|刊行情報| 千円札の伊藤博文と安重根 (日韓記者・市民セミナーブックレット9)

外国人に対する入国管理と日本社会——、スリランカ人女性・ウィッシュマさんの名古屋入管死亡事件を機に、その制度の闇が明かされた。そこに現れた差別と排外主義の歴史をたどると、日本による韓国併合に行き着くという。安重根(アン・ジュングン)による伊藤博文銃撃事件を、今どのように捉えるか…。子どもたちに、近現代の歴史を教える学校教育と教科書検定の現在を併せて検証する。

“|刊行情報| 千円札の伊藤博文と安重根 (日韓記者・市民セミナーブックレット9)” の続きを読む

|刊行情報| 歴史の証言 前に進むための記録と言葉(日韓記者・市民セミナー ブックレット 8)

歴史は「現在と過去との対話」と言われ、人々が重ねてきた地層にも例えられる。現在に生きる私たちは、その過去と対話し主体的に捉えてこそ、未来に向かって進むことができる。

第 Ⅰ 講で紹介される信濃毎日新聞の特集と、そこから生まれた5つの提言は、誠実に歴史に向き合うことの大切さを私たちに教えている。その意味で、姜徳相著『関東大震災』復刻と、呉徳洙監督の映画『在日』は、前に向かって進むための、かけがえのない歴史記録である。

“|刊行情報| 歴史の証言 前に進むための記録と言葉(日韓記者・市民セミナー ブックレット 8)” の続きを読む

|刊行情報| 「キムチと梅干し」日韓相互理解のための講演録 <日韓記者・市民セミナー・ブックレット7>

“|刊行情報| 「キムチと梅干し」日韓相互理解のための講演録 <日韓記者・市民セミナー・ブックレット7>” の続きを読む

|刊行情報| 日韓記者・市民セミナー ブックレット6 「在日」三つの体験

三人の在日コリアンが実体験に基づき語るオムニバス。

“|刊行情報| 日韓記者・市民セミナー ブックレット6 「在日」三つの体験” の続きを読む

|刊行情報| 日韓記者・市民セミナー ブックレット 5 東京2020 五輪・パラリンピックの顛末 裵哲恩/編 谷口源太郎、寺島善一、澤田克己/著

“|刊行情報| 日韓記者・市民セミナー ブックレット 5 東京2020 五輪・パラリンピックの顛末 裵哲恩/編 谷口源太郎、寺島善一、澤田克己/著” の続きを読む

|刊行情報| 日韓記者・市民セミナー ブックレット3 政治の劣化と日韓関係の混沌 社会評論社

“|刊行情報| 日韓記者・市民セミナー ブックレット3 政治の劣化と日韓関係の混沌 社会評論社” の続きを読む

|刊行情報| 日韓記者・市民セミナー ブックレット 1 特集 日韓現代史の照点を読む

続きを読む