|紹介| ”現代の演歌師” 岡大介 新作『かんからそんぐⅣ 添田啞蟬坊生誕百五十年記念』

東京に歴史を求めて歩いて行くと、浅草あたりで出くわすのが「添田啞蟬坊」の名前と演歌師という今では聞きなれない肩書きでした。それを芸能として今に伝えている歌い手に岡大介さんがいます。岡さんの歌声を聞いてしまいますと、むかしの東京の片隅にいた庶民の暮らしの悲哀を想像してしまうのが不思議。

岡大介さんの新譜『かんからそんぐⅣ 添田啞蟬坊生誕百五十年記念』発売のお知らせが届きました。添田啞蟬坊のいた東京と、いまの東京とを結ぶ歌声を期待します。

詳しくは以下を。(転載)


●岡大介【かんからそんぐⅣ】
★添田啞蟬坊生誕百五十年記念★
~カンカラ三線ひきがたり~
(オフノート/AUR-28)
価格:2000円(税別)

1、「金々節」(大正14年/1925年)
詞曲:添田啞蟬坊、後藤紫雲

2、「民権かぞえ歌」(明治5年/1872年)
詞:植木枝盛、岡大介 曲:不詳

3、「オッペケペー節」(明治22年/1889年)
詞:若宮万次郎、岡大介 曲:川上音二郎

4、「大磯演歌・磯自慢」(令和4年/2022年)
詞:磯人昇、岡大介 曲:岡大介

5、「拳骨節」(明治25年/1892年)
詞:添田啞蟬坊、岡大介 曲:添田啞蟬坊

6、「ああわからない」(明治39年/1906年)
詞:添田啞蟬坊、岡大介 曲:添田啞蟬坊

7、「むらさき節」(明治43年/1910年)
詞:添田啞蟬坊、岡大介 曲:添田啞蟬坊

8、「新馬鹿の唄/ハテナソング」(大正9年/1920年)
詞:添田啞蟬坊、山路赤春、岡大介 曲:不詳

9、「缶空節」(令和4年/2022年)
詞曲:岡大介

10、「ピエロの唄」(大正11年/1922年)
詞:松崎ただし 曲:鳥取春陽

11、「生活戦線異常あり」(昭和5年/1930年)
詞:添田啞蟬坊、岡大介 曲:佐々木すぐる

12、「恋を知る頃嫁ぐ頃」(大正12年/1923年)
詞:添田啞蟬坊 曲:添田知道

13、「東京節」(大正7年/1918年)
詞:添田知道、岡大介 曲:不詳

14、「呑んだ節」(令和3年/2021年)
詞曲:岡大介

◆楽士:岡大介(歌、カンカラ三線、太鼓、鉦)
◆客演:小林寛明(ラッパ二胡)、紺野将敬(チンドン)、堀込美穂(アコーディオン)
※「呑んだ節」のみ
◆監督:岡大介
◆解説:木村聖哉、岡大介
◆美術:青木隼人(デザイン)、岡大介(絵)
◆技師:石崎信郎

【 日本の「演歌」とは何か。美空ひばり?北島三郎?「演歌」の元祖は庶民の叫びを歌い続けた添田啞蟬坊。外国曲ばかりに影響される音楽プロデューサーやミュージシャンが増え続ける中、令和の今も「演歌」の魂を沖縄の叫びから生まれたカンカラ三線 一本歌い継ぐ!】

【購入方法】
★CDショップ:2000円+税

★通販:メタカンパニー こちら


岡大介公式ブログ こちら


関連記事:
添田啞蟬坊の歌を楽しもう! 『演歌の明治ン 大正テキヤ』

演歌の明治ン 大正テキヤ
演歌の明治ン 大正テキヤ

|アマゾンKindle版リリース| 西原哲也/著『中国の現代化を担った日本 消し去られた日本企業の役割』

1月に刊行しました西原哲也/著『中国の現代化を担った日本 消し去られた日本企業の役割』をアマゾンKindle版で新たにリリースしました。スマホからでもお楽しみいただけます。


西原哲也/著
『中国の現代化を担った日本 消し去られた日本企業の役割』
販売ページ こちら (外部リンク)

“|アマゾンKindle版リリース| 西原哲也/著『中国の現代化を担った日本 消し去られた日本企業の役割』” の続きを読む

|広告掲載|日本経済新聞1月18日

日本経済新聞(1月18日)1面に新刊3点の広告を出稿しました。
各書の取り寄せは下記リンクをご利用ください!

