トップ > 図書目録 > 著作集・叢書 【キオクのヒキダシ】 > 書籍詳細 : 民俗の記憶

図書目録

著作集・叢書 【キオクのヒキダシ】

民俗の記憶

キオクのヒキダシ

民俗の記憶

俳諧・俳句からみる近江

篠原徹

価格: 1800円+税
発行日: 2017年6月12日
版型: 四六並製
ページ数: 242頁
ISBNコード: ISBN978-4-7845-1736-7
Cコード: C0030

詳細内容

芭蕉と、繋がる。蕪村に、応える。

五七五のスペックに、失われた風景が刻まれる。

日本人を応答させてやまない俳諧・俳句から〈京の都〉の立役者〈近江〉に迫り、〈都と鄙〉の魅力を引き出す文化論。


目録準備室・特設ページ
http://urx.mobi/E6az

【目次】

はじめに

第一章 新・都鄙問答 ─ 近江の文化的景観─

第二章 俳諧・俳句と民俗学 ─原郷論へのアプローチ─

第三章 蕎麦と河豚

第四章 ノラを歩き花を愛でる蕪村


第五章 ふなずし考

人名索引

著者略歴

篠原徹
1945年中国長春市生まれ。民俗学者。京都大学理学部植物学科、同大学文学部史学科卒業。専攻は民俗学、生態人類学。国立歴史民俗博物館教授を経て現在、滋賀県立琵琶湖博物館館長。従来の民俗学にはなかった漁や農に生きる人々の「技能」や自然に対する知識の総体である「自然知」に目を向ける(「人と自然の関係をめぐる民俗学的研究」)。

▲ページTOPへ