トップ > 図書目録 > 著作集・叢書 【叢書 思想の海へ】 > 書籍詳細 : 第12巻 思想の最前線で

図書目録

著作集・叢書 【叢書 思想の海へ】

第12巻 思想の最前線で

第12巻 思想の最前線で

文学は予兆する 

黒古一夫(編)

価格: 2524円+税
発行日: 1990年5月
版型: A5判
ページ数:
ISBNコード: ISBN978-4-7845-3112-7
Cコード:

詳細内容

くち葉集・落葉のはきよせ=二葉亭四迷より 徳川氏時代の平民的理想=北村透谷 下流の細民と文士=田岡嶺雲 政治小説を作るべき好時機=内田魯庵 現代日本の開化=夏目漱石 民衆と諷刺=小熊秀雄、他(1990・5)

著者略歴

黒古一夫

▲ページTOPへ