トップ > 図書目録 > 戦争と平和 【空襲・原水爆】 > 書籍詳細 : 焼津流平和の作り方

図書目録

戦争と平和 【空襲・原水爆】

焼津流平和の作り方

焼津流平和の作り方

「ビキニ事件50年」をこえて

秋山博子 / 加藤一夫(監修) / ビキニ市民ネット焼津(編) / 加藤一夫(監修)

価格: 2600円+税
発行日: 2007年9月3日
版型: A5判
ページ数:
ISBNコード: ISBN978-4-7845-1331-4
Cコード: C0030
購入する
詳細内容

1954年3月、南太平洋マーシャル諸島でアメリカは水爆実験を強行。島民はもとより、焼津の漁船「第五福竜丸」が被曝し衝撃を与えた。その後半世紀、焼津市民による新しいタイプの平和運動がはじまった。(2007・9)

【目次】

はしがき                              3
第1章 第五福竜丸元漁労長・見崎吉男さんの証言        9
1.遭遇と帰港 10
2.あれから50年 第五福竜丸の航海 19
(資料)1 第五福竜丸年譜 28
(資料)2 第五福竜丸被災事件年譜の修正について 31

第2章 「第五福竜丸50年」に寄せて:市民の証言        35
1.現在の証言(2004年) 36
2.過去の発言 50年前の中学生の発言 53
3.ビキニ事件と平和運動 63

第3章 菜の花とゴジラ─焼津旧港保存運動へ         69
1.「菜の花スマイル作戦」 70
2.ゴジラ上陸! ビキニ事件とゴジラ映画 78
3.焼津旧港保存活用運動 「やいづKama VOX」トロ箱ライブ 90

特別章(1) 焼津(やいづ)という街─やーづ紹介       93
1.歴史と現在 95
2.産業 100
3.水産業・漁業関連の施設とイベント 103
4.焼津特産物 106
5.焼津の主要な散策施設 111
6.海の町やいづの主なイベントとその担い手たち 114
7.農業の焼津・工業都市としての焼津 119
8.海外姉妹都市 120
9.合併について 121
10.文化について 122
11.地域の不安(地震・津波・原発) 126
12.焼津の観光スポット 128

第4章 「やいづ平和学」の実践                133
Ⅰ 公開講座「やいづ平和学」と「第五福竜丸 心の航跡」 134
1.公開講座「やいづ平和学」(報告) 134
2.『第五福竜丸 心の航跡』について(紹介) 141
Ⅱ 第五福竜丸事件から旧ソ連核被災実態調査まで 147
1.第五福竜丸事件と被曝検査への参加 147
2.旧ソ連の核開発による核被災の実態調査 158
Ⅲ 平和教育の実践記録 165
1.ビキニ事件50周年! 167
2.命の大切さと平和の尊さを学ぶ! 168
3.若木っ子発表会について 173

第5章 ビキニ事件と第五福竜丸                179
はじめに 180
1.「やいづ平和学」の前提 181
2.第五福竜丸の被曝:1954年3月1日 184
3.事件の終結 189
4.事件の衝撃:反核運動の出発 192
5.被曝罹災者と核問題 199
6.第五福竜丸の運命 201
7.ビキニ事件の文化的インパクト 204
むすびにかえて:ビキニ事件50年を超えて 206

第6章 焼津流、平和の作り方─3・26集会講演記録     209
Ⅰ 長崎の平和運動について 210
1.私の被爆体験 210
2.2000年11月に開かれた第1回市民集会 213
3.市民が主人公になる運動を 218
Ⅱ シンポジウム報告要旨 220

特別章(2) モダンアート展
       「1954 Bikini Means いのちの黙示録」      223
1.開催意図書(2004) 233
2.作品募集の概要(2004) 234
3.エントリー一覧とプロフィール(2004~2006) 235
4.来場者のメッセージ(会場のノートから) 246

第7章 岡本太郎「明日の神話」(壁画)を焼津市に!      247
1.私たちの夢、焼津の夢 248
2.岡本太郎の絵画について 249
3.ビキニ事件を体験した町 焼津 251
4.平和運動の原点 焼津 252
5.ゴジラを生んだ町 焼津 253
6.町の「文化力」を高め、素敵な「物語」を創ろう 254
7.小さな町が誘致競争に勝つために 256

「ビキニ市民ネット焼津」活動クロニクル(2003~2007年)     259
関係文献目録                           263

あとがきに寄せて 271
伝えるための言葉を持てなかったまち、焼津    秋山博子 272
ビキニ事件50年を超えて             加藤一夫 274

著者略歴

秋山博子
焼津市生まれ、市内在住。広告企画制作「焼津印研究所」主宰。企業や行政などの広告・情報誌の企画・編集・取材・制作等に携わる。95年頃から、静岡市のまちづくりグループ「静岡ヒューマンカレッジ倶楽部」メンバーとして、地域活動に取り組み、現在は焼津を拠点に、「ビキニ市民ネット焼津」会員をはじめ、焼津おでん探検隊・焼津旧港の活用を考える会に所属。

加藤一夫
1941年北海道生まれ。1970~92年、国立国会図書館職員。その後静岡精華短期大学教授を経て、現在は静岡福祉大学教授(学長)。中東欧近代史・民族問題・国際社会論が専門で、ポーランドを中心に旧社会主義体制の研究を行い、『歴史の転換と民族問題』(御茶の水書房、1993年)、『エスノナショナリズムの胎動』(論創社、2000年)など多数の著書がある。図書館関係については『記憶装置の解体』(エスエル出版会、1989年)、『情報社会の対蹠地点』(社会評論社、1992年)など。植民地図書館については70年代末から関心をもち調査研究を続けてきた。

ビキニ市民ネット焼津

加藤一夫
1941年北海道生まれ。1970~92年、国立国会図書館職員。その後静岡精華短期大学教授を経て、現在は静岡福祉大学教授(学長)。中東欧近代史・民族問題・国際社会論が専門で、ポーランドを中心に旧社会主義体制の研究を行い、『歴史の転換と民族問題』(御茶の水書房、1993年)、『エスノナショナリズムの胎動』(論創社、2000年)など多数の著書がある。図書館関係については『記憶装置の解体』(エスエル出版会、1989年)、『情報社会の対蹠地点』(社会評論社、1992年)など。植民地図書館については70年代末から関心をもち調査研究を続けてきた。

書評

[静岡新聞 2007/9/8]

第五福竜丸の元漁労長、三崎吉男さん(八二)=焼津市小川新町=の証言を柱とする第一章から、故岡本太郎氏制作の巨大壁画「明日の神話」の誘致運動をまとめた第七章までの七ヵ章と、焼津を紹介する二つの特別章で構成した。
このうち第四章「『やいづ平和学』の実践」では、会の発足に先立って〇一年に静岡精華短大(現静岡福祉大、焼津市)がスタートさせた公開講座「やいづ平和学」や、本紙の連載ルポタージュ「第五福竜丸 心の航跡」、会員による核被災の実態調査、小学校の総合学習での平和教育の実践記録を収めた。

▲ページTOPへ