トップ > 図書目録 > 現代社会論 【労働】 > 書籍詳細 : 不屈と誇り 三池炭鉱労働者

図書目録

現代社会論 【労働】

不屈と誇り 三池炭鉱労働者

不屈と誇り 三池炭鉱労働者

真鍋禎男

価格: 2000円+税
発行日: 2010年7月29日
版型: 四六判並製
ページ数: 288頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-1478-6
Cコード: C0030
購入する
詳細内容

会社と第二組合が壊滅を図ろうとした三池労組は、差別と弾圧に屈することなく、労働組合の使命を守り抜いた。組合員は貧しさに耐え、誇りを失わず、ひたむきに生きた。三池の労働者と妻たちの信念を本書に綴る。

【目次】

まえがき 3
隷従の民 15
1 鉄鎖の囚人 16
三池炭山創業碑 囚徒墓 官営開始と囚人の投入三井物産の設立と石炭輸出 三池集治監の建設 民営移行囚人使役の打算
2 納屋生活の労働者 28
納屋制度 労働者の募集と定着 囚人比率の減少
3 島の移住者 30
ヤンチョイ 石炭荷役の繁忙と労働者不足 口之津移住者の苦難三池港の開港
4 懐柔と差別の労務政策 36
労働運動の勃興 共愛組合の設立 身分差別の徹底女子坑内労働と囚人使役の廃止
5 戦時下の悲惨 43
日中戦争への道 国民精神総動員 増炭号令と憲兵の暴力管理強制連行
三池労組の自己変革 49
1 経済復興への協力と犠牲 50
労務管理の網 三池炭鉱労働組合の結成 傾斜生産方式三井鉱山のあいつぐ人員整理
2 労働者の目覚め 56
組織強化の体制整備 六三日スト
3 主婦協議会の結成と一一三日闘争 59
三池労組の炭婦協結成方針 会社の妨害 三池炭婦協結成三井鉱山の希望退職募集 解雇通告 指名解雇撤回
4 職場闘争の高揚 66
労務政策の転換 職場闘争の開始 地域活動の活性化石炭鉱業合理化臨時措置法の施行 完全雇用協定の締結三鉱連内部の不協和音 職場闘争の強化
三池闘争の展開 75
1 六〇〇〇人削減提案 76
三池と安保 三井鉱山の第一次再建交渉 懲戒解雇通告と希望退職募集賃金分割払いと一万円生活開始 どんづまりの歌
2 指名解雇通告 84
三井鉱山の第二次再建案 政府と財界の三井鉱山支援体制三鉱連の非常事態宣言 第二次希望退職の募集 「思想合理化」への変質中央労働委員会の第一次斡旋案 三池の指名退職勧告退職勧告書一括返上デモ 一二〇二人解雇ロックアウト通告と無期限全面スト通告
3 分 裂 95
価値観の相違 水面下の分裂工作 執行部への反旗三〇〇〇人と一五〇人 主婦会分裂と三池労組の非常事態宣言批判派の臨時中央委員会開催要求 三池労組分裂
4 会社の生産再開準備と三鉱連の後退 105
第二組合の結成 会社の策謀 炭労のスト指令第二組合と会社の生産再開協議 三鉱連の炭労スト指令返上炭労の戦術転換
5 流 血 112
警察と海上保安庁の警備体制強化 四山鉱への強行就労三川鉱への強行就労 久保清さん刺殺事件 働く仲間の弔辞
6 混 迷 122
警察の三池労組弾圧強化 中央労働委員会の第二次斡旋案 炭労の苦悩闘争継続決定 三鉱連の妥結
7 会社の焦り 128
警官隊出動による就労強行 ホッパー仮処分の決定と効力不発ホッパー第二次仮処分の申請
8 天王山へ 133
「がんばろう」の歌 三池労組支援の輪 安保闘争の終幕三池海戦の展開 ホッパー第二次仮処分の決定 警察の一万人動員計画総評一〇万人大集会
