図書目録 一覧へ

トップ > トピックス

トピックス

rss

トピックス一覧

最新情報はブログ「目録準備室」、Twitterでもお伝えしています。
ブログ (http://shahyo.sakura.ne.jp/wp/
Twitter (https://twitter.com/m_junbishitsu

【社会評論社 目録準備室】 ブログを始めました。

皇道仏教と大陸不況』の書評が、2014年5月22日の週刊仏教タイムスで取り上げられました。

アソシエの経済学』の書評が、2014年5月18日の教徒新聞で取り上げられました。

啄木日記』の書評が、2014年5月18日の信濃毎日新聞で取り上げられました。

ハーフマニア』の書評が、2014年3月1日のブブカで取り上げられました。

世界ナンバー2列伝』の書評が、2014年3月1日のミリタリー・クラシックス Winter 2014 Vol.44で取り上げられました。

国家と追悼』の書評が、2014年2月9日の朝日新聞で取り上げられました。

薬と文学』の書評が、2014年2月4日の東京新聞で取り上げられました。

『啄木日記』公刊過程の真相』の書評が、2014年2月2日の赤旗で取り上げられました。

薬と文学』の書評が、2013年11月24日の朝日新聞で取り上げられました。

戦後復興首脳列伝』の書評が、2013年11月1日のミリタリークラシックス 2013 Autumn Vol43で取り上げられました。

戦後復興首脳列伝』の書評が、2013年11月1日の軍事研究で取り上げられました。

ニセチャイナ』の書評が、2013年11月1日の歴史読本で取り上げられました。

酒運び』の書評が、2013年11月1日のほろよい手帖たる No373で取り上げられました。

ニセチャイナ』の書評が、2013年10月1日の出版ニュースで取り上げられました。

ニセチャイナ』の書評が、2013年10月1日の東方 392号で取り上げられました。

消滅した国々』の書評が、2013年9月27日の週刊読書人で取り上げられました。

ニセチャイナ』の書評が、2013年9月17日のエコノミストで取り上げられました。

ニセチャイナ』の書評が、2013年9月特別号の文藝春秋で取り上げられました。

60年代新宿アナザー・ストーリー』の書評が、2013年8月6日の週刊文春で取り上げられました。

60年代新宿アナザー・ストーリー』の書評が、2013年8月4日の朝日新聞新聞で取り上げられました。

60年代新宿アナザー・ストーリー』の書評が、2013年6月30日の日本経済新聞で取り上げられました。

文化大革命の遺制と闘う』の書評が、2013年4月28日の日本経済新聞で取り上げられました。

「大東亜共栄圏」と日本企業』の書評が、2013年3月2日の図書新聞で取り上げられました。

『ジュリスト』2013年4月号に文化審議会パロディワーキングチーム座長である小泉直樹慶應義塾大学教授による『完全自殺マニア』パロディ裁判の決定文の解説が掲載されました。
~本決定は、翻案権侵害の判断の既存の枠組みに従いつつ結果としてパロディを許容した事例として参考となろう

完全自殺マニア』の裁判が、2012年12月8日の図書新聞で取り上げられました。

完全自殺マニア』の裁判が2012年12月4日ビジネスジャーナル「『完全自殺マニア』スラップ訴訟で見た出版界、本当の病巣」で取り上げられました。
今回は、棺桶に対して墓石&位牌、十字に対して卍という表現が相当異なったイラストであったことなどから、一定程度のパロディを認めつつ、著作権侵害ではないとする決定に至った。さらに、太田出版も理由はどうであれ、抗告せずとの判断を下した。

完全自殺マニア』の裁判が2012年11月15日のサイゾー「出版社の信用が完全崩壊! 太田出版が『完全自殺マニュアル』スラップ訴訟で返り討ちに」で取り上げられました。
太田出版といえば、サブカルチャー系の有名出版社。これまで、数々のパロディ本や著作権に関する書籍を出版しているこの会社が自社の本のパロディを許容せず「著作権侵害だ!」と裁判所に駆け込んだ挙げ句に、完敗する騒動が起こった。

