トップ > 図書目録 > 現代社会論 【政治・経済】 > 書籍詳細 : クリティーク経済学論争

図書目録

現代社会論 【政治・経済】

クリティーク経済学論争

クリティーク経済学論争

天皇制国家からハイテク社会まで        

降旗節雄(編)

価格: 2500円+税
発行日: 1990年5月
版型: A5判
ページ数:
ISBNコード: ISBN978-4-7845-0816-7
Cコード:

詳細内容

明治維新・日本資本主義の確立、1930年代世界危機、第二次大戦から現代資本主義まで、その現状分析をめぐる論争の批判と総括。歴史的構造転換期にある現代資本主義分析の理論的基礎。(1990・5)

著者略歴

降旗節雄
1930年 長野県、穂高町に生まれる。
1953年 信州大学文理学部卒業
1961年 東京大学大学院社会科学研究科博士課程修了。
1970年 北海道大学経済学部教授
1974年 筑波大学社会科学系教授
1985年 帝京大学経済学部教授、現在に至る。
1994年 筑波大学名誉教授
最近の著書『生きているマルクス』(文眞)『日本経済の構造と分析』(社会評論社)『貨幣の謎を解く』『金融ビッグバンと抱懐する日本経済』(白順社)『フォア・ビギナーズ現代資本主義』(現代書館)など。

▲ページTOPへ