トップ > 図書目録 > 現代社会論 【アイヌ民族】 > 書籍詳細 : 先住民アイヌの曙光

図書目録

現代社会論 【アイヌ民族】

先住民アイヌの曙光

先住民アイヌの曙光

民族自決権の奪回へ

堀内光一

価格: 2500円+税
発行日: 2013/6/19
版型: 四六判並製
ページ数: 376頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-1346-8
Cコード: C0030

詳細内容

アイヌのエカシ(長老)武利誠、一九二九年に釧路のハルトリ(春採)に生まれる。八〇年をこえるその人生は、差別と迫害、貧困と向きあった苦難の道程であった。このエカシの語りを主軸に、今なお先住民族としての権利は回復せず、同化政策に曝されているアイヌの現状を、現地取材と歴史的考察で描く。

【目次】

はじめに 3
Ⅰ あるエカシの記憶
幻影の釧路川左岸 11
見捨てられた〝土人部落〟 44
「そよかぜ団」 103
内なる劣等感との決別 134
Ⅱ 突きすすむ「同一化列車」
消滅した集落 165
官主導のアイヌ団体 190
手垢のついた日誌 214
お為ごかしの「ウタリ対策 」 232
Ⅲ アイヌのことはアイヌで
エカシの怨声 259
「物乞い主義」からの脱却 288
共同浴場からみえる曙光 340
主な参考文献 363
参考資料 364
あとがき 370

著者略歴

堀内光一
1949年、北海道阿寒町(現・釧路市)に生まれる。
地方紙記者などをへて、現在ルポライター。
著書 『伏わぬ人々アイヌ』(新泉社)
『軋めく人々アイヌ』(新泉社)
『消されたアイヌ地』(三一書房)
『アイヌモシリ奪回―検証・アイヌ共有財産裁判』(社会評論社)など。
その他、『図書新聞』などに短編ルポ、評論を掲載。

▲ページTOPへ