完全自殺マニア』の裁判が、2012年11月15日の新文化で取り上げられました。

消滅した国々』の書評が、2012年12月9日の朝日新聞に掲載されました。

「大東亜共栄圏」と日本企業』の書評が、2012年12月1日の出版ニュースに掲載されました。

覚醒中国』の書評が、2012年9月23日の宮崎日日新聞に掲載されました。

昭和桃色映画館』の書評が、2012年11月16日の週刊金曜日に掲載されました。

コーラ白書【改訂版】』の書評が、2013年4月25日のアックスVol92に掲載されました。

即席麺サイクロペディア2』の書評が、2013年5月8日の日本経済新聞に掲載されました。

即席麺サイクロペディア2』の書評が、2013年4月25日のアックスVol92に掲載されました。

子どもに会いたい親のためのハンドブック』の書評が、2013年4月1日のクーヨンに掲載されました。

侵略戦争と総力戦』の書評が、Waseda Asia Review No.11に掲載されました。

啄木を支えた北の大地』の書評が、2012年9月23日の信濃毎日新聞に掲載されました。

世界珍本読本』の書評が、2013年5月10日の読書人に掲載されました。

世界珍本読本』の書評が、2012年11月16日の週刊朝日に掲載されました。

世界珍本読本』の書評が、2012年11月9日の読書人に掲載されました。

世界珍本読本』の書評が、2012年10月16日の東京新聞に掲載されました。

世界珍本読本』の書評が、2012年10月15日の読売新聞に掲載されました。

世界珍本読本』の書評が、2012年10月1日のマニア倶楽部に掲載されました。

世界珍本読本』の書評が、2012年10月1日の本の雑誌に掲載されました。

世界珍本読本』の書評が、2012年10月1日の出版ニュースに掲載されました。

世界珍本読本』の書評が、2012年10月1日の本の雑誌に掲載されました。

世界珍本読本』の書評が、2012年10月1日のアックスに掲載されました。

『完全自殺マニア』頒布差し止め仮処分申立却下について

「君が代」にココロはわたさない』の書評が、2012年9月8日の図書新聞に掲載されました。

時刻表世界史』の書評が、2012年8月29日の日本経済新聞に掲載されました。

みちのく銃後の残響』の書評が、2012年8月26日の朝日新聞に掲載されました。

みちのく銃後の残響』の書評が、2012年8月13日の河北新報に掲載されました。

みちのく銃後の残響』の書評が、2012年8月上旬の出版ニュースに掲載されました。

生命たちの悲鳴が聞える』の書評が、2012年7月28日の図書新聞に掲載されました。

みちのく銃後の残響』の書評が、2012年7月22日の秋田魁新報に掲載されました。

みちのく銃後の残響』の書評が、2012年7月16日のおおだて新報に掲載されました。

ニセドイツ3』の書評が、2012年7月12日の望声に掲載されました。

みちのく銃後の残響』の書評が、2012年7月6日の河北新報に掲載されました。

