トップ > 図書目録 > 戦争と平和 【戦争の残響】 > 書籍詳細 : 佐原のピカソ・張子屋カマタさん

図書目録

戦争と平和 【戦争の残響】

佐原のピカソ・張子屋カマタさん

佐原のピカソ・張子屋カマタさん

カマタさんって、鎌田芳朗さんのことなんです。佐原張子作品集─

中村浩訳

価格: 1400円+税
発行日: 2019年11月15日
版型: A5判並製
ページ数: 96頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-1921-7
Cコード: C0070

詳細内容

千葉県佐原で大正期からの張子玩具店「三浦屋」三代目・鎌田善朗(かまた・よしろう)さん(1935年生)ことカマタさんの一代記の体裁で、佐原のピカソとも呼ばれるユニークな人柄で知られ、その作品はパリや中国にもファンを広げるまで〝とぼけた味わい〟があり若いファンにも支持されている。

カマタさんが佐原張子の職人として独り立ちする裏には戦争体験が色濃く影響していた。本書は郷土玩具を趣味的に紹介する視点を越えて、地域の文化と歴史記憶の伝承にこころがけた。著者は広く読者に親しんでもらえるよう童話調に書いた。入手困難な貴重な佐原張子作品をたっぷり詰めた写真満載のオールカラー。

著者略歴

中村浩訳
日本郷土玩具の会・会長。全日本だるま研究会・会長。『新装版 開運だるま大百科』『達磨からだるま ものしり大辞典』『おもちゃ博士・清水晴風』(共著)

▲ページTOPへ