|刊行情報| 重度障害者が国会の扉をひらく! 木村英子・舩後靖彦の議会参加をめぐって(上保晃平 著/堀 利和 監修)社会評論社

コロナ禍に向き合いながら
社会学部で学ぶ学生が、
本書の原本になった卒業論文を書き上げた。

“|刊行情報| 重度障害者が国会の扉をひらく! 木村英子・舩後靖彦の議会参加をめぐって(上保晃平 著/堀 利和 監修)社会評論社” の続きを読む

|刊行情報| 日韓記者・市民セミナー ブックレット3 政治の劣化と日韓関係の混沌 社会評論社

“|刊行情報| 日韓記者・市民セミナー ブックレット3 政治の劣化と日韓関係の混沌 社会評論社” の続きを読む

|刊行情報|表現の自由と学問の自由 ≪日本学術会議問題の背景≫ 寄川条路/編著 社会評論社

現代日本の大学が直面する諸問題を多面的に切り込んでいく。

“|刊行情報|表現の自由と学問の自由 ≪日本学術会議問題の背景≫ 寄川条路/編著 社会評論社” の続きを読む

|刊行情報| 平等の哲学入門  新村聡・田上孝一[編著] 

*売れ行き好調につき重版出来 2021年3月下旬


平等とは何か? どうしたら貧困・差別・格差をなくせるか?

表題にある「哲学」は古代以来の政治哲学や社会哲学の伝統における本来の「哲学」を、すなわち抽象的原理をふまえて、現実の具体的問題を考察し未来の制度と社会を構想する知的営為を意味している。

“|刊行情報| 平等の哲学入門  新村聡・田上孝一[編著] ” の続きを読む

|刊行情報| 語り継ぐ1969 糟谷孝幸追悼50年—その生と死 糟谷孝幸50周年プロジェクト編

僕にとっての〝未来〟は何であるのか。
我々にとっての〝未来〟は
我々の後に続いてくれる
〝誰か〟があるということなのか。

1969年11月8日 糟谷孝幸の日記より

“|刊行情報| 語り継ぐ1969 糟谷孝幸追悼50年—その生と死 糟谷孝幸50周年プロジェクト編” の続きを読む

|刊行情報| 最後の空襲 熊谷 -8月14・15日戦禍の記憶と継承- 熊谷空襲を忘れない市民の会編 社会評論社

 

体験者インタビューに臨んだ高校生は
何を思い、私たちは何を語り継ぐのか

“|刊行情報| 最後の空襲 熊谷 -8月14・15日戦禍の記憶と継承- 熊谷空襲を忘れない市民の会編 社会評論社” の続きを読む

|刊行情報| 評議会革命への途 新左翼の理論家・中村丈夫精選論集

戦後日本のプロレタリア革命へと邁進した中村丈夫の「評議会共産主義」の理論と実践をめぐる精選論集。多年の労作28篇収載。いま、戦後日本における評議会革命追究の軌跡をみよ。

“|刊行情報| 評議会革命への途 新左翼の理論家・中村丈夫精選論集” の続きを読む