トップ > 図書目録 > 教育・子ども 【大学】 > 書籍詳細 : 研究不正と国立大学法人化の影

図書目録

教育・子ども 【大学】

研究不正と国立大学法人化の影

研究不正と国立大学法人化の影

東北大学再生への提言と前総長の罪

松井恵 / 高橋禮二郎 / 大村泉 / 日野秀逸

価格: 2000円+税
発行日: 2012年12月6日
版型: A5判上製
ページ数: 240頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-1488-7
Cコード: C0030

詳細内容

研究不正と大学の私物化が、東北大学という一大学の問題ではなく、日本の大学行政・研究費政策という構造的理由を背景に引き起こされたものであることを、詳細に明らかにする。2004年の国立大学法人化によって、研究資金をめぐる大学間、個人間の競争が政策的に強化され、これが、研究不正発生の温床になった。また、大学運営における「ムラ」的体質が、研究不正を隠蔽・継続させる要因であり、大学私物化の背景であることが解明されている。

【目次】

研究不正と国立大学法人化の影*目次
はじめに 6
第一章 研究に関する不正と国立大学法人化 13
第一節 京大の元教授の収賄事件 13
第二節「預け金」と研究費の「選択と集中」 15
第三節 研究費の不正使用 16
第四節 研究そのものの不正 19
第五節 ムラ社会の問題 20
第六節 大学内での権力の集中 26
第七節 国立大学法人化 28
第八節 法人化以降の国立大学への懸念 32
第九節 東北大学前総長・井上明久の研究不正問題 35
第一〇節 研究不正をチェックする第三者機関を 42
第二章 国立大学法人化と東北大学 50
井上、東北大学法務課長による出版妨害書簡 50
第一節 井上前総長の下での大学私物化 51
(一)研究不正告発と東北大学の対応:「対応委員会」について 51
(二)学内ルールでは説明できない井上前総長のユニバーシティプロフェッサーへの就任 57
(三)旧帝大総長並みの高給 元キャリア官僚 北村幸久東北大学前副学長 64
第二節 動かなかった東北大学総長選考会議員・教育研究評議員 71
(一) 総長解任の申し出 71
(二)二人の前研究所長による学内全部局長の説得 73
(三)Nature誌の批判 74
(四)東北大学職員組合の公開質問状、総長解任請求書 74
第三節 総長選考会議員・教育研究評議員はなぜ沈黙したのか 80
(一)問題の所在 80
(二)総長専決体制 83
(三)総長裁量経費の異常な増加 88
第三章 研究不正の実態と告発の行方 101
第一節 膨大な数になった二重投稿 101
(一)研究者倫理に違反する二重投稿論文とその特徴 101
(二)究極の二重投稿(日本金属学会欧文誌における疑惑論文) 102
(三)放置されたままの二重投稿疑惑 110
(四)粉体及び粉末冶金協会誌における二重投稿と同協会の対応 114
(五)電気学会誌上における井上らの論文二重投稿と同学会の対応 115
(六)日本学士院賞審査要旨のリストにある論文の研究倫理違反と研究不正疑惑 119
第二節 新たに見出されたねつ造・改ざん論文:研究の大きなでたらめを暴く 127
(一)析出物の体積率と引張破断強度のねつ造・改ざんが確実なJIM論文 127
(二)全破断ひずみとヤング率が改ざんされ、0.2%耐力がねつ造されたAPL論文 140
(三)学術的にきわめて不適切な、原点が示されない圧縮応力
─ひずみ曲線とそれから求めた機械的性質の改ざん 149
(四)名誉毀損裁判に関わるバルク金属ガラスの作製・溶解法に関する虚偽の疑い 165
第四章 名誉毀損裁判の経緯と現状 186
第一節 名誉毀損裁判で争われている事項 186
第二節 名誉毀損裁判に関わる二論文の内容 188
第三節 「大学の研究室レベルのアーク溶解炉では、論文に書かれているような大量の合金の溶解は難しい」について 192
第四節 試料重量に関する新しい見解 194
第五節 アーク溶解における水冷方法と合金の最大溶解重量 196
第六節 試料の四分割写真について 198
追記 名誉毀損裁判の直近動向(二〇一二年一一月三日)
第五章 東北大学の再生にむけて 205
(一)東北大学学生が望むこと 205
(二)学問・研究の正義と信頼の回復(特別寄稿) 212

[メッセージ]
東北大学への檄:信頼回復に向けて今なすべきこと  前田靖男 47
杜の都仙台で  大内明子 100
二つの裏ばなし  佐藤 敬 183
フォーラム立ち上げから第1回拡大フォーラム開催まで  荒井克弘 203

[資料篇]
井上明久東北大学前総長の論文不正に関わる年表 237
表 上原亜希子と井上明久の研究不正上の類似点 233
声 明(2012年3月6日) 231
『ネーチャー』誌で取り上げられた井上の論文不正問題 224

著者略歴

松井恵
弁護士、1984年東北大学法学部卒業、1993年弁護士登録、1998年仙台地裁判事補分限裁判事件弁護団事務局長ほか。

高橋禮二郎
元東北大学教授、1944年生まれ。工学博士。専門:鉄冶金学・環境工学。

大村泉
1948年生まれ。東北大学大学院経済学研究科教授、経済学博士。

日野秀逸
東北大学名誉教授。1945年生まれ。日本医療福祉生活協同組合連合会副会長理事、国際保健協同組合協議会(IHCO)副会長、医学博士、経済学博士。

▲ページTOPへ