|刊行情報| 依存症から回復のコミュニティへ 回復者と家族・友人たちによるアドボカシー活動  ウィリアムL・ホワイト/著 回復の顔と声・日本委員会/監訳

アルコール依存症、薬物依存症など、アディクション(依存症)からの回復と、新しい啓発活動(回復コミュニティ活動)のすすめ。

 

依存症先進国のアメリカでは、自助グループ(断酒会、AA)をこえる大きな草の根の活動が盛り上がっている。個人が回復するだけでなく、依存症を生む社会の問題をとりあげ、政治的にも参加していく新しい運動は、21世紀に入って、ますます勢いを増してきた。

日本でもリカバリーパレード(仙台、茨城、東京、神奈川、大阪、京都、広島、北九州、沖縄…)がはじまり、もはや依存症で苦しむ人が姿をかくす時代は終わろうとしている。

堂々と、依存症者の「顔と声」を市民に届け、「依存症は良くなる」ことを回復者が中心となって社会にアピールしていく活動は、依存症史・回復史の最先端といえる。

本書は、その活動のようすを余すところなく伝え、依存症治療(医療)の限界も明らかにするなど、回復への視点、家族の視点などを重要視するリカバリーコミュニティ活動を紹介していく。


*偏見を捨て、回復を応援する社会へ!

なぜその人はアディクション(依存症)を抱え、そしてリカバリー(回復)したのか? まずは当事者の物語に耳を傾けてほしい。そうすれば、アディクションの渦中にこそリカバリーの萌芽があり、そこに長い旅の起点があったと知るはずだ。いま必要なのは、アディクションを過度に恐れる社会ではない。人びとがリカバリーというものを信じる社会、そして、リカバリーを応援する社会だ。(国立精神・神経医療研究センター 薬物依存症センター長 松本俊彦)

目次

序・日本のみなさまへ(ウイリアム・ホワイト)

第1章 新しいアドボカシー運動に向けて―回復・治療・支援についての歴史的考察

第2章 回復擁護の言語学―依存症の回復と言葉のもつ力について

第3章 リカバリーアドボカシーの歴史

第4章 回復擁護サミット2001

第5章 回復に向けて―未来のフロンティア

第6章 治療と回復 ―「治療は効果がある!」と新しいスローガン

第7章 力強い回復が始まっている ―ラジカル・リカバリーとはなにか

第8章 回復と経験の多様性について ―援助者および回復擁護運動の活動家のための基礎論

第9章 すべては家族の回復のために ―家族とアディクション、アメリカの回復擁護運動の歴史から

第10章 回復の用語集 ―回復コミュニティで使用する言葉について


2022年12月12日刊
依存症から回復のコミュニティへ
回復者と家族・友人たちによるアドボカシー活動
ウィリアムL・ホワイト/著 回復の顔と声・日本委員会/監訳
定価=本体2600円+税 ISBN978-4-7845-1758-9 A5判並製394 頁


購入サイト(外部リンク)

投稿者: 社会評論社 特設サイト 目録準備室

社会評論社 SHAKAIHYORONSHA CO.,LTD.