トップ > 図書目録 > 海外事情 【ヨーロッパ】 > 書籍詳細 : 記念碑論争

図書目録

海外事情 【ヨーロッパ】

記念碑論争

記念碑論争

ナチスの過去をめぐる共同想起の闘い(1988~2006年)

米沢薫

価格: 5800円+税
発行日: 2009年5月4日
版型: A5判上製
ページ数: 460頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-1328-4
Cコード: C0030
購入する
詳細内容

過去との対決や克服のために、誰が、誰を、どのように想起しうるのか? 2005年5月、ベルリンの壁解体後の広大な空間に「ヨーロッパの虐殺されたユダヤ人のための記念碑」が建てられた。しかしそれは最初から激しい論争の中にあった。なぜ「ユダヤ人」だけが記念されねばならないのか、なぜその場所なのか、なぜモニュメントなのか……。厖大な資料から多岐にわたる論争が浮上させた問題群を解読。

【目次】

I 記念碑論争の経緯と諸問題


 ●1 記念碑論争の前史

  1.1 ナチスの想起をめぐる西ドイツの一般的状況
  1.2 ゲシュタポ跡地の再発見─記念碑設立運動の具体的契機

 ●2 記念碑建設運動の始まり
  
  2.1 市民運動による最初の呼びかけ
  2.2 呼びかけに対する反響
   2.2.1 記念碑建設場所をめぐる対立─「財団 テロの地勢学」の設立
   2.2.2 記念碑の対象をめぐる対立─シンティー・ロマの批判
 
 ●3 「ベルリンの壁」の崩壊(1989年11月9日)とドイツ統一による論争の転換

  3.1 「ベルリンの壁」の崩壊による記念碑問題の質的転換
  3.2 ノイエ・ヴァッへ(戦争と暴力の犠牲者のための記念碑)の改築をめぐる論争とその影響─統一ドイツにおける「戦没者」の国家想起の問題
 
 ●4 記念碑芸術コンペ

  4.1 第一回記念碑芸術コンペ(1994年~)
   4.1.1 第一回コンペの呼びかけ
   4.1.2 コンペの審査結果とその反響
   4.1.3 コンペで注目を集めた作品
  4.2 第一回コンペの挫折とその後の展開(1995年~)
   4.2.1 コンペ挫折
   4.2.2 三回連続のコロキウム(1997年~)
  4.3 第二回記念碑芸術コンペ(1997年~)
   4.3.1 第二回コンペの概要
   4.3.2 第二回コンペの開催とそれに対する反響
   4.3.3 第二回コンペの審査結果
   4.3.4 コンペで注目を集めた作品
   4.3.5 コンペの反響とその後の展開
 
 ●5 コンペ「挫折」後の展開(1998年~)

  5.1 ヴァルザー─ブービス論争─想起の分離
  5.2 さまざまな動き
 
 ●6 連邦議会の議決に向かって

  6.1 記念碑と資料館の併合の提案
  6.2 記念碑と資料館の併合案に対する批判
  6.3 記念碑と資料館の併合提案に対する既存の記念館からの批判
  6.4 戒めの碑(「汝殺す勿れ」)の提案

 ●7 連邦議会の記念碑建設決議

  7.1 連邦議会決議までの経緯
  7.2 連邦議会議決(1999年6月25日)
  7.3 決議の結果とその分析


II 記念碑の根本的問題─想起の本質とその機能

 ●1 想起の主体─共同想起と国家アイデンティティー

 ●2 想起の客体─犠牲者と加害者

 ●3 想起の方法 ─記念碑の限界

 ●4 想起と芸術 ─ホロコーストの表現(不)可能性


III 記念碑の実現

 ●1 記念碑建設工事開始まで
 
  1.1 記念碑財団の成立
  1.2 「記念碑建設を支援する会」による募金キャンペーン─「ホロコーストはなかった」

 ●2 記念碑建設工事の中断と再開 ─ドイツ企業の戦争責任
 
  2.1 概略
  2.2 論争の経緯
  2.3 工事再開の決定とその反響
  2.4 工事再開後になお残る財団内部の対立

 ●3 「情報の場所」の設立

  3.1 「情報の場所」の課題と根本構想
  3.2 「情報の場所」をめぐる論争
   3.2.1 根本理念
   3.2.2 「情報の場所」の入り口の言葉─「アウシュヴィッツを二度と再び繰り返すな」
  3.3 完成した「情報の場所」とその問題
   3.3.1 「名前の部屋」
   3.3.2 他の記念館の指示─ポータル機能
   3.3.3 記念碑論争の指示
 
