トップ > 図書目録 > 現代社会論 【グローバリゼーション】 > 書籍詳細 : 子どもを貪り食う世界

図書目録

現代社会論 【グローバリゼーション】

子どもを貪り食う世界

子どもを貪り食う世界

クレール・ブリセ(著) / 堀田一陽(訳)

価格: 1700円+税
発行日: 1998年11月
版型: 四六判
ページ数:
ISBNコード: ISBN978-4-7845-0377-3
Cコード:

詳細内容

子どもを貪り食うこの世界は、子どもを戦場に送り込み、売春を強要し、工場ではろくに食事も与えずに搾取している。北でも南でも、繁栄の陰で子どもたちはかつてないほどに虐げられている。(1998・11)

著者略歴

クレール・ブリセ

堀田一陽
1947 年、愛知県清須市生まれ。翻訳家。三重大学農学部機会学科卒。ミ
ニコミ紙『銀杏(いちょう)通信』(Courrier de GINGO)主宰。訳書『毒
殺罪で告発されるエイズ』(社会批評社)、『子どもの値段』、『子どもを貪
り食う世界』、『働く子どもたちへのまなざし』、『サッカーの情念』(社会
評論社)。

▲ページTOPへ