トップ > 図書目録 > 現代社会論 【ビジネス】 > 書籍詳細 : 現代社会における組織と行動

図書目録

現代社会論 【ビジネス】

現代社会における組織と行動
価格: 2800円+税
発行日: 2012年12月28日
版型: A5判上製
ページ数: 214頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-1816-6
Cコード: C0030

詳細内容

現在の世界経済システムが機能不全に陥っている状況下で、日本経済と世界経済が長期不況を脱するためには、抜本的な経済システムと企業システムの改革が求められている。時代を切り開く新しいシステムとは何か。どのようなシステムの下で、経済と企業が健全な発展を遂げることができるのか、本書はこの問題関心の下におこなわれた研究の成果である。

【目次】

現代社会における組織と企業行動*目次
はしがき i
第1章 現代経済における通貨システムの役割 奥山忠信
序 言 1
1.巨大震災の中で進行していたもう一つの危機 2
2.国債の安全神話 4
3.通貨発行システムの考察 7
4.通貨政策への提言 10
結 語 15
第2章 組織における「実践としての」戦略的意思
決定プロセスに関する考察 文 智彦
はじめに 16
1.戦略的意思決定プロセスに関する分析視角 17
1-1 コンティンジェンシー・パースペクティブ 17
1-2 戦略的選択パースペクティブ 18
1-3 社会的相互作用パースペクティブ 19
1-4 アクティビティ・ベースト・パースペクティブ 23
2.「実践としての」戦略的意思決定プロセス関する考察 25
2-1 「実践としての戦略」研究 25
2-2 実践としての戦略的意思決定プロセスにおける即興スキル 27
2-3 即興スキルの実践的活用のためのインプリケーション 29
結び―今後の課題 34
第3章 組織の分割と結合 磯山 優
はじめに 41
1.組織概念の再検討 42
1-1 組織の境界 42
1-2 社会的関係としての組織 44
2.新たな組織の形成 49
2-1 組織の分割 50
2-2 組織の結合 53
おわりに 54
第4章 中国の組織機構における権威と服従の様相 張 英莉
はじめに 59
1.先行研究の考察―権威論、組織行動論の観点から 60
1-1 スタンレー・ミルグラムの服従実験(1) 60
1-2 バーナード(Barnard, C. I. )の「権威の理論」 61
1-3 三隅二不二のPM理論と凌文のCPM理論 63
2.中国における伝統的権威・服従スタイル 65
2-1 中国人は権威的パーソナリティー(Authoritarian Personality)を持っているか 65
2-2 中国人(華人)社会における伝統的権威・服従スタイル 66
3.中国の組織成員の権威観と権威・服従に関する考え方
  ―アンケート調査の結果をふまえて 69
3-1 調査対象企業・機関の概要 69
3-2 アンケート回答者のパーソナリティー 71
3-3 調査結果の検証 72
おわりに 79
第5章 日本的流通システムの進化とチャネル関係の変容 堂野崎衛
はじめに 83
1.流通チャネルにおけるパワー関係の変容 84
1-1 大規模小売業への発展と上位企業への資本の集中・集積 84
1-2 メーカーから小売業へのパワー・シフト 86
1-3 流通系列化の動揺と崩壊 88
1-4 大規模小売業への対応のための伝統的な取引制度の見直し 91
2.対立的なチャネル関係からの脱却と新たなチャネル関係の形成 94
2-1 製販提携の進展 94
2-2 PB開発 96
2-3 PBの共同開発にみる製販提携の本質 100
まとめにかえて 101
第6章 消費者金融業界における企業再編の動向に関する一考察
     「改正貸金業法」施行に伴う動向を中心として 相馬 敦
1.「改正貸金業法」施行以前の消費者金融会社 105
2.今回の「改正貸金業法」 107
3.「改正貸金業法」施行後の消費者金融業界の状況 108
4.現状の一考察 113
4-1 消費者(借り手)側の現状 113
4-2 貸金業者(貸し手)側の現状 116
5.「改正貸金業法」施行後の「多重債務者」 118
第7章 経営学における因子分析の活用 中村健太郎
1.因子分析の概要 122
1-1 因子分析とは 122
1-2 因子分析の実際 123
2.理論的背景 128
2-1 因子負荷の初期解 128
2-2 因子の回転 131
3.経営学に有効な活用例 132
3-1 尺度構成 132
3-2 経済指標に対する適用 136
第8章 ケイ・シャトルワース『マンチェスターの綿製造業で雇用される
労働者階級の道徳的および身体的状態』における工業労働者の窮
状とその解決策について 村田和博
はじめに 138
1.工業地域で働く労働者の状態 139
2.労働者階級が窮乏する原因とその改善策 143
2-1 アイルランド人の移入 143
2-2 救貧法 145
2-3 宗教心と家政の育成、および教育の付与 147
2-4 制限のない交易 151
おわりに 156
第9章 Bethlehem Steel Corp.の産業的蓄積
     第1次大戦期-戦後恐慌・回復期 三浦庸男
はじめに 159
1.Bethlehem Steel Corp.設立からの経緯 161
1-1 設立-1910年 161
1-2 1911-1917年 168
2.大戦時-1919年期間のBethlehem Steel Corp. 173
2-1 戦時期の市況 173
2-2 1918年11月終戦-1919年の市況 178
3.戦後恐慌-回復期のBethlehem Steel Corp. 181
3-1 市況 181
3-2 Bethelehem Steel Corp.-Lackawanna Steel Co. 187
3-3 Bethlehem Steel Corp.-Midvale Steel & Ordnance Co.・
Cambria Steel Co. 192
結びに代えて-Bethlehem Steel Corp.の蓄積行動 196
索 引 205
編著者・執筆者紹介 209

