図書目録 一覧へ

トップ > 図書目録 > 現代社会論 【ビジネス】 > 書籍詳細 : 日本自動車産業の海外生産・深層現調化とグローバル調達体制の変化

図書目録

現代社会論 【ビジネス】

日本自動車産業の海外生産・深層現調化とグローバル調達体制の変化

日本自動車産業の海外生産・深層現調化とグローバル調達体制の変化

リーマンショック後の新興諸国でのサプライヤーシステム調査結果分析

清晌一郎

価格: 4800円+税
発行日: 2017年3月31日
版型: A5判上製
ページ数: 413頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-1845-6
Cコード: C0030

詳細内容

グローバル展開をとげる自動車産業の資材・部品調達システムはどうなっているのか。

インド、インドネシア、ベトナム、タイ、メキシコ、ブラジルなどの企業調査から、リーマンショックの後、激変する世界の自動車産業の海外オペレーションの実態を解明。

【目次】

第1章 海外現地生産における「深層現調化」の課題と巨大「日系系列」の形成 ・・・ 清晌一郎
第2章 グローバル生産ネットワークのリデザインとインテグレーション ・・・ 具承桓
第3章 トヨタのグローバルサプライチェーンマネジメント ・・・ 富野貴弘・新宅純二郎・小林美月
第4章 スズキ45%のインド市場の急成長とトヨタの適応 ・・・ 野村俊郎
第5章 サプライヤーとの協力体制の刷新 ・・・ 木村 弘
第6章 タイ洪水危機にみるサプライヤーシステムの再現性 ・・・ 中山健一郎
第7章 アジア最後のフロンティア、ミャンマーの自動車・部品産業とその特徴 ・・・ 小林英夫
第8章 新しいリージョン・産業集積地における複合リンケージSCM戦略 ・・・ 具承桓
第9章 日系Tier 1の少ない南米自動車市場の急成長と非日系調達への適応 ・・・ 野村俊郎
第10章 アジアにおける日系中小サプライヤー間の連携可能性 ・・・ 兼村智也
第11章 中小部品サプライヤーの海外進出支援プラットフォーム ・・・ 遠山恭司
第12章 生産組織の日本的特徴とその移転可能性 ・・・ 田村 豊
第13章 深層現調化に見る「ヒトとサプライヤーの育成」 ・・・ 中川洋一郎

著者略歴

清晌一郎
関東学院大学経済学部教授。横浜国立大学経済学部経済学科卒業。(財)機械振興協会経済研究所研究員を経て現職。編著に『自動車産業における生産・開発の現地化』(社会評論社)、『日本自動車産業グローバル化の新段階と自動車部品・関連中小企業』(同)。共著に『地域振興における自動車・同部品産業の役割』(小林英夫・丸川知雄編著、同)、『曖昧な発注、無限の要求による品質・技術水準の向上』(中央大学経済研究所研究叢書)ほか。

▲ページTOPへ