図書目録 一覧へ

トップ > 図書目録 > 教育・子ども 【教育の歴史と理論】 > 書籍詳細 : 東京都における児童相談所一時保護所の歴史

図書目録

教育・子ども 【教育の歴史と理論】

東京都における児童相談所一時保護所の歴史

東京都における児童相談所一時保護所の歴史

藤田恭介

価格: 2200円+税
発行日: 2017年6月26日
版型: A5判上製
ページ数: 224頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-1737-4
Cコード: C0030

詳細内容

緊急時の子どもを保護する一時保護所は、たんなる器ではない。
子供を保護するという言葉の中には、おのずから教育的、保育的配慮をするという意味が含まれ、安全と健康を守り、心の安定を図るという具体的行為が義務づけられているのだ。
児童相談所の中でも、なかなか陽の当らない一時保護所の歴史意を明らかにし、その課題を探る。

【目次】

序章 頑張れ! 一時保護所


第1章 創成期の一時保護所(明治5年~昭和20年まで)
第1節 はじめに
第2節 一時保護所の萌芽と進展
第3節 相談業務の開始(一時相談、医学・心理診断のはじまり)
第4節 昭和初期の一時保護施設の実態
第5節 昭和初期の幼少年保護所の活動状況
第6節 戦前の児童保護事業の終焉
第7節 結果と考察


第2章 新しい児童相談所の設立(昭和20年~昭和28年まで)
第1節 概説
第2節 焼け跡からの復興
第3節 戦災被害児童への国の対応
第4節 東京都下における浮浪児対策の展開
第5節 児童福祉法施行と児童相談所
第6節 結果と考察


第3章 復興する児童相談体制と一時保護所(昭和28年~昭和49年まで)
第1節 概説
第2節 昭和30年代の動き
第3節 河田町の由来と児童相談所設置の経過
第4節 河田町時代の児童相談所の組織運営体制
第5節 河田町移転後の中央児童相談所の体制
第6節 昭和30~40年代の動き
第7節 昭和41(1966)年度の一時保護状況
第8節 昭和42(1967)年度の一時保護状況
第9節 昭和40年代後半の一時保護の状況
第10節 考察とまとめ


第4章 充実する児童相談体制(昭和50年~平成6年)
第1節 概説
第2節 児童相談センターの開設
第3節 一時保護の体制
第4節 児童相談所の増設の経過
第5節 一次保護体制の整備
第6節 一時保護所の課題
第7節 昭和60(1985)年から10年間のあゆみ
第8節 「一時保護所運営の手引き」の発行
第9節 一時保護所における児童の処遇改善の取り組み
第10節 あらためて一時保護所の役割を問う
第11節 考察とまとめ


第5章 変革期の児童相談所一時保護所(平成6年~平成24年)
第1節 概説
第2節 児童相談所及び一時保護所の設置に関する動き
第3節 東京都児童相談所改革の取り組み
第4節 児童虐待対策強化の対応
第5節 平成13(2001)年度の児童相談所の取組みの状況
第6節 平成14(2002)年度の児童相談所の取組みの状況
第7節 平成15(2003)~平成17(2005)年度の児童相談所の取組みの状況
第8節 平成17(2005)~平成18(2006)年度の児童相談所の取組みの状況
第9節 平成19(2007)年度の児童相談所の取組みの状況
第10節 平成22(2010)年度の児童相談所の取組みの状況
第11節 児童相談所の区移管について
第12節 平成23(2011)年度の児童相談所の取組みの状況/
第13節 平成23(2011)年度の一時保護の概況
第14節 平成24(2012)年度の一時保護の概況
第15節 一時保護児童のエピソード
第16節 一時保護所の実績
第17節 考察とまとめ


おわりに 各時代の一時保護所をめぐる総括

著者略歴

藤田恭介
こども教育宝仙大学こども教育学部幼児教育学科教員。1950 年、静岡県生まれ。1973 年4 月、東京都民生局(現、福祉保健局)に福祉指導職として入都。知的障害児施設、養護施設(現、児童養護施設)、教護院(現、児童自立支援施設)、児童相談所などに勤務。2015 年4 月より現職。

▲ページTOPへ