トップ > 図書目録 > 戦争と平和 【空襲・原水爆】 > 書籍詳細 : あの日、火の雨の下にいた

図書目録

戦争と平和 【空襲・原水爆】

あの日、火の雨の下にいた

あの日、火の雨の下にいた

私の横浜空襲

加藤修弘

価格: 2300円+税
発行日: 2006年12月
版型: 四六判
ページ数:
ISBNコード: ISBN978-4-7845-0567-8
Cコード:

詳細内容

1945年5月29日、わずか一時間ほどの空襲で7000人を超える横浜の市民が犠牲となった。日本の中国侵略にはじまる無差別殺戮としての空襲、逃げることを許さなかった政府。庶民の被害と加害を描く。(2006・12)

【目次】

はじめに─今なぜ空襲のことを

第一章 火の雨を生んだ歴史─戦略爆撃の登場
    戦争の現実を見ないところで
     戦略爆撃の登場
     重慶爆撃のはじまり
     一九三九年、「五・三、五・四」空襲
     一九四〇年、百一号作戦
     一九四一年、隧道大惨案と百二号作戦
     遠藤三郎の意見書「重慶爆撃無用論」─上からの目線による上層部批判
     日本人の目にうつった重慶爆撃
     ヨーロッパ戦線の都市爆撃
     やがてブーメランのように
     カーチス=ルメイの登場と焦土作戦


第二章 火の雨を招きよせた者たち─軍指導者の責任
    軍防空の貧弱と無策
     民防空の駆り出し
     対米英戦勃発と防空法改定
     ドゥーリットル空襲
     B29の登場と国民に隠された「空襲判断」
     「空襲今や必至なり」
     東条の激怒
     B29本土空襲の始まり
     体当たり戦法
     迎撃機は飛ばすな、「分散、遮蔽」せよ
     大本営発表
     都市無差別絨毯爆撃の開始
     決号作戦
     横浜空襲と軍防空
     そして“国体”を残すためだけに


第三章 火の雨の下に縛りつけた者たち─防空法体制の足枷
   防空法の成立と民防空の強化
     軍防空がだめなら、民防空で
     退去する者は「非国民」
     第二次防空法─退去の禁止、制限
     本土空襲迫る中で─町会・隣組の強化
     民防空のマニュアル「時局防空必携」
     第三次防空法─疎開の始まり
     「民防空強化方策案」
     B29初空襲と「中央防空計画」

   防空壕
     貧弱な日本の防空壕対策─重慶との比較
     「動揺としろうと考えの混合」だったのか
     「防空壕」ではなく「待避壕」、「避難」ではなく「待避」
     緊急避難
     本土空襲本格化す

   町会と隣組─市民生活の根っこから
     町会、隣組の制度化
     横浜市の場合
     生活のすみずみまで
     必勝敢闘の心構えを!
     “活躍”する回覧板
     東京大空襲はどう伝えられ、何が“教訓化”されたのか
     権力としての隣組

   言論による包囲網
     「関東防空大演習を嗤う」
     言論統制の強化と軍への迎合
     「決戦輿論指導方策要綱」
     国策の拡声器として
     清沢洌の徳富蘇峰批判

   その時横浜で
     「逃げるな、不埒者!」
     「敗戦的逃避者」の一掃を!
     その日、人々は逃げることができなかった
     戦後日本の戦争犠牲者「救済」の発想

第四章 あの日、火の雨の下で─一九四五年五月二十九日の横浜
    もう一度あの写真から
     その朝の我が家
     横浜空襲のはじまり
     M69焼夷弾─火の雨の正体
     平均弾着点〇七九〇五三
     東国民学校
     黄金町駅の地獄図
     炎の海
     三春台一帯の壊滅
     空襲が終わったあと
     母たちの遺体
     「数」にさえなれなかった死者たち
     最後に─「影」に目を凝らして

  おわりに

  引用・参考文献

著者略歴

加藤修弘
1943年生まれ。都立高校教員。
共編著『ある日本兵の二つの戦場─近藤一の終わらない戦争』(社会評論社、2005年)。『流れ坑夫 大井兼雄さんについての覚書』(私家版、1987年)、論稿「大娘たちの村を襲った戦争」(『黄土の村の性暴力』創土社所収、2004年)ほか。

▲ページTOPへ