トップ > 図書目録 > 現代社会論 【政治・経済】 > 書籍詳細 : 権力者たちの罠

図書目録

現代社会論 【政治・経済】

権力者たちの罠

権力者たちの罠

共謀罪・自衛隊・安倍政権

纐纈厚

価格: 2300円+税
発行日: 2017年8月8日
版型: 四六判並製
ページ数: 272頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-2404-4
Cコード: C0030

詳細内容

「反テロ、安全、平和」などという名称を関した法律に対しては警戒しなければならない。こうした誰も反対できないネーミングこそ、権力者たちの罠だ。

【目次】

Ⅰ○共謀罪で拍車かかる監視社会への道
監視社会化する日本/拍車かかる国民動員の現実/国民保護法から「共謀罪」へ

Ⅱ○自衛隊はどうなっているのか
倒幕「内部文書」は何を語っているか/〝新軍部〟の登場へ突き進むのか/形骸化する文民統制のゆくえ

Ⅲ○安倍政権論と改憲問題
改憲から〝壊憲〟へ/憲法不在の国を許せるのか/平成の「非立憲」内閣を切る

著者略歴

纐纈厚
一九五一年生まれ。近代日本政治史・近代日本政治軍事史研究。山口大学人文学部教授、山口大学副学長などを経て、現在、同大学名誉教授。著書に、『総力戦体制研究』(三一書房、新版・社会評論社)、『日本海軍の終戦工作』(中公新書)、『侵略戦争』(ちくま新書)、『有事体制論』(インパクト出版会)、『近代日本政軍関係の研究』(岩波書店)、『監視社会の未来』(小学館)、『日本はなぜ戦争をやめられなかったのか』(社会評論社)など多数。

▲ページTOPへ