* 新 刊 案 内

* 新 刊

* 刊 行 予 定

  • 依存症から回復のコミュニティへ 回復者と家族・友人たちによるアドボカシー活動 ウィリアムL・ホワイト/著 回復の顔と声・日本委員会/監訳  2022年12月12日刊
  • 私のことはわたしが決める 松本移住の夢をかなえたがん患者、77歳 竹内尚代/著   2022年12月12日刊
  • 復讐としてのウクライナ戦争 戦争の政治哲学:それぞれの正義と復讐・報復・制裁 塩原俊彦/著  2022年12月12日刊

* 広 告 掲 載 予定

  • 世 界 11月 8日(2022年12月号)
  • 週刊読書人 11月 11日
  • 図書新聞  11月 11日
  • 朝日新聞  11月 12日
  • 東京新聞  11月 15日
  • 毎日新聞  11月 17日

* 発 売 中

2022年 11月 17日発売

「ふるさと創生」学びと結(ゆい)開拓者精神の復権
池上惇・池田清・金井萬造 /編著
*地域・都市づくりのこれからに、災害復興での助け合いと交流を活かす。

詳しく

2022年 11月 1日発売

2022 石垣島、夢を見る島の真裏で。 久喜ようた /著
*ドローイング+散文(見開き)23作収録

詳しく

2022年 11月 1日発売

「人間とは食べるところのものである」 ―「食の哲学」構想― 河上睦子 /著
フォイエルバッハ「食の哲学構想」の解読を基礎に、現代日本の食の世界が抱えている諸問題を考察。

詳しく

2022年 10月 14日発売

千円札の伊藤博文と安重根
日韓記者・市民セミナーブックレット9

詳しく

2022年 10月 13日発売

こんな人たち 自治体と住民運動
佐々木健悦 /著
市政や市議会の愚行と市民運動の体たらくを暴き、市民の良識に訴える。

詳しく

2022年 10月 13日発売

循環型地場産業の創造 持続可能な地域・産業づくりに向けて
熊坂敏彦 /著
地場産業の「革新的DNA」はいかに発現し持続可能な地域・産業づくりに貢献しているか?

詳しく

2022年 10月 3日発売

甦るマルクス 「晩期マルクス」とコミュニタリアニズム、そして宮澤賢治  大内秀明/著
「マルクス―モリス―宮澤賢治―宇野弘蔵」、大内コミュニタリアニズム論

詳しく

2022年 9月 28日発売

歴史知のアネクドータ 武士神道・正倉院籍帳など 石塚正英/著
歴史が創った思想と現代をつなぐ思念の意義を伝える学問論。

詳しく

2022年 9月 12日発売

トロツキーと戦前の日本 ミカドの国の預言者  森田成也 /著
知られざる戦前日本のトロツキー

詳しく

2022年 9月 6日発売

市民と行政の協働 ごみ紛争から考える地域創造への視座 濱 真理/著
ごみ処理施設の建設は、
必要と知りながらも敬遠しがちな懸案課題。

詳しく

2022年 8月 29日発売

リプレーザⅢ No.06 Ripresa編集員会/編
一貫して反戦を貫き、労働者の生の百態を活写

詳しく

2022年 8月 29日発売

SFアンソロジー 新月/朧木果樹園の軌跡 井上彼方/編
SFの新レーベル Kaguya Books の書籍第一弾

詳しく

2022年 8月 29日発売

脱資本主義 — S.ジジェクのヘーゲル解釈を手掛かりに
高橋一行/著
日本人によるジジェク論の先駆け

詳しく

2022年 7月 29日発売

ミャンマー「春の革命」─問われる[平和国家]日本
永井浩 /著
アウンサンスーチーに伴走してきた記者が日本政府と軍政の共犯関係を追究。

詳しく

2022年 7月 29日発売

人類進化の傷跡とジェンダーバイアス 家族の歴史的変容と未来への視座
横田幸子著
「女性差別を克服できる道を拓いた画期的著作」池上惇(京都大学名誉教授)

詳しく

2022年 7月 22日発売

ウクライナ3.0 米国・NATOの代理戦争の裏側
塩原俊彦/著
『プーチン3.0 殺戮と破壊への衝動』に続き問題の本質に迫る!

詳しく

2022年 7月 15日発売

歴史の証言 前に進むための記録と言葉
日韓記者・市民セミナー ブックレット 8

詳しく

2022年 7月 8日発売

リカード貿易論解読法 『資本論』に拠る論証
福留久大 /著
国際経済論や学史テキストに変更を迫る著者渾身の論考。

詳しく

2022年 6月 7日発売

学問の自由と自由の危機 日本学術会議問題と大学問題
寄川条路 /編
「学問の自由」に潜む危機を国立大学と私立大学の現実問題から捉えた論集。

詳しく

2022年 6月 7日発売

歴史知の百学連環 文明を支える原初性
石塚正英/著
”文明を支える原初性”シリーズ三部作の完結編。

詳しく

2022年 5月 30日発売

プーチン3.0 殺戮と破壊への衝動 —ウクライナ戦争はなぜ勃発したか
塩原俊彦/著
揺らぐ世界秩序。侵攻へと駆り立てたものの本質に迫る。

詳しく

2022年 5月 16日発売

公道~尊厳と公正を求める~
大阪・花岡中国人強制連行国家賠償請求訴訟訴訟団/編
強制連行・強制労働という著しい人権侵害と人道に対する罪の実相

詳しく

2022年 5月 10日発売

現代適正技術論序説
田中直/著
近代科学技術に代わる技術体系をめぐって

詳しく

2022年 4月 15日発売

ステキな韓国語 初級
柳蓮淑 朴玉珠 呉吉煥/著
授業やアンケートで得られた学生の声を取り入れた教材づくり

詳しく

|著作集|

・伊藤誠著作集 詳しく

・石塚正英著作選 社会思想史の窓  詳しく

・野添憲治著作集 詳しく

*ロングセラー 機械翻訳と未来社会 

軽井沢エフエム「軽井沢ラジオ大学」
編著者2人が出演した収録音声が公開されています!

西島佑さん出演回(4月20日)「機械翻訳と未来社会 これからの外国語教育はどうなる!?」>> こちら

瀧田寧さん出演回(5月5日)「機械翻訳と未来社会 言語の壁はなくなるのか」>> こちら

FM軽井沢ホームページ https://fm-karuizawa.co.jp

*電子書籍(アマゾンKindle)

|電子書籍| Kindle版タイトル

*音声無料ストリーミングサービス

『ステキな韓国語 初級』の音声データを公開しています。本文中のヘッドフォンマーク60箇所の通し番号と対応しいています。 こちら

* 日中国交正常化50年

半世紀たった今、甦る日中国交回復の舞台裏——。
西原哲也/著
『中国の現代化を担った日本 消し去られた日本企業の役割』発売中

< 二〇二二年は、日中国交正常化五〇周年の年である。草創期の中国に莫大な技術を提供し、現在の巨大な経済力の礎を築いたのは、多くの日本の企業や経済人だったが、中国ではそれが語られることはもはやない。経済力で日本を追い越した中国が日本企業の貢献を記憶から消し去るというなら、こちらは、中国の発展を担ってきた日本企業の史実を語り継いでいくしかない、と思ったのが本書の趣旨である。> 本書より

>> 内容をみる

*とりよせ

本の取り寄せ

取り寄せには日本出版インフラセンター様運営のサイト「BOOKS出版書誌データベース」サイトが便利です。ネット通販、書店へのアクセスができます。

書店様向け

とうこう・あい様が運営する受発注システム「BookCellar」に小社は参加しております。