トップ > 図書目録 > 海外事情 【アメリカ・ラテンアメリカ】 > 書籍詳細 : エル・ミラドールへ、そのさらに彼方へ

図書目録

海外事情 【アメリカ・ラテンアメリカ】

エル・ミラドールへ、そのさらに彼方へ

エル・ミラドールへ、そのさらに彼方へ

メソアメリカ遺跡紀行

土方美雄

価格: 2600円+税
発行日: 2014年2月6日
版型: 四六判並製
ページ数: 338頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-1351-2
Cコード: C0030

詳細内容

グアテマラのジャングルの中にあるマヤ文明の遺跡=エル・ミラドールを初めとして、様々な高度文明が繁栄したメソアメリカの遺跡に惹かれた「遺跡オタク」による古代文明探索のドキュメンタリー。

【目次】

第1章 ふりだしの地への旅ーユカタン半島からメキシコ中央高原へ
第2章 エル・ミラドールとその周辺ーグアテマラ・ペテン低地
第3章 オアハカ時間ー遺跡と街と人々と
第4章 チアパスのマヤ遺跡とまだ見ぬピエドラス・ネグラスへーマヤとオルメカ、その起源と衰亡
第5章 メキシコ・グアテマラ・ホンジュラス横断ー見果てぬ夢
第6章 メソアメリカーその過去・現在・未来

著者略歴

土方美雄
フリーランス・ライター。古代アメリカ学会会員。ラテンアメリカ探訪(旧メキシコ学勉強会)世話人。主な著書は「靖国神社」(社会評論社)「京セラ その光と影」(れんが書房新社)「検証国家儀礼」(戸村政博・野毛一起との共著、作品社)「アンコールへの長い旅」「北のベトナム、南のチャンパ」「マヤ終焉」(以上、新評論)「写真でわかる謎への旅 メキシコ」(辻丸純一との共著、雷鳥社)「ミステリー&ファンタジーツアー マヤ/アステカ」「マヤ・アステカの神々」(以上、新紀元社)「トッピング充実!メキシコ音楽タコス」(共著、中南米マガジン)「アンコールに惹かれて」(社会評論社)等

▲ページTOPへ