 ●4 完成した記念碑とその問題

  4.1 記念碑でのデモや集会の法的規制
  4.2 記念碑除幕式
  4.3 記念碑の一般公開
  4.4 結語
 
 ●5 共同想起に関わる現在の問題

  5.1 他の記念碑建設問題のその後の経緯
   5.1.1 シンティー・ロマの記念碑をめぐる論争
   5.1.2 ナチスの資料センター「テロの地勢学」(ゲシュタポ跡地)
   5.1.3 同性愛者の記念碑
  5.2 戦争の共同想起に関わる現在の記念碑問題
   5.2.1 犠牲者としてのドイツ人─故郷追放者の記念碑
   補論 ワルシャワ・ゲットー跡記念碑とヴィリー・ブラント記念碑
   5.2.2 兵役拒否者の記念碑─ハルベの戦没者墓地をめぐって
   5.2.3 「加害者」の現場─トプフ&ゼーネ工場跡
   5.2.4 日常における記念碑─「躓きの石」
  5.3 共同想起をめぐるもう一つの闘い─東独の記念碑
   5.3.1 共和国宮殿とベルリン宮殿─想起の入れ替え
   5.3.2 フンボルト大学本館のフォイエルバッハ・テーゼ記念碑─記念碑からメタ記念碑への転換
   5.3.3 ソ連戦勝記念碑─共同想起の「飛び地」

著者略歴

米沢薫
立教大学文学部キリスト教学科卒業、同大学院文学研究科組織神学専攻、修士課程修了。同博士課程中退。
1991年渡独。ベルリン・フンボルト大学で社会学、政治学を学ぶ。
元ドイツ学術振興会(DFG)研究員。現フンボルト大学日本文化研究センター研究員。

書評

[週刊読書人 2009/10/30]

この論争自体を綿密に記録し過不足なく跡づけることは歴史的に大切な意味合いをもっているのである。本書は、現在にいたるまでのこの論争の全体的な流れと論点を、膨大な資料にあたり委曲を尽くしてよく整理再構成しており、大変な労作である。

芝健介

[宮崎日日新聞 2009/8/2]

著者は市民運動による建設呼び掛けから、連邦議会の決議までの約10年間を軸に、論争の流れと論点を当時の資料を基に再構成。その中で過去とどう向き合い、克服するかといった普遍的な問題を提起している。

[Ministry 2009 Summer vol.2 2009/8/1]

「虐殺されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑」。通称「ホロコースト記念碑」は、ベルリンの壁が壊される以前の1988年に提起され、2005年に完成している。本書は、「ホロコースト記念碑」建設に至るまでの17年間、そして現在も論議が続けられている「記念碑論争」をまとめたものである。「受動的犠牲者」と「能動的犠牲者」、また「犠牲者となった加害者」という概念が用いられ、犠牲者の区別について深く掘り下げられた論議などが、多数掲載された資料・写真をもとに丁寧に紹介されている。

[週間読書人 2009/7/31]

迫害されたユダヤ人。だが、彼らのための記念碑が建てられるとき、そこに〈特別な被害者〉と〈無名の死者〉との間の相克が生じ、記念碑建立自体の政治性が露わになる。

[靖国・天皇制問題情報センター通信 2009/5/31]

記念碑をめぐって論じられた数多くのテーマや、それに伴う膨大な資料の中からの取捨選択は、日本の読者向けに考えられている。本書は、ドイツと同様に戦争の直接体験から共同想起への移行という過渡期にある日本の戦争責任や共同想起をめぐる議論をする際には、避けて通れない文献資料である。とりわけ、シンティ・ロマとの関連で論争された犠牲者を区別することによる「犠牲者のヒエラルキー」の問題や、国立追悼施設ノイエ・ヴァッヘの関連で論争された「犠牲者」という名前によって、「受動的犠牲者」「能動的犠牲者」「犠牲者となった加害者」が十把一絡げにされてしまう問題などが浮き彫りにされているのが興味深い。

▲ページTOPへ