トップ > 図書目録 > 暮らし 【医療】 > 書籍詳細 : 【増補改訂版】 国策と犠牲

図書目録

暮らし 【医療】

【増補改訂版】 国策と犠牲

【増補改訂版】 国策と犠牲

原爆、原発 そして現代医療のゆくえ

山口研一郎(編著)

価格: 2700円+税
発行日: 2016年2月16日
版型: 四六判並製
ページ数: 399頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-1547-9
Cコード: C0030

詳細内容

原子力兵器・原発、科学技術・先端医療をめぐる「国策」は私たちの生活(くらし)と生命(いのち)になにをもたらしたのか。その現状と問題性を照射するシンポジュウムの記録。

【目次】

まえがき 戦後日本における「国策」をめぐって・・・・・山口研一郎

序 章 いま深くいのちをみつめる・・・・・・・・・・・高史明

─Ⅰ 福島原発事故と内部被曝─

はじめに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・塩見有生
第1章「低線量」放射線内部被曝と健康障害・・・・・・・松井英介
第2章 若狭湾における反原発の闘い・・・・・・・・・・中嶌哲演
コラム1 原発を告発し続けた夫・水戸巌・・・・・・・・水戸喜世子

─Ⅱ 現代科学技術と先端医療─

はじめに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・西沢いづみ
第3章 医療政策としての脳死・尊厳死――私たちはナチスを断罪できるのか
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小松美彦
第4章 人体部品資源化・商品化のいま・・・・・・・・・天笠啓祐
コラム2 改定臓器移植法施行後三年の実態・・・・・・・川見公子
第5章 子どもと臓器移植・原発事故・遺伝子診断――国策の犠牲者としての子どもたち
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・亀口公一
第6章 科学技術における「国策」と「犠牲」の連鎖の構図
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山口研一郎
コラム3 三池CO闘争五〇周年の今日的意義・・・・・・沖克太郎

─Ⅲ 被爆地・長崎の戦後─

第7章 長崎の医師・永井隆、秋月辰一郎のことなどーー土山秀夫先生に聞く
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山口研一郎
コラム4 被爆者医療に五〇年取り組んだ父・秋月辰一郎
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・藤信子
コラム5 被爆地・長崎で見た現実・・・・・・・・・・・西村豊行
あとがき 苦からの解放をめざす人々へ・・・・・・・・・神戸修

[補遺]なぜ、いま「永井隆」を問うのか・・・・・・・・篠原睦治
「増補改訂版」の発行にあたって・・・・・・・・・・・・山口研一郎

著者略歴

山口研一郎
医師。現代医療を考える会代表。著書に『思想としての「医学概論」─いま「いのち」とどう向き合うか』(共著、岩波書店)など多数ある。

▲ページTOPへ