トップ > 図書目録 > 海外事情 【ロシア・東欧】 > 書籍詳細 : プーチン露大統領とその仲間たち

図書目録

海外事情 【ロシア・東欧】

プーチン露大統領とその仲間たち

プーチン露大統領とその仲間たち

私が「KGB」に拉致された背景

塩原俊彦

価格: 1700円+税
発行日: 2016年4月28日
版型: 四六判並製
ページ数: 192頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-1549-3
Cコード: C0030

詳細内容

プーチン政権の治安管理と「秘密の富」隠匿の実態を暴き、ロシアという国家の現状を解明する。


 2016年2月20日、著者は取材のため滞在したモスクワで連邦保安局(FSB、ソ連時代のKGBの後継機関)に拉致された。一体なにが起きたのか。スパイをつくるための罠が仕掛けられていたのだ。こうしたFSBの手口を白日のもとに曝す。

 さらに、KGB出身のプーチンがいかにして国家権力を掌握し、それを維持してきたのか。プーチン政権を背後で支える治安機関と「秘密の富」を隠匿する盟友たちの実態を克明に暴く。

 本書をとおして、ロシアという国家の現状が赤裸々に解明され、「可死の神」としての主権国家の根本問題が論究される。

著者略歴

塩原俊彦
高知大学大学院准教授、元朝日新聞モスクワ特派員。著書に『ウクライナ2.0:地政学・通貨・ロビイスト』(社会評論社)『「軍事大国」ロシアの虚実』(岩波書店)など多数ある。

▲ページTOPへ