トップ > 図書目録 > 暮らし 【ハンセン病】 > 書籍詳細 : ハンセン病図書館

図書目録

暮らし 【ハンセン病】

ハンセン病図書館

ハンセン病図書館

歴史遺産を後世に

柴田隆行 / 山下道輔

価格: 1700円+税
発行日: 2011年10月24日
版型: 四六判並製
ページ数: 186頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-0198-4
Cコード: C0030

詳細内容

ハンセン病療養所の図書館にそそがれた入所者の熱い思いやその精神、それにより集められた貴重な資料は、後世に受け継がれることが望まれる歴史遺産である。

【目次】

ハンセン病図書館─歴史遺産を後世に*目次
ハンセン病図書館と共に 7
全生図書館・ハンセン氏病文庫 7
ハンセン病図書館の完成と資料収集 13
林文庫 14
来館者の依頼がさらに資料収集を駆り立てる 18
全国の療養所めぐりで資料を集める 20
山本俊一先生と藤野豊先生の思い出 24
図書館見取り図 28
大谷藤郎先生の死 34
各園の機関誌をそろえる 37
コピー機導入 40
『見張所日誌』発掘 41
夢中になったコピー・製本作業 43
最後に 49
聞き書きを終えて 54
ハンセン病図書館のおもいで 59
自治会閉鎖と再建 59
図書館設立前夜 61
建物ができるまで 62
図書館の利用者 64
利用者と広報 66
当時の生活 67
図書を担当する素質 68
園職員と資料 69
ボランティア 70
図書館の展示室 71
今後の展望 72
資料に携わる人びとにメッセージ 72
ハンセン病図書館 収集・保存・展示の現状 77
──ハンセン病資料調査会における報告──
ハンセン病図書館にかける願い 89
ハンセン病図書館草創期の記録 91
【解題にかえて】
ハンセン病療養所における図書館の役割 柴田隆行107
はじめに 107
ハンセン病療養所の図書館の実態 110
ハンセン病療養所における図書館の役割 126
全生図書館の日常業務 131
ハンセン病図書館の建設 139
ハンセン病図書館とハンセン病資料館 146
これから 153
ハンセン病療養所における図書館に関する文献目録 柴田隆行編157
参考資料 167
原田嘉悦「復興の図書館と私の感想」 167
原田嘉悦「図書館」 169
松本 馨「年頭に当りて」 172
松本 馨「文書伝道と自治会活動」 175
編集後記 179

著者略歴

柴田隆行
1949年生まれ。東洋大学社会学部教員。哲学史・社会思想史専攻。
著書:『多磨全生園・〈ふるさと〉の森』(社会評論社、2008年)
『シュタインの社会と国家』(御茶の水書房、2006年)ほか多数。

山下道輔
1929年生まれ。12歳のとき国立療養所多磨全生園入所。
ハンセン病図書館元主任。

▲ページTOPへ