韓流ブームの源流』の書評が、2012年7月6日の神戸新聞に掲載されました。

生命たちの悲鳴が聞える』の書評が、2012年6月29日の習慣金曜日に掲載されました。

世界軍歌全集』の書評が、2012年6月1日の軍事史学に掲載されました。

ニセドイツ3』の書評が、出版ニュース 2012年4月中旬号に掲載されました。

和のおもちゃ絵・川崎巨泉』の書評が、2012年4月4日の日本経済新聞に掲載されました。

吉本隆明と共同幻想』の書評が、2012年1月21日号の図書新聞に掲載されました。

菊田一夫の仕事』の書評が、2011年12月18日号の毎日新聞に掲載されました。

潜在的核保有と戦後国家』の書評が、2011年12月1日号の出版ニュースに掲載されました。

赤塚不二夫大先生を読む』の書評が、2011年12月1日号の出版ニュースに掲載されました。

赤塚不二夫大先生を読む』の書評が、2011年11月28日号の読売新聞夕刊に掲載されました。

バパ・バリ 三浦襄』の書評が、2011年11月1日号の出版ニュースに掲載されました。

軍艦島に耳を澄ませば』の書評が、2011年10月2日号の東京新聞に掲載されました。

ファーストフードマニア』の書評が、2011年10月24日号の週刊大衆に掲載されました。

戦争と伝書鳩』の書評が、2011年10月23日号の東京・中日新聞に掲載されました。

アート・検閲、そして天皇』の書評が、2011年10月15日号の思想運動に掲載されました。

戦争記憶の継承』の書評が、2011年10月14日号の週刊金曜日に掲載されました。

いんちきおもちゃ大図鑑』の書評が、2011年10月10日号の週刊大衆に掲載されました。

軍艦島に耳を澄ませば』の書評が、2011年10月2日号の東京新聞に掲載されました。

軍艦島に耳を澄ませば』の書評が、2011年9月30日号の週刊金曜日に掲載されました。

忘れられた王国』の書評が、2011年9月24日号の図書新聞に掲載されました。

昭和桃色映画』の書評が、2011年9月号の小説すばるに掲載されました。

菊田一夫の仕事』の書評が、2011年9月17日号の図書新聞に掲載されました。

昭和桃色映画館』の書評が、2011年9月9日の週間ポストに掲載されました。

昭和桃色映画館』の書評が、2011年8月27日の図書新聞に掲載されました。

昭和桃色映画館』の書評が、2011年8月11日の週刊新潮に掲載されました。

ゴム銃大図鑑』の書評が、2011年8月10日の新潟情報に掲載されました。

昭和桃色映画館』の書評が、2011年8月上旬のキネマ旬報に掲載されました。

昭和桃色映画館』の書評が、2011年7月31日の東京新聞に掲載されました。

戦争記憶の継承』の書評が、2011年6月中旬の出版ニュースに掲載されました。

弊社編集者、濱崎誉史朗がプロデュースする有隣堂ヨドバシAKIバカVol3『プロヘタリア 共産趣味者ハマザキカクが認めた軍事本フェア』が開催されています。福島の木工企業、共榮製の実物ゴム銃も店頭販売しています。

