トップ > 図書目録 > 暮らし 【障害者】 > 書籍詳細 : 障害者から「共民社会」のイマジン

図書目録

暮らし 【障害者】

障害者から「共民社会」のイマジン

障害者から「共民社会」のイマジン

堀利和

価格: 1700円+税
発行日: 2018年9月5日
版型: 四六判並製
ページ数: 224頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-2411-2
Cコード: C0030

詳細内容

「市民社会」を変革する「共民社会」の構想のために

 著者の堀利和は静岡市の小学校入学前、スティーブンジョンソン病という難病になり、その後遺症で弱視になったため、静岡盲学校に転校する。その後、東京教育大学付属盲学校に転入し、そこから明治学院大学に進学する。卒業後、保育園の産休補助の保父、養護学校のスクールバスの添乗員、点字講習会の講師として働く。そして参議院議員を12年間務める。

 現在、障害のある人ない人が共に対等平等に働く事業所づくりをしているNPO法人共同連の代表。さまざまな障害者運動や地域の活動にかかわりながら、労働力の商品化・市場経済を前提とする現在の「市民社会」を、共同社会に向けて変革するための問題提起を精力的に展開している。

 本書に収録したさまざまな論考は、この間の著者の発言集。「市民社会」から「共民社会」へという構想の多様な素材をそこから読み取ることができるでしょう。

特設ページ
http://shahyo.sakura.ne.jp/wp/?p=4909

【目次】

序章 「共生社会」へのイマジン

第1部 障害者か健常者かそれが問題だ!

第1章 共生
第2章 共働
第3章 共学
第4章 共飲

第2部 コラム ザ・障害者

第5章 影から光が見えてくる
第6章 世界の類のない日本の盲人史
第7章 日常の羅津盤
第8章 世の中の現象学
第9章 主体探しの旅
第10章 もう一つのアジア障害者交流モンゴル大会

終 章 理論と実践からのオルタナティブな視座

著者略歴

堀利和
NPO法人共同連代表。『季刊福祉労働』編集長。著書に『日本初 共生・共働の社会的企業―経済の民主主義と公平な分配を求めて』(現代書館)『アソシエーションの政治・経済学―人間学としての障害者問題と社会システム』(社会評論社)『私たちの津久井やまゆり事件―障害者とともに〈共生社会〉の明日へ』(編著、社会評論社)など多数ある。

▲ページTOPへ