著者略歴

三浦庸男
明治大学大学院経営学研究科博士後期課程単位取得満期退学
現  職 埼玉学園大学経営学部教授
専攻分野 企業論、経営史
主要著書・論文
『現代経営学要論』(共著、創成社、2007年)
『改訂版 現代経営学』(共著、学文社、2008年)
『現代社会の課題と経営学のアプローチ』(共編著、八千代出版、2009年)
『現代社会における市場と企業』(共著、八千代出版、2011年)
『現代企業要論』(共著、創成社、2011年)

村田和博
広島大学大学院社会科学研究科博士後期課程単位取得満期退学。九州産業大学大学院経済学研究科博士後期課程修了、博士(経済学)
現  職 埼玉学園大学経営学部教授
専攻分野 経営学史、経営管理論、経済学史
主要著書・論文
『経営学―学説、理論、制度、そして歴史―』(五絃舎、2005年)
『基礎から学ぶ経営学』(五絃舎、2009年)
『19世紀イギリス経営思想史研究―C. バベッジ、J. モントゴメリー、A. ユア、およびJ.S.ミルの経営学説とその歴史的背景―』(五絃舎、2010年)

中村健太郎
早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程退学、博士(文学)
現  職 埼玉学園大学経営学部准教授
専攻分野 心理統計学、行動計量学、教育測定学
主要著書・論文
『マルコフ連鎖モンテカルロ法』(共著、朝倉書店、2008年)
『共分散構造分析[実践編]』(共著、朝倉書店、2009年)
『因子分析入門』(共著、東京書籍、2012年)

相馬敦
早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得満期退学
現  職 埼玉学園大学経営学部教授
専攻分野 経済学、金融論
主要著書・論文
『基礎から学ぶ教養の経済学』(共著、八千代出版、2003年)
『経済学の基本原理と諸問題』(共著、八千代出版、2009年)
『現代社会の課題と経営学のアプローチ』(共著、八千代出版、2009年)

堂野崎衛
中央大学大学院商学研究科博士課程後期課程単位取得退学
現  職 埼玉学園大学経営学部准教授
専攻分野 マーケティング論、流通論、流通経済論
主要著書・論文
『流通の理論・歴史・現状分析』(共著、中央大学出版部、2006年)
『現代社会の課題と経営学のアプローチ』(共著、八千代出版、2009年)
『商業と市場・都市の歴史的変遷と現状』(共著、中央大学出版部、2010年)
『現代社会における企業と市場』(共著、八千代出版、2011年)
『現代流通事典』(共著、白桃書房、2006年)

磯山優
明治大学大学院経営学研究科博士後期課程単位取得
現  職 埼玉学園大学経営学部教授
専攻分野 経営組織論、医療社会学
主要著書・論文
『日本の中小企業の海外展開―成長戦略の側面から―』(日韓産業技術振興財団、2007年)
『現代組織の構造と戦略―社会的関係アプローチと団体群組織―』(創成社、2009年)
「地域医療の人的ネットワークに関する経営学的分析-訪問看護ステーションを中心に-」(共著、『埼玉学園大学紀要』経営学部篇第8号、2008年12月)
「医療機関の組織構造-訪問看護ステーションを中心に-」(共著、『埼玉学園大学紀要』経営学部篇第9号、2009年12月)
「同一法人下の医療機関の経営-訪問看護ステーションを中心に-」(共著、『明海大学経済学論集』第23巻第2号、2011年2月)

文智彦
明治大学大学院経営学研究科博士後期課程単位取得、博士(経営学)
現  職 埼玉学園大学経営学部教授
専攻分野 経営戦略論
主要著書・論文
『組織と戦略』(共著、文眞堂、2004年)
『現代社会の課題と経営学のアプローチ』(共著、八千代出版、2009年)
『現代社会における市場と企業』(共著、八千代出版、2011年)
「戦略的意思決定プロセス研究における二分法とその統合可能性」(『埼玉学園大学紀要』経営学部篇第9号、2009年)
「戦略的意思決定プロセスと環境要因の適合に関する諸仮説の検討」(『埼玉学園大学紀要』経営学部篇第10号、2010年)

張 英莉
一橋大学大学院経済学研究科博士課程単位修了、博士(経済学)
現  職 埼玉学園大学経営学部教授
専攻分野 比較経営論
主要著書・論文
『「傾斜生産方式」と戦後統制期の石炭鉱業』(雄松堂、2006年)
『現代社会の課題と経営学のアプローチ』(共編著、八千代出版、2009年)
『インドネシアとベトナムにおける人材育成の研究』(共著、八千代出版、2010年)
『現代社会における企業と市場』(共編著、八千代出版、2011年)
訳書『日本戦後史』(中村政則著、中国人民大学出版社、2008年)

奥山忠信
東北大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得、博士(経済学)
現  職 埼玉学園大学経営学部教授
専攻分野 経済原論、経済学史
主要著書・論文
『貨幣理論の形成と展開』(社会評論社、1990年)
『富としての貨幣』(名著出版、1999年)
『ジェームズ・ステュアートの貨幣論草稿』(社会評論社、2004年)

▲ページTOPへ