トップ > 図書目録 > 現代社会論 【政治・経済】 > 書籍詳細 : 市場経済と共同体

図書目録

現代社会論 【政治・経済】

市場経済と共同体

市場経済と共同体

ポスト資本主義をめぐって

青木孝平 / 大越正法 / 大野和美 / 片桐幸雄 / 清沢洋 / 武田登 / 田中史郎 / 半田正樹 / 本間裕 / 降旗節雄(編)

美本なし
価格: 2300円+税
発行日: 2006年6月
版型: 四六判
ページ数:
ISBNコード: ISBN978-4-7845-0872-3
Cコード:

詳細内容

現在の資本主義「世界体制」の最大の弱点はアメリカである。危機と破綻の不安に直面している現代世界の実態をさまざまな角度から分析し、新たな共同体社会の甦生をさぐる。(2006・6)

【目次】

はじめに――方法的前置き 降旗節雄
Ⅰ 現代の「世界」構造はどうなっているのか
グローバリゼーションはアメリカも世界も壊す 大野和美
資本主義社会に「情報化」は何をもたらしたか 半田正樹
狂乱のマネー・ゲームと歴史の転換点 本間裕
新たな共同体社会の甦生へ 清沢洋

Ⅱ 日本の社会問題の焦点を解読する
地方分権から「基礎的自治体」の構想へ 武田登
少子化社会は本当に危機なのか 田中史郎
有機農業の現場から「食と経済」を考える 大越正法
   
Ⅲ ポスト資本主義をめぐって 
過渡期世界と唯物史観の再検討 降旗節雄
グローバル市場と国家の現在 片桐幸雄
資本主義批判――その批判スタンスの転換 青木孝平
 
あとがき 大越正法・清沢洋

著者略歴

青木孝平
1953年 三重県津市に生まれる
1975年 早稲田大学法学部卒業
1984年 早稲田大学大学院法学研究科博士課程単位取得
1994年 経済学博士(東北大学)
現在 鈴鹿医療科学大学教授
経済理論・法思想・社会哲学の相関理論研究

著書『資本論と法原理』論創社, 1984年
『ポスト・マルクスの所有理論』社会評論社, 1992年
『コミュニタリアニズムへ』社会評論社, 2002年
編著『天皇制国家の透視』社会評論社, 1990年
共著『法社会学研究』三嶺書房, 1985年
『クリティーク経済学論争』社会評論社, 1990年
『現代法社会学の諸問題』民事法研究会, 1992年
『法学─人権・くらし・平和』敬文堂, 1993年
『ぼくたちの犯罪論』白順社, 1993年
『マルクス主義改造講座』社会評論社, 1995年
『社会と法─法社会学への接近』法律文化社, 1995年
『エンゲルスと現代』御茶の水書房, 1995年
『マルクス・カテゴリー事典』青木書店, 1998年
『マルクス理論の再構築』社会評論社, 2000年
『新マルクス学事典』弘文堂, 2000年
『市場経済と共同体』社会評論社, 2006年

大越正法
有限会社かい代表。1962 年生まれ。千葉県立千葉高等学校卒業。

大野和美
西武文理大学サービス経営学部教授。1936 年生まれ。東京教育大学大学院博士課程修了。著書に『現代世界経済』(共著、東京大学出版会)『現代世界経済の研究』(編著、学文社)などがある。

片桐幸雄
建設関係法人厚生年金基金事務局監査役。1948 年生まれ。横浜国立大学経済学部卒業。著書に『国際通貨問題の課題』(批評社)『現代の資本主義を読む』(共著、批評社)などがある。

清沢洋
ネパールNGO ネットワーク代表。1948 年生まれ。法政大学大学院修士課程修了。著書に『夢への旅路ボランティア』(白順社)『世間学への招待』(共著、青弓社)などがある。

武田登
自治体職員。1949年生まれ。早稲田大学卒業。

田中史郎
宮城学院女子大学学芸学部教授。1951 年新潟県に生まれる。新潟大学理学部卒業、信州大学人文学部卒業、東京経済大学大学院経済学研究科博士課程 修了。経済学博士。現在、著書に『商品と貨幣の論理』(白順社)『世間学への招待』(共著、青弓社)などがある。

半田正樹
東北学院大学経済学部教授。1947 年生まれ。東北大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。著書に『情報資本主義の現在』(批評社)『転換する資本主義:現状と構想』(共編著、御茶ノ水書房)などがある。

本間裕
投資顧問会社顧問。1954 年生まれ。ロチェスター大学経営大学院修士課程修了。著書に『マネーの精神!』(社会評論社)『マネーの逆襲』(白順社)などがある。

降旗節雄
筑波大学名誉教授。北海道大学経済学部教授、筑波大学社会科学系教授を経て、2006 年3 月、帝京大学経済学部教授を定年退職。1930 年生まれ。東京大学大学院社会科学研究科博士課程終了。著書に『降旗節雄著作集』(全5巻、社会評論社)などがある。

▲ページTOPへ