世出の英雄
94 ポンバル=ポルトガルの首都リスボンを大震災から再建して国王ジョゼ一世の絶対的な信任を得た名宰相
97 アランダ=カルロス三世の下で辣腕を振るいスペイン社会の開明に努めた政治改革者
100 カブール&クリスピ=イタリア統一の英雄ビットリオ・エマヌエレ二世とガリバルディを支えた名補佐役たち
106 サラザール=ポルトガルの独裁者カルモナ将軍に抜擢されて財政危機に対処した大学教授
109 【コラム③】名補佐役の上司となるための最低限の資質について


111 第4章 アメリカ

112 ヤング=ハワイ統一の英雄カメハメハ大王を支えた西欧人助言者
115 ミカエラ・バスティダス=南米先住民反乱の英雄的指導者トゥパク・アマルを支える軍事と実務に長けた妻
118 ハミルトン=独立戦争時には副官として独立後には財務長官として
アメリカ初代大統領ワシントンの全幅の信頼を受けた名補佐役
121 デサリーヌ=ハイチ独立運動の英雄トゥサン・ルヴェルチュールを補佐した猛将にして独立ハイチの初代皇帝
127 サンタンデル=南米独立運動のカリスマ指導者シモン・ボリーバルを支えた実務家肌の副将
132 バーンズ=アメリカ大統領フランクリン・ルーズベルトを補佐して
アシスタント・プレジデント(大統領補)と呼ばれた男
138 ニクソン=アメリカの人気者アイゼンハワー大統領の陰で身代わりとなって汚れ役や尻ぬぐいを務めた副大統領
141 【コラム④】古典から学ぶ補佐役の遇し方


143 第5章 アフリカ・中東・中央アジア

144 イムホテプ=史上最初のピラミッドを設計した古代エジプトのジョセル王の名宰相
147 スレナス=オロデス王を補佐してローマ帝国の侵略という国難に当たった古代パルティア最高の名門貴族
150 アムル&アブー・ムスリム=ムアーウィヤとサッファーフを補佐して
王朝交替を成し遂げた初期イスラム帝国の知謀の補佐役達
155  ニザーム・アルムルク=アルプ・アルスランとマリク・シャーを補佐して
セルジュク・トルコ帝国の最盛期を導いた大宰相
158  ジョチ・カサル=史上最大の征服者チンギス・ハーンの建国を副将として支えた武勇の弟
161 アリー・シール・ナワーイー=幼なじみのティムール帝国国王フサイン・バイカラーを補佐して
文化的な黄金時代を演出した名補佐役
164 ラス・アルラ=皇帝ヨハネス四世の信任を受け侵略者イタリアとの戦い等で名声を博したエチオピア近代史の英雄
169 イノニュ=トルコ近代化を成し遂げた不世出の英雄ケマル・アタチュルクを助けて政治に軍事に奔走した名補佐役
175 【コラム⑤】補佐役の存在意義


177 第6章 インド・東南アジア

178 カウティリヤ=勇士チャンドラグプタを導いて大帝国マウリヤ朝を築き上げた古代インドの知謀の大宰相
181 チャン・フンダオ=チャン・ニャントンを補佐してモンゴル帝国の侵略を叩き潰したベトナムの英雄
187 ガジャ・マダ=ラージャパトニ女王の宰相としてマジャパヒト朝の最盛期を築いたインドネシアの国民的英雄
190 グエン・チャイ=レ・ロイの政治顧問として中国明朝の侵略と圧制を打ち破ったベトナムの国民詩人
193 マフムード・ガーワーン=南インドのバフマニー王国で四代の国王に仕えて繁栄の時代を築いた外国人名宰相
196 ダムロン=チュラロンコーン大王のチャクリ改革を支えタイの植民地化阻止に大きな貢献をした王族政治家
199 パテール&アリー・ハーン=インド独立の指導者ガンジーとパキスタン独立の指導者ジンナーを支えた名補佐役達
205 サルトノ=インドネシア独立の指導者「民族の誇り」スカルノを支えスカルノ逮捕の危機に対処するなどした補佐役
208 ボー・グエン・ザップ=ベトナム独立運動指導者ホー・チ・ミンの補佐役として
フランスの植民地支配を叩き潰した天才戦略家
214 【コラム⑥】古典から学ぶ補佐役の選び方


215 第7章 中国

216 伊尹&周公&管仲=殷の湯王・周の武王・斉の桓公を補佐した中国史の最初期を彩る名宰相たち
223 商鞅&蘇秦&張儀=中国古代戦国時代の超大国秦を育て上げあるいは超大国秦に抗った名宰相達
229 李斯&蕭何=中国古代の統一帝国建設を助けた秦の始皇帝および漢の劉邦の名補佐役
235 諸葛亮&張昭&荀彧=三国志の英雄劉備・孫策・曹操を補佐した名軍師・名宰相たち
242 王導&王猛=異民族が入り乱れる中国史上の大戦乱時代に天下と人民の安寧を求めて
司馬睿・苻堅を補佐した大政治家達
248 馮道=中国の五代十国の戦乱期に五つの王朝十一人の皇帝に仕えた名宰相
251 趙普=中国の五代十国時代の戦乱に終止符を打った宋王朝建国者趙匡胤を支えた知謀の名宰相
254 周恩来=毛沢東をその善行悪行全て含めて支持し続けた徹底した補佐役気質の中国首相
259 【コラム⑦】補佐役はいかにして上司の猜疑心から身を守るべきか

261 第8章 日本
262 中臣鎌足=知謀によって中大兄皇子を支え天皇家中心の国家体制樹立を図った大化の改新の功労者
265 菅原道真=優れた学識によって宇多天皇を支え政治改革に取り組んだ学問の神様
268 北条時房=鎌倉幕府の名執権北条泰時と二人三脚で歩み両執権と呼ばれる政治体制を生み出した名補佐役
271 足利直義=室町幕府創始者である英雄足利尊氏を補佐して副将軍のあだ名をつけられた政治実務に優れた賢弟
276 小早川隆景&直江兼続&堀直政=豊臣秀吉に才能を賞賛され
「天下の三陪臣」と呼ばれた戦国時代の諸大名家の名補佐役たち
282 豊臣秀長=豊臣秀吉の天下取りを支えた忠実万能な異父弟
288 伊藤博文=明治大帝と協力して日本を近代立憲国家に押し上げた明治日本の最高功労者
294 【コラム⑧】制度としての補佐役

295 参考文献

302 あとがき

著者略歴

山田昌弘
大阪府出身。京都大学法学部卒。ライトな歴史好き。軍事史とか英雄とか、派手派手しいテーマで、歴史ネタを軽くいじくり回すのが好き。軍事史話とヒーロー話なら、日本史や西洋史のみならず、インド史やアフリカ史でもわりと美味しくいただけます。軍師とか副将とかいった話題も、好みなので、そんな思いがこの本に結実しました。著書に『ダメ人間の世界史』と『ダメ人間の日本史』『世界各国女傑列伝』がある。

書評

[ミリタリー・クラシックス Winter 2014 Vol.44 2014/3/1]

歴史に名を残す国家元首たちを支え、国を導いた宰相や軍師といった補佐役たち。本書はそんなナンバー2たちを紹介する人物伝だ。

▲ページTOPへ