9 最後の攻防 147
ホッパーの守り 警察の最後通告 政府の勧告 中労委の白紙委任要請決死の覚悟
10 中労委最終斡旋案の欺瞞 155
政府と財界の三井鉱山説得 中労委に対する組合側の回答ホッパー第二次仮処分の執行期限終了 最終斡旋案
11 不屈の誓い 161
三池労組の斡旋案拒否方針 炭労の条件つき事態収拾方針炭労の斡旋案受諾決定 苦渋の決断 三池闘争の終結
戦後最大の炭鉱災害 173
1 非情の差別 174
三一二日ぶりの就労 会社の報復開始 三池労組切り崩し第二組合との勢力逆転 会社と第二組合の平和協定 内職と五人組
2 労働条件の悪化と災害急増 180
一一万人合理化と炭労の石炭政策転換闘争 第一次石炭政策第三次再建案の提示 三池労組の不調印三池労組最高幹部一〇人の解雇通告 死亡災害の頻発
3 おびただしい犠牲 188
三川鉱炭塵爆発 一酸化炭素ガス 救助の遅れ 初期治療の手抜き会社の保安怠慢 とうちゃんば返せ
4 責任不問 202
一〇億円融資 福岡県警の捜査 遺族会の結成と殺人罪での告訴第二次石炭政策と炭鉱災害激増 炭塵爆発説の否定 不起訴処分
5 職場復帰優先の患者対策 208
遺族に対する償い 一酸化炭素ガス中毒患者に対する償い 深刻な症状三池医療委員会の発足 大牟田労災療養所の開設荒尾職能回復指導所の開設 患者家族の会結成
6 労災補償打ち切り 216
大牟田労災療養所の一方的退院勧告 「組合原性疾患」特別措置法の制定に向けて 「治癒」認定 打ち切り通告
7 立法への執念 222
三審制度の導入 「組合原性疾患」の根拠喪失大牟田労災療養所の業務放棄 再度の立法闘争主婦たちの坑底座り込み 特別措置法の成立 三審制度の決着
8 補償闘争の終結 231
会社の最終方針 協定締結 患者の職場復帰 七級認定 造成職場の患者たち
閉山へ 243
1 さらなる合理化 244
第三次石炭政策と三井鉱山の第四次合理化 第四次石炭政策三池労組への弾圧
2 裁判闘争の開始 248
九・二八災害上村訴訟 一一・九災害松尾訴訟一一・九災害三池労組支援訴訟 宮嶋重信さんの生と死
3 石炭産業の衰退 253
第五次石炭政策と三井石炭鉱業の発足 日本経済の暗転第六次石炭政策
4 裁判の和解 257
上村訴訟の全面勝利と二審和解一一・九災害三池労組支援訴訟の和解勧告 原告団の分裂三池労組支援訴訟の和解成立 九・二八災害集団訴訟の和解成立
5 三井石炭鉱業の生産縮小 263
日本経済の円高移行と第七次石炭政策第八次石炭政策と三井石炭鉱業の合理化 総評の解散と連合の発足三井石炭鉱業の三年連続人員削減バブル経済の崩壊とポスト八次石炭政策
6 勝利判決 268
和解拒否派裁判と松尾訴訟の判決 三池労組の伝統継承
7 閉 山 270
三池炭鉱一二四年の歴史に幕 労働者の誇り 三池労組解散
参考文献 281
あとがき 285

著者略歴

真鍋禎男
1943年 大分県大分市で出生
1962年 大分県立大分工業高校卒業
同 年 三菱電機株式会社入社
1972年 三菱電機労働組合支部専従役員に就任
1982年 フリーのルポライターとして独立
著 書 『風に向かう人たち』(総合労働研究所)
    『遠くきらめく星ふたつ』(汐文社)
    『岸本おじさんの冒険』(汐文社)
    『伊丹郷町物語』(兵庫県伊丹市)

▲ページTOPへ