トップ > 図書目録 > 現代社会論 【ビジネス】 > 書籍詳細 : 第3世代のサービスイノベーション

図書目録

現代社会論 【ビジネス】

第3世代のサービスイノベーション
価格: 2800円+税
発行日: 2017年3月25日
版型: A5判並製
ページ数: 309頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-1844-9
Cコード: C0030

詳細内容

北陸先端科学技術大学院大学の社会人学生と、電気学会サービスイノベーション調査専門委員会のメンバーによる共同研究。

サービス産業の発展とともに登場した第2世代のサービスイノベーション││それはインターネットの普及によって、さまざまな新しいサービスの提供として現実のものとなっている。そして現在、IoT (Internet of Things)やAI (Artifi cial intelligence)などが盛んに議論されている。これらの技術は、人と人がネットワークでつながれたインターネットとは本質的に異なる新たな機能を提供している。これらの新しい技術が、新たな分野で、第1世代、第2世代とは違った形の新しいサービスイノベーションを起こすと考えられている。第3世代のサービスイノベーションをどうデザインするのか。

目録準備室リンク
http://ur0.pw/CMnU

【目次】

まえがき

1.第3世代のサービスイノベーション
1.1 情報技術はサービスを変革してきた
1.2 サービスイノベーションを3世代で捉える
1.3 第3世代のサービスイノベーションの3つの変革要因
1.4 第3世代のサービスイノベーションにおけるサービス価値創造―サービスシステムからのアプローチ
1.5 本書の構成

2.サービス理論の新しい展開
2.1 サービス価値
2.2 サービスアーキテクチャー
2.3 サービスの価値と持続性を高めるコミュニティの役割
2.4 サービスデザイン
2.5 サービス提供者内のシステム:フロントステージ・バックステージ
2.6 サービス評価

3.サービス価値創造を変革する新しい情報技術
3.1 サービス価値創造における新しい情報技術の位置づけ
3.2 IoTとサービス
3.3 AIとサービス
3.4 ロボティックスとサービス
3.5 その他の先進技術とサービス
3.6 サービスを変革する新しい情報技術の応用検討

4.新たなビジネスと価値共創リスク
4.1 事業者連携による農業生産支援
4.2 漁業ビジネスの変化とリスク
4.3 高齢者生活支援サービス
4.4 医療サービスの進展とリスク
4.5 離島における低炭素電力サービス
4.6 宅配便サービス
4.7 衛星ビジネス
4.8 ビジネスにおける価値共創リスク
4.9 規制、契約、個人情報リスク

5.共創プロセス方法論
5.1 バリューオーガナイザー
5.2 新サービス創出のための価値共創プロセスと方法論
5.3 バリューオーガナイザーの道具としてのシミュレータ:NEXPERIENCE
5.4 バリューオーガナイザーのためのサービス指向要求開発方法論:MUSE
5.5 共創が変革をもたらしたIT化事例
5.6 セキュアIoT環境が可能とする共創型省エネ新サービス

6.新たな分野へのサービス概念の応用と価値共創モデル
6.1 熊本県黒川温泉におけるおもてなしの価値共創モデル
6.2 高齢者の音楽支援サービスにおける価値共創
6.3 サービスの視点で考えるアクティブラーニング
6.4 ケアサービスにおける価値・知識共創モデル

7.新しい情報技術の応用研究
7.1 クラウド環境とIoTがもたらす教育サービス基盤
7.2 若年層におけるコミュニケーションサービス利用意識の変化
7.3 Webから形成されるサービスに対する事前期待の可視化

8.おわりに

著者略歴

第3世代のサービスイノベーション研究会

小坂満隆

▲ページTOPへ