サステナビリティの経営哲学 渋沢栄一に学ぶ 十名直喜/著 

中国の現代化を担った日本 消し去られた日本企業の役割 西原哲也/著

社会的連帯経済への道 続 未踏の時代の経済・社会を観る 井上良一著

 

*電子書籍刊行のお知らせ

社会評論社は電子書籍をアマゾンKindleにてリリースを開始しました。第1弾はオーガニックゆうき著「龍とカナリア」です。本作は「SF作品を通して生きる知恵やヒントを提供する次世代のウェブメディア VG+ (バゴプラ)」を運営するVGプラス合同会社様の制作で実現しました。

同社が来年より計画している企画の一端をになうかたちで社会評論社から作品を刊行する予定です。どうぞお楽しみに。

*関連記事およびKindle版へのリンク

VGプラス合同会社が社会評論社と業務提携を締結 第一弾としてオーガニックゆうき「龍とカナリア」電子書籍版を刊行

オーガニックゆうき/著「龍とカナリア」Kindle版

なお、社会評論社の刊行書籍のKindle版も近くリリース予定です。詳細はあらためてご案内いたします。


追記

*11月5日リリース開始

栄太変/著 「音痴」といえば音楽家  Kindle版

 

|重版出来| 最後の空襲 熊谷 -8月14・15日戦禍の記憶と継承- 熊谷空襲を忘れない市民の会編 社会評論社

“|重版出来| 最後の空襲 熊谷 -8月14・15日戦禍の記憶と継承- 熊谷空襲を忘れない市民の会編 社会評論社” の続きを読む

連載記事「東京のむかしと本屋さん」アドレス変更のお知らせ

下記の連載記事のアドレスが変更になりました。

◆連載 東京のむかしと本屋さん

目次

[港区・赤坂]赤坂のヒナ探し
[神田・横浜]東京から来て 天保堂苅部書店 横浜と歩む
[豊島区・長崎]センセイも歩いた椎名町
[目黒区・駒場]河野書店のあたり駒場東大前
[深川・浅草/町田]東京へやや遠くなりぬ 二の橋書店
[水道橋/神田三崎町]神田三崎町と有文堂書店の100年。
[本郷・東大赤門]ペリカン書房と品川力さんと、本郷の町。
[文京区本郷]大学堂書店と本郷三丁目の交差点

| 刊行情報 | 『佐原のピカソ・張子屋カマタさん ─カマタさんって、鎌田芳朗さんのことなんです。佐原張子作品集─』プレスリリース

| 詳報 |

“| 刊行情報 | 『佐原のピカソ・張子屋カマタさん ─カマタさんって、鎌田芳朗さんのことなんです。佐原張子作品集─』プレスリリース” の続きを読む

| 刊行情報 | 兵隊になった若き学者が描いた絵てがみは、反戦感情のレリーフだった。●檜垣御楯/著 俺は逆を行く 或る学徒召集兵の戦さ(第一篇 檜垣元吉・兵舎便り) 社会評論社 2019年7月下旬刊

“| 刊行情報 | 兵隊になった若き学者が描いた絵てがみは、反戦感情のレリーフだった。●檜垣御楯/著 俺は逆を行く 或る学徒召集兵の戦さ(第一篇 檜垣元吉・兵舎便り) 社会評論社 2019年7月下旬刊” の続きを読む