トップ > 図書目録 > 著作集・叢書 【野添憲治著作集[第I期]みちのく・民の語り】 > 書籍詳細 : マタギを生業にした人たち

図書目録

著作集・叢書 【野添憲治著作集[第I期]みちのく・民の語り】

マタギを生業にした人たち

マタギを生業にした人たち

野添憲治

価格: 2300円+税
発行日: 2006年7月
版型: 四六判
ページ数:
ISBNコード: ISBN978-4-7845-0958-4
Cコード:

詳細内容

民俗学の宝庫・秋田県阿仁町に仮住まいをかまえ、次第にうちとけながらの聞き書きを通し、マタギを生業とした人びとの姿を紹介。熊と雪に囲まれた生き方を、優しい筆致でゆっくりと描く。(2006・7)

【目次】

目次  シリーズ序文
民俗学の宝庫・阿仁
  住んでこそ見える現実
  雪割り納豆
  土曜日の宅急便
  春の音
「青物」が消える
  土間のない家で
  橋・道・役場
  男七人に嫁二人
  消えるか薬行商
  家を壊す
  湿田と減反
  熊がいない秋
  のっぺら棒な畑
  雪下ろし事故
  根子だより
マタギを生業にした人たち
  ある伝承者のこと
  阿仁の民俗と民情
  秋田と関係深い民話研究家 瀬川拓男さんのこと
  金沢マタギ 伊藤謙之助さんの話
  伝説の巨人 万事万三郎のこと
  クマ撃ちの名人 “仙人”高関辰五郎の一生
  阿仁マタギと戊辰戦争 佐藤松五郎の墓が語るもの
  秋山郷の秋田マタギ 上信越の秘境探訪から
  阿仁の積石墳墓
  クマは山のめぐみ マタギ・村田佐吉聞き書き
  森の話っこ ブナの恵みと動物たち
  マタギ一代 鈴木辰五郎さんの話
  マタギの里に生きる 山田富治さんの話
  根子に生きる 佐藤佐吉さんの話
  ナカ婆さんの一生
  自然からの授かり物 マタギの文化に何を学ぶか
  マタギとは何か
同友館版・あとがき
同友館 増補改訂版のためのあとがき

著者略歴

野添憲治
野添憲治(のぞえ・けんじ)

1935年秋田県藤琴村(現・藤里町)に生まれる。新制中学を卒業後、山林や土木の出稼ぎを7年、国有林の作業員を8年の後、能代市に転住。大館 職業訓練所(自動車整備科)を修了後、木材業界紙記者、秋田放送ラジオキャスター、秋田経済法科大学講師(非常勤)などを経て、著述活動に入る。
著書に『出稼ぎ 少年伐採夫の記録』(三省堂新書)、『開拓農民の記録』(NHKブックス)、『花岡事件の人たち』(社会思想社・現代教養文 庫)、『秋田杉を運んだ人たち』(御茶の水書房)、『花岡事件と中国人』(三一書房)、『秋田県における朝鮮人強制連行』(社会評論社)ほか多数。中国語 に翻訳され、中国で3冊が出版されている。『塩っぱい河をわたる』(福音館書店)で第42回産経児童出版文化賞を受賞。

▲ページTOPへ