トップ > 図書目録 > 暮らし 【医療】 > 書籍詳細 : 今日一日だけ

図書目録

暮らし 【医療】

今日一日だけ

SQ選書03

今日一日だけ

アル中教師の挑戦

中本新一

価格: 2000円+税
発行日: 2015年9月15日
版型: 四六判並製
ページ数: 288頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-1497-7
Cコード: C0030

詳細内容

自己中心的な社会風潮を直に受ける学校現場のなかで教師(著者)に起きたアルコール依存症。断酒会参加を契機に自らの生死と直面することで信教を取り入れる一方、学術的研鑽を重ね「酒害対策」の必要性を訴えてきた。日本の飲酒文化が依存症をはじめ社会に及ぼす「酒害」の現実を体験者と教育者の立場から書き起こす。今日一日だけに全力を注ぎ続ける断酒半生記。

【目次】

目次より

第一章 我がこころ石にあらず

祖父の負けじ魂/困難は人の成長に欠かせない/ヘルメットを捨てて世界漫遊旅行へ/正義にむかって突進していく博士/在日問題に出会う/日本人の思考にある隘路/私に酒害がでてきた ほか

第二章 一杯の盃にいのちを賭けて
 
アルコール依存症者は奈良漬けみたいなものだ/喜劇的にして悲劇的な人びと/アルコール依存症は否認の病気/私が酒をやめられた理由/断酒会の例会には様ざまな効果がある/山陰断酒学校で一皮むける ほか

第三章 やってみなはれ! 

再飲酒を告白した勇気ある人/うつ病からの回復期に考え方が急変した/記念大会の夜、飲まない幸せに酔いました/女性の酒害者が母に連れられてやってくる/酒をやめつづける人とはどんな人か ほか

終章 力になりあってこそ人の世 

日本では飲むことと酔うことに強い社会性が付与している/造り放題、売り放題、飲み放題の国/医療、行政、自助グループが三位一体のスクラムを組む/法律の力でアルコール依存症を削減させるという発想/国民一人あたりの酒類の年間消費量こそポイント ほか

著者略歴

中本新一
1945 年生まれ。博士(政策科学)。高校勤務のさなか専門医から「完全なアルコール依存症」と診断され、断酒会活動に就く。2009 年3 月、日本のアルコール問題を大幅に減らす研究で同志社大学大学院博士課程修了、博士号を取得。2013 年3 月、断酒歴30 年を表彰され、同年8 月には公衆衛生事業功労賞を奈良県知事より授与。著書多数。

▲ページTOPへ