トップ > 図書目録 > 戦争と平和 【戦争の残響】 > 書籍詳細 : 小説 岸信介常在戦場

図書目録

戦争と平和 【戦争の残響】

小説 岸信介常在戦場

小説 岸信介常在戦場

池田太郎

価格: 2200円+税
発行日: 2014年11月10日
版型: 四六判並製
ページ数: 391頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-1532-5
Cコード: C0030

詳細内容

ノブスケ・キシの「満州」は阿片の匂い──
それが戦後CIA資金のステップに…。
「昭和」の深い闇を照らし出す政治小説。

【目次】

第一章 2007年秋・生涯一記者の受苦
(一)沖縄返還における密約
(二)元祖密約は岸信介

第二章 ジョージ・サカモトの太平洋戦争
(一)志願
(二)日本進駐
(三)天皇免罪 

第三章 G2VS岸信介 Ⅰ
(一)G2ウイロビーの思惑
(二)白羽の矢

第四章 岸信介の満州国
(一)満鉄奉天図書館長・衛藤利夫
(二)岸vs関東軍
(三)岸、日産鮎川を満州へ引っ張る
(四)在米ユダヤ資本で日米「満州」共同経営案

第五章 G2VS岸信介 Ⅱ
(一)スガモプリズン最終訪問・プロミス
(二)ウイロビー、GHQを掌握す
(三)岸、釈放 

第六章 CIAVS岸信介
(一)岸、始動する
(二)岸、要求する
(三)マカボイの岸メモ
(四)逆転

第七章 2014年秋・なぜかむしょうに聞かせたい
  
あとがき
参考資料・引用文献

著者略歴

池田太郎
会社員、教員を経て脚本を書く。シナリオ作家協会コンクール入選で市川久夫氏と出会う。小松川女子高生殺し李珍宇を描いた「夢の街の殺人者」第9回城戸賞受賞で熊井啓監督と出会う。菊地寛ドラマ賞候補。日本シナリオ作家協会会員。
<映画脚本> ロマンポルノ3本。熊井啓監督「ひかりごけ」共同脚本熊井啓。斉藤耕一監督「おにぎり」共同脚本斉藤耕一。大澤豊監督「日本の青空」。山田火砂子監督「大地の詩・留岡幸助物語」共同脚本長坂秀佳。吉村昭原作・共同脚本熊井啓「破獄」(監督急逝のため未映画化)
<テレビ脚本> テレ朝・フジ「鬼平犯科帳シリーズ」。TBS「火の玉婦長物語」。フジ「死刑台のロ-プウエー」。TBS「リトルステップ」。テレ朝「親の目子の目」。KTS40周年記念「南州翁異聞・おいどんは丸腰平和使節で韓国へ行く」。
<舞台> 劇団櫂・斉藤耕一シリーズ「拝啓ヒッチコック様」「川越コットンクラブ」。劇団櫂「世紀末同窓会」。シアターX提携公演「光る島・長谷川平蔵と人足寄場物語。池田生二独り芝居「辻立ち路通・芭蕉異聞」。葛飾刻斎独り芝居「わが山月記」。ほか
<著書>「こんとん君立ちなさい・タロウ先生の特殊教育漂流」(有斐閣新書)。「ディスコミュニケーションを生きる」(子どもの未来社)。ほか

▲ページTOPへ