|刊行情報| 日韓記者・市民セミナー ブックレット 1 特集 日韓現代史の照点を読む

多様性と多文化共生を認め合う時代に、埋もれさせてはならない現 代史の真実がある。それを闇に封じる限り、日韓の壁は越え難く、レイシズムの熱がく り返し引き起こされる。関東大震災朝鮮人虐殺、朝鮮人特攻隊員の存在と慰霊、在日朝鮮人帰国事業の歴史評価──。

コロナ禍時代、SNSによるデマ拡散に、虚偽報道と虐殺の歴史 がよぎる中、冷え切った日韓・北朝鮮問題の深淵を探り、日韓現代 史の照点に迫るブックレット。


内容

第Ⅰ講 関東大震災朝鮮人虐殺否定論はトリックである
加藤直樹(作家)

第Ⅱ講 日本の特攻隊員として死んだ朝鮮兵士への慰霊
黒田福美(女優)

第Ⅲ講 在日朝鮮人の北朝鮮への帰国事業60周年を迎えての検証
菊池嘉晃(ジャーナリスト)


この三つのテーマは、学校できちんと教えられていないために多くの方は聞いたこともないかもしれません。しかし、虐殺された朝鮮人への追悼文を拒否する都知事が現れたり、朝鮮人特攻隊員犠牲者の追悼がきちんとなされなかったり、「帰国者」が脱北して日本で北当局を訴えるなど、それらは今も続く歴史です。この小冊子を通じて歴史の真実に向き合っていただければ幸いです。

編集・発行人  裵哲恩(一般社団法人KJプロジェクト代表)


日韓記者・市民セミナー ブックレット1
A5判ブックレット 112ページ 本体900円+税
ISBN978-4-7845-1146-4
2020年8月刊 発売中


購入サイト(外部リンク)


Amazon


寺島善一/著

評伝 孫基禎
スポーツは国境を越えて心をつなぐ

1936年ナチス政権が開催したベルリンオリンピック。日本代表としてマラソン競技に出場し、金メダルを獲得した孫基禎。その波瀾にみちた生涯とスポーツに託した夢に迫るドキュメンタリー。

四六判並製・160頁 本体1,400円+税
ISBN978-4-7845-1569-1

投稿者: 社会評論社 特設サイト 目録準備室

社会評論社メール book@shahyo.com