超高層ビビル』の書評が、2011年6月14日のもっとデジイチLIFE6月28日号に掲載されました。

吉本隆明と親鸞』の書評が、2011年6月12日の東京新聞に掲載されました。

弊社編集者、濱崎誉史朗の特集記事が2011年6月2日刊行『新文化』に掲載されました。

弊社編集者、濱崎誉史朗がプロデュースする有隣堂ヨドバシAKIバカVol2『松マルクス本舗』が開催されています。

ゴム銃大図鑑』の監修者、日本ゴム銃射撃協会理事長、中村光児さんが2011年6月2日の『笑っていいとも』に出演しました。

人種マニア』のカリカチュア・アーティスト、渡辺孝行さんが『カンパニータンク』という経営者向けの雑誌の取材を受けました。

超高層ビビル』の中谷幸司さんが文藝春秋の『嗜み』10号でインタビューされました。

「裏日本」文化ルネッサンス』の書評が、2011年4月の出版ニュースに掲載されました。

生涯学習論の磁場』の書評が、2011年4月の出版ニュースに掲載されました。

マタギのむら』の書評が、2011年5月の世界へ未来へ 9条連ニュースに掲載されました。

マタギのむら』の書評が、2011年5月の図書新聞に掲載されました。

マタギのむら』の書評が、2011年4月29日の東京新聞に掲載されました。

啄木と秋瑾』の書評が、2011年4月12日の図書新聞に掲載されました。

ゴム銃大図鑑』の書評が、2011年5月29日のサンデー毎日5.29号に掲載されました。

ゴム銃大図鑑』の書評が、2011年5月のモノ・マガジンno.649に掲載されました。

ゴム銃大図鑑』の書評が、2011年5月22日の日刊サイゾーに掲載されました。

『プレイボーイ』2011年3月7日号で『超高層ビビル』の中谷幸司さんが取材されました。

3月1日からジュンク堂書店新宿店で『ゴム銃大図鑑』発売記念フェアを開催しています。

ゴム銃大図鑑』の書評が、2011年3月8日の東京新聞に掲載されました。

超高層ビビル』の書評が、2011年3月7日号のプレイボーイに掲載されました。

マタギのむら』の書評が、2011年3月5日の図書新聞に掲載されました。

超高層ビビル』の書評が、CIRCUS MAX 2011年4月号に掲載されました。

ルポ 悼みの列島』の書評が、2011年2月25日の日中友好新聞に掲載されました。

マタギのむら』の書評が、2011年2月25日の北羽新報に掲載されました。

生死(いき・しに)叢書・いのちの民俗学3』の書評が、2011年2月13日の上毛新聞に掲載されました。

宇宙戦艦ヤマトと70年代ニッポン』の書評が、2011年1月16日号の赤旗に掲載されました。

啄木と秋瑾』の書評が、2011年1月16日の北海道新聞に掲載されました。

宇宙戦艦ヤマトと70年代ニッポン』の書評が1月17日の読売新聞に載りました。

超高層ビビル』の中谷幸司さんが1月3日の朝日新聞東京版に載りました。

いんちきおもちゃ大図鑑』の台湾版、『亞洲山寨版玩具大圖鑑』が、尖端出版から出版されました。

渡辺孝行さんの『人種マニア』が12月25日のCSフジ『男おばさん』で紹介されました。

超高層ビビル』がパオロ・マッツァリーノさんにより『VERY』の2010年11月号で紹介されました。

『ワンダーJAPAN17』で、『超高層ビビル3 ドバイ編』が紹介されました。

「世界一の時刻表コレクター」曽我誉旨生さんが話題の『昭和の鐵道と旅』に資料を提供しました。

いんちきおもちゃ大図鑑』のいんちき番長が「最ダメ大賞2010~駄目な文房具・アホアホ本エクスポ・いんちきおもちゃ大図鑑・バカレコードナイト~2010最ダメ決定戦」に出演。

社会評論社がアスペクト、彩図社、ミリオン出版と一緒に有隣堂ヨドバシAkiba店のサブカル四天王フェアに参加しています。

人種マニア』の渡辺孝行さんが11月29日放送のテレビユー福島の「グーテン」に出演。

「トキワ荘」無頼派 漫画家・森安なおや伝』の書評が、週刊朝日 2010/12/17に掲載されました。

光州 五月の記憶』の書評が、図書新聞 2010/12/4に掲載されました。

危機の時代を観る』の書評が、労働運動研究 2010/12/1に掲載されました。

わが青春の国際学連』の書評が、労働運動研究 2010/12/1に掲載されました。

アジア自動車市場の変化と日本企業の課題』の書評が、海外投資JOI 2010/11に掲載されました。

宇宙戦艦ヤマトと70年代ニッポン』の書評が、週刊金曜日 2010/12/3に掲載されました。

「トキワ荘」無頼派 漫画家・森安なおや伝』の書評が、望星 2010/12/1に掲載されました。

即席麺サイクロペディア1』の山本利夫さんが日本テレビ、2010年11月20日(土)13時30分『驚天動地!知らなかったの?ウラシマン!』に出演。

即席麺サイクロペディア1』の書評が、毎日新聞 2010/11/16に掲載されました。

超高層ビビル』の中谷幸司さんがNHKBS『熱中スタジアム』に出演。
第1夜[BS2]2010年11月26日(金)午後10:00~午後10:59、[BShi]2010年11月25日(木)午後7:00~午後 7:59。
第2夜[BS2]2010年12月3日(金)午後10:00~午後10:59、[BShi]2010年12月2日(木)

ルポ 悼みの列島』の書評が、ふぇみん・室田元美さんインタビュー 2010/11/15に掲載されました。

人種マニア』の書評が、週刊読書新聞 2010/11/15に掲載されました。

西郷隆盛と〈東アジアの共生〉』の書評が、西日本新聞 2010/11/7に掲載されました。

「トキワ荘」無頼派 漫画家・森安なおや伝』の書評が、毎日新聞 2010/10/31に掲載されました。

なんと! 『超高層ビビル3』フェアがあの世界一高いビル、ブルジュ・ハリファの麓にある「紀伊国屋書店ドバイ店」で開催されています!沢山のご来店をお待ちしておます。

超高層ビビル3』 ドバイ政府観光・商務局に推薦されました。

超高層ビビル3「スッキリ!!」日本テレビ 2010/10/15で紹介されました。

書泉グランデ、新宿紀伊国屋本店、ブックファースト新宿店で『超高層ビビル3』の発売記念ミニフェアを開催しています。

超高層ビビル2 アジア編「スッキリ!!」日本テレビ 2010/10/21で紹介されました。

ゴム銃大図鑑』の撮影風景が 「ダイヤモンドオンライン ニッポン「趣味活」生態図鑑」 で紹介されました。

「六〇年安保」を労働者はいかに闘ったか』の書評が、図書新聞 2010/10/30に掲載されました。

西郷隆盛と〈東アジアの共生〉』の書評が、北海道新聞 2010/10/10に掲載されました。

国家と追悼』の書評が、週刊金曜日 2010/9/25に掲載されました。

一発朗』の書評が、週刊金曜日 2010/10/22に掲載されました。

遺骨は叫ぶ』の書評が、出版ニュース 2010/10/22に掲載されました。

ルポ悼みの列島』の書評が、週刊金曜日 2010/10/22に掲載されました。

沖縄と日米安保』が、週刊金曜日 2010/10/8に紹介されました。

ルポ悼みの列島』の書評が、出版ニュース 2010/10/8に掲載されました。

即席麺サイクロペディア1』の書評が、出版ニュース 2010/10/8に掲載されました。

ほったいもいじるな』「ザ・ゴールデンアワー」東京MXテレビ 2010/9/27で紹介されました。

沖縄に向き合う』の書評が、社会新報 2010/9/29で紹介されました。

ルポ 悼みの列島』の書評が、社会新報 2010/9/29で紹介されました。

いんちきおもちゃ大図鑑』をGaijinPotJapanTodayで紹介させていただきました。

いんちきおもちゃ大図鑑』の書評が、特冊新撰組DX 2010/9月号に掲載されました。

即席麺サイクロペディア1』の書評が、Tarzan 2010/8/26に掲載されました。

超高層ビビル 日本編』の中谷幸司さんが8月8日に東京カルチャーカルチャーで開催された「東京スカイ夏まツリー2010」に出演しました。

いんちきおもちゃ大図鑑』7月19日のTBSテレビ『アジガアルジャン』で取り上げられました。

社会評論社の濱崎誉史朗が7月11日、7月18日、7月25日の朝霞市のスマイルFM「古今亭志ん弥の洒落になんないよ。」にゲストとして出演し ました。

超高層ビビル 日本編7月12日のTBS『関口宏の東京フレンドパーク2』で取り上げられました。

和のおもちゃ絵・川崎巨泉』の書評が、月刊島 2010/6に掲載されました。

即席麺サイクロペディア1』の書評が、monoマガジン 2010/8/16に掲載されました。

即席麺サイクロペディア1』の書評が、ゲームラボ 2010/8/1に掲載されました。

即席麺1サイクロペディア1』の書評が、読売新聞 2010/7/31に掲載されました。

即席麺サイクロペディア1』の書評が、週刊金曜日 2010/7/23に掲載されました。

東チモール 未完の肖像』の書評が、週刊金曜日 2010/7/9に掲載されました。

ヴァルター・ベンヤミン解読』の書評が、週刊読書人 評者:久保哲司 2010/5/28に掲載されました。

和のおもちゃ絵・川崎巨泉』が、『月刊島民』Vol.25に紹介されました。

和のおもちゃ絵・川崎巨泉』の書評が、月刊島 2010/6に掲載されました。

『Cool Ja本』マルサン書店仲見世本店にて7月15日から8月31日まで開催されます。

ヴァルター・ベンヤミン』の書評が、図書新聞 2010/7/3に掲載されました。

マルクスの構想力』の書評が、人間と教育 2010/夏号に掲載されました。

ソヴェト=ロシアにおける赤色テロル(1918~23)』の書評が、図書新聞 2010/6/26に掲載されました。

沖縄と日米安保』の書評が、沖縄タイムス 2010/6/3に掲載されました。

即席麺サイクロペディア1』が6月27日のGigazineで紹介されました。

毎日新聞(2010年6月20日付)「余録」に『和のおもちゃ絵・川崎巨泉』が紹介されました。

濱崎誉史朗、日本最大の英語雑誌、Metropolisにインタビューされました。 6月18日号掲載。

濱崎誉史朗、サイゾーに取材されました

Cool Ja本』、JapanToday、GaijinPot、ひらがなタイムズに取り上げられました。

ニセドイツ』の書評が、サンデー毎日 2010/6/20に掲載されました。

ダメ人間の世界史』の書評が、週刊金曜日 2010/6/4に掲載されました。

ほったいもいじるな』の書評が、月刊日本語 2010/6/2に掲載されました。

ヴァルター・ベンヤミン解読』の書評が、月刊日本語 2010/6/1に掲載されました。

いんちきおもちゃ大図鑑』の書評が、台湾地球村出版社 美日語 2010/6/1に掲載されました。

一九三〇年代のアジア社会論』の書評が、週刊エコノミスト 2010/5/25に掲載されました。

高田渡と父・豊の「生活の柄」』の書評が、週刊金曜日 2010/5/14に掲載されました。

国分一太郎』の書評が、山形新聞 2010/5/9に掲載されました。

巴里物語』の書評が、図書新聞 2010/5/8に掲載されました。

国分一太郎』の書評が、新社会 2010/4/27に掲載されました。

教育のなかのアイヌ民族』の書評が、北海道新聞(「ほっかいどうの本」) 2010/5/23に掲載されました。

近代北海道史をとらえなおす』の書評が、北海道新聞(「ほっかいどうの本」) 2010/5/23に掲載されました。

いんちきおもちゃ大図鑑 VS パチモン大王 お台場頂上大作戦!
いんちき番長・唐沢なとき
会場:お台場「東京カルチャーカルチャー」(ゼップ東京2階 観覧車横)
日時:5/22(土) 12時開場・13時開演・15時半終了予定

時刻表世界史』の曽我誉旨生さんが「東京REMIX族」J-WAVE 2010/5/8 17:00~17:54に出演します。

ほったいもいじるな』が「オレたち!クイズマン」TBSテレビ 2010/4/25 で放送されました。

野球人 牛島和彦の「偶然を必然に変える」投球術』の書評が、中学野球小僧 2010/4/10に掲載されました。

「彷書月刊」2010年5月号に『巴里物語 【2010復刻版】』などの松尾邦之助特集が掲載されました。

ダメ人間の世界史』の書評が、ゲームラボ 2010/5/2に掲載されました。

エロ語呂世界史年号』の書評が、ゲームラボ 2010/5/1に掲載されました。

日録・大杉栄伝』の書評が、図書新聞 2010/4/24に掲載されました。

エロ語呂世界史年号』の書評が、サイゾー 2010/4/13に掲載されました。

一九三〇年代のアジア社会論』の書評が、出版ニュース 2010/4/1に掲載されました。

野球人 牛島和彦の「偶然を必然に変える」投球術』の書評が、産経新聞 2010/4/9に掲載されました。

ニセドイツ1・2』の書評が、ハチマルヒーローVol.13 2010年5月号に掲載されました。

ほったいもいじるな』の書評が、週刊金曜日 2010/4/9に掲載されました。

ダメ人間の世界史』の書評が、読売新聞夕刊 2010/4/4に掲載されました。

ダメ人間の世界史』の山田昌弘さんが「寺島尚正 ラジオパンチ」 文化放送 2010/4/9 12:00前後に出演。

ハマザキカク』三省堂神保町本店:濱崎誉史朗フェアが、2010年4月4日の日本経済新聞で紹介されました。

野球人 牛島和彦の「偶然を必然に変える」投球術』の書評が、4月13日(火)、CBCラジオ(中部日本放送)「つボイノリオの聞けば聞くほど」(月~金 午前9時~)という番組の「ドラゴンズのツボ」というコーナーで紹介されます。放送時間は午前11時10分頃~ の予定です。

日録・大杉栄伝』の書評が、朝日新聞 2010/3/20に掲載されました。

企業の戦争責任』の書評が、朝日新聞秋田版 2010/3/6に掲載されました。

▲ページTOPへ