トップ > 図書目録 > 海外事情 【ヨーロッパ】 > 書籍詳細 : 石も夢みるスペインロマネスク

図書目録

海外事情 【ヨーロッパ】

石も夢みるスペインロマネスク

石も夢みるスペインロマネスク

村田栄一

価格: 3400円+税
発行日: 2007年3月8日
版型: A5判
ページ数:
ISBNコード: ISBN978-4-7845-0905-8
Cコード:
購入する
詳細内容

ヨーロッパの田舎めぐりをしていると、小さくて、ずんぐりした素朴で古拙な教会や彫刻壁画などに出会う。その魅力にとりつかれた著者がスペイン各地のロマネスク様式の造形物を追いかける。(2007・3)

【目次】

旅のはじめに……17
序 ロマネスク讃歌……19
ロマネスクはロマンチック?……20
なぜ、同時多発の共通様式だったのか……21
それがなぜロマネスクなのか……29
ロマネスクの魅力ってどんなところ?……30
1 幻のシンフォニー……41
バルセローナ発祥の地モンジュイック……42
ワイマール体制の崩壊とナチスオリンピック……43
ナチス五輪を拒否してバルセローナへ……45
涙のリハーサル……46
蘇った幻のシンフォニー……49

2 美術館の丘……51
歩きはじめはエスパーニャ広場から……52
ミロ美術館-若い世代への美空間……54
放浪のカタルーニャ美術……56
ピレネーの村々から運ばれてきたロマネスク壁画……58

3 処刑の丘……63
五角形星型城砦から三角地帯へ……64
アルカイックな象徴で飾られた野の教会……65
銃殺されたフリースクールの創設者……66
フランシスコ・フェレル……67
近代学校の革新性……69
近代学校運動の水脈……73
銃殺の丘-もうひとりの犠牲者……76

4 ガウディこぼれ話……79
ガウディびいきの日本人……80
グエル公園に見る奇想と合理……81
バルセローナの石彫り青年……83
ラッパを吹く天使に顔を貸した男……85
魂の海をゆく宇宙船……87
世界最大の楽器……87

5 バルセローナ路上観察……91
下を向いて歩こう……92
蘇った路上時計……93
街路樹の根元に優しさが見える……95
バルセローナのおすすめゴシック……96
コラム◎食事……99
   
6 ロマネスクに魅せられて……101
ロマネスクとは……102
森有正氏への違和感……103
ロマネスクとの出会い……106
高坂知英氏に同感……110

7 バルセローナからの日帰りロマネスク……113
ジローナのユダヤ人……114
刺繍された天地創造図……115
フィゲレスのダリ劇場美術館……119
ダリの聖母ガラ……120
ビックの司教区美術館は見逃せない……122
中世スペインの学問都市リポユ……124
ルネッサンス揺藍への中継地……126
オリバの蒔いた種はフランスで結実した……128
石の黙示録……131
石に刻まれた農時暦……133
レコンキスタへの願望をこめたファサード……135
サン・クガット・ダル・バリェスのロマネスク回廊……138
西ゴートの首都テラッサ……139
テラッサのYOKOHAMA……142
コラム◎レンタ・カー……146

8 カタルーニャ ロマネスク ドライブ……149
いよいよ車で走り出すその前に……150
カタルーニャの聖地モンセラ……150
モンセラ少年合唱団を最初に聴いた日本人……152
ロヨラ回心の地マンレサ……154
夏草が茂る静寂の回廊バジェス……156
ロンバルディア帯がみごとなカルドナのサン・ビセンス……157
アルカイックな「祈る人」のソルソナ……159
洗練された扉口アーチが美しいアグラムント……160
初期ロマネスクの魅力を伝えるコル・デ・ナルゴ……161
カタルーニャ最古のカテドラル-セウ・ドゥルジェユ……163
国宝級の宝物-ベアトゥス写本……165
ベアトゥス写本-その色彩の表意性……168
坂道の国アンドラ公国……169
小振りなたたずまいが魅力的なアンドラのロマネスク教会……171
壁画をはぎ取られたサン・キルザ・ダ・パドゥレット……174
後陣のロンバルディア帯が美しいサン・ジャウマ・ダ・フロンタニャ……176
スペイン屈指のすばらしい回廊を残すラスタニュ……177
湖畔の断崖に残るサン・ペラ・ダ・カセレス修道院……178
中世村落の美しさを保存したルピッ……179
崖っぷちに連なる民家が美しいカステリフォジット・ダ・ラ・ロカ……180
要塞橋に守られたベサル……181
地中海を一望する山上の修道院サン・ペラ・ダ・ロダス……181
十字架降下群像を残すサン・ジュアン・ダ・ラス・アバデサス……184
ピレネーのかくれ里ベジェ……185

9 ガバチョの国のロマネスク……189
ガバチョの国……190
これほど野性的な聖母マリアもめずらしい……192
ロマネスク彫刻の誕生……194
エルヌ大聖堂回廊の柱頭彫刻……196
緑に包まれた山中のバラ色彫刻……197
カザルスの亡命地プラド……199
回廊の半ばを持ち去られた修道院……201
山頂台地の絶壁回廊……203
異端カタリ派最後の牙城モンセギュール……205

10 ロマネスクの宝庫……207
ピレネーのふところ深く……208
山のかなたのアラン谷……209
丘の上の回廊がすばらしいサン・ベルトラン・ド・コマンジュ……212
歌とノヴィアの谷……214
羊鈴が空に響くドゥーロ……215
ボイの殉教板絵……218
俗化したカタルーニャ・ロマネスクの結晶タウイ……220
サンタ・マリアから山上の礼拝堂へ……223

11 ピレネーに沿ってアラゴンへ……227
アラゴンの古都アインサ目指して……228
秘境オルデサ国立公園をちょっと……229
中世村落の美しさを留めたアルケサール……230
明日はウエスカでコーヒーを飲もう……231
国境の古都ハカ……233
洞穴の教会ペーニャ……235
巨岩に抱かれた村アグエロ……238

12 ナバーラあちこち……241
ナバーラ王国の霊廟レイレ……242
あちこちに YAMAGUTIがある……244
サングエサのサンタ・マリア教会扉口彫刻……245
カトリック王の生地ソス……249
城砦の町ウンカスティリョ……251         
家並みの美しい谷間の村オチャガビィア……253
難関イバニエタ峠……254
ローランの歌……255
牛に追われてパンプローナ……256

13 巡礼の道……259
オリテの祭り……260
絶景ウフェ……262
巡礼路の結節点プエンテ・ラ・レイナ……264
星降る町エスティリャ……266
道の聖者ドミニクス……270
ダムに沈んだ村……272
ロマネスク回廊の傑作サント・ドミンゴ・デ・シロス……274
コラム◎おすすめパラドール……281

14 巡礼の道西へ……285
岩も夢見るソリア……286
中世カスティリャ王国栄光の都ブルゴス……293
軒飾りが楽しいフロミスタ……299
中世の職人像を残すカリオン・デ・ロス・コンデス……301
サアーグンに残されたレンガ造り教会……305
荒野のモサラベ真珠サン・ミゲル・デ・エスカラーダ……306

15 ドゥエロとタホの流域メセタ……309
ぐるっと地平線の高原台地……310
カテドラルを壊すほどの反乱コムネロスのセゴビア……312
城壁とサンタ・テレサの町アビラ……318
スペイン庶民の魂ピカレスクの原郷サラマンカ……320
ロマネスクの美術館サモーラ……328

16 レコンキスタの聖地……335
アストゥリアス地方のロマネスク……336
不屈のゲルニカ……336
中世の風格サンテジャーナ……340
コミージャスの気まぐれ館……344
ヨーロッパの尖峰……346
レコンキスタ発祥の地コバドンガ……348
神の谷ヴァルデディオス……350
ロマネスクの原型をオビエドに見る……353
アストゥリアスの反乱……356
州境のパハレス峠へ……357

17 道はサンチャゴへ……361
史層が堆積するレオン……362
アストルガのガウディ……366
ビエルソの免罪門……368
セブレイロ峠奇蹟譚……369
ガリシアの町を過ぎて……371
窓のガリシア……373
ベンポスタこども共和国……375
栄光の門を仰いで……377
石が歌う町サンチャゴ……380

参考文献……384

あとがき……386

著者略歴

村田栄一
1 9 3 5年 横浜生まれ
1 9 5 8年 横浜国立大学学芸学部卒業
1 9 5 8 - 8 0 川崎市立小学校勤務
1 9 9 6 - 0 4 年 國學院大学講師( 教職課程/ 教育原理)
現在 教育工房主宰 現代学校運動J A P A N
『学級通信・ガリバー』『戦後教育論』『学級通信・このゆびとまれ』
『無援の前線』『じゃんけん党教育論』
『大学の授業記録・教育原理1』『大学の授業記録・教育原理2 』( 社会評論社)
『闇への越境』( 田畑書店)
『教室のドンキホーテ』『ことばがこともの未来をひらく』( 筑摩書房)
『シエスタの夢/ 私のスペイン』( 理論社)
『教育戯術』( 明治図書)
『ことばあそびをしよう』( さ・え・ら書房)
『生きているこども共和国』( 風媒社)
『授業からの解放』( 雲母書房)
『いま語る戦後教育』( 三一書房)

書評

[スペイン語講座6月 2007/3/7]

スペイン史をある程度頭に入れて読めば、楽しめるだろう。たくさんのモノクロ写真が味わい深い。

▲